Daily Archives: 2017年1月26日

2d13df4d59841d98c16c28c228a3727f

Q291~お墓の跡継ぎがいないのですが。。。

お墓の継承人を決める場合、
法律(「墓地埋葬に関する法律」)によって、その継承人の選び方が決まっています。

まず、知っておかないといけないのは、
遺産などの相続財産は相続人に継承されますが、
仏壇、お墓などの祭祀に関わるものは別に祭祀継承者が継承します。
遺産相続人とは別の人でもいいわけです。

その認定には、3つのパターンがあります。

① 指定による祭祀の継承
被相続人があらかじめ、決めた人。
口頭でも文書でも構いません。
でも、後々の争いの種となるので、文書の方がいいでしょう。
相続人以外の人でも構いません。

② 慣習による祭祀の継承
指定継承者がない場合、
その地域の慣習に倣って祭祀の継承者が決まります。
家庭裁判所による審理によって決定されますが、その地方、一族の
慣習に倣って決められます。
ただこの方法は少ないようです。

③ 家庭裁判所の指定による継承

①、②でも決定しない場合、家庭裁判所の指定によって決定します。

なので、
女性、苗字の異なった人、孫、第三者の人(友人、知人等)であっても、
祭祀継承者となることはできます。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
プリント

Q290~日本の石を外国で作ったお墓は、国産?

プリント

今、日本で産出された石が多く輸出されて、
中国で加工され、逆輸入されています。

関西、瀬戸内の銘石も多く輸出されています。
そういった石は、【日本産出 中国加工】の石と言えます。
単に、「日本産、国産の石」、とは厳密にはいえません。

「不正競争防止法」という公正な競争を確保し、不当な競争行為の差し止めと
損害賠償を定めた法律によれば、原産地不当表示となるそうです。

原産地とは
そのものの産出された場所、国、地域を表すのみでなく、
「その商品が、産出、製造、または加工された地」となっています。
つまり、日本で産出された石でも、中国で加工された石なら、
「国産 日本産」のみの表記では、不当表示となってしまうのです。

「日本産出 中国加工」と表記しないとダメなのです。

つまり、
中国産出の石を「日本産みかげ石」と表記して販売したり、
日本国内産出の石を中国で加工したお墓を
「日本の石 国産銘石」とのみ表記した場合も、同条項に違反する可能性があります。

(もちろん、【中国産出 日本加工】のみかげ石も、同様ですね。)

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」