Q293~お墓に彫る年齢は「満年齢」?「数え年」?


 

おとうさん

 

お墓に年齢を彫刻するとき、数え年齢を彫るのか? それとも満年齢を彫るのか? 迷うとき、ありますよね。

満年齢とは、今普通に使っている年齢です。生まれた時を0歳として、そのちょうど一年後に、誕生日が来たら1歳と数える方法です。これは、生まれてから何年経過したか = 年齢という方法ですから、非常に分かりやすいですね。

一方、数え年齢とは、今の満年齢で数える前まで日本で普通に使っていた年齢の数え方です。生まれた時が1歳と考えます。その後、元旦が来たらさらに1歳を加えます。誕生日は、関係ありません。

どうしてこういう数え方をしていたのかというのは、正確にはわかりませんが、日本の数え方は、もともと元号なども最初は元年(1年)から始まること、産み月も最初は「妊娠1か月」から始まること(妊娠0週という概念は今はありますが、昔はなかったと思われます)などでも分かる通り「0(ゼロ)」という概念がなかったこと。そういったことが原因だと思われます。ですから、生まれてすぐに1歳と数えた。さらに、分かりやすいように、元旦(年が変わると)全員1歳歳を取る、その方が分かりやすく、合理的だということです。

 

数え方としては、①元日から誕生日が来る日の前までは、満年齢+2歳

②誕生日が過ぎてから、大晦日が終わるまでは、満年齢+1歳

という数え方をします。

 

そして、お墓のに彫るには、どちらがいいのか? ということですが、昔は当然、数え年で彫られていたことが多かったですね。最近は、満年齢で彫られる場合もあります。
ただ、ご先祖様が数え年で彫られていることが多いので、「数え年」で揃えて、と言われる場合も多いようです。

 

どちらが正しいという決まりはないですね。全く新しいお墓なら最初から「満年齢」で彫ってもいいですし、ご先祖が多くいらっしゃる方なら「数え年」で彫ってあるでしょうから、
そのまま「数え年で」彫る、という選択肢もあります。

 

気を付けた方がいいのは、「御位牌」と「過去帳」です。どちらにも年齢が入っている場合が多いので、年齢をそろえて彫刻した方がいいと思います。後々のトラブルの原因にならないとも限らないので。石は一度彫刻すると、取り返しがききませんので、安易に満年齢を彫ってしまわず、よく考えて彫刻の依頼をしましょう。

 

他にも、たくさんのお墓Q&A作ってます。

⇒⇒⇒お墓Q&A(カテゴリ別)
  http://ohkita-sekizai.com/?p=13043

 

 

 

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。