五輪塔を考える(その2)


五輪塔は仏塔?

五輪塔とは、仏塔の一つです。
じゃあ、仏塔とは何か?
ウィキペディアによると。。。

仏塔(ぶっとう)とは、仏舎利釈迦の遺体・遺骨、またはその代替物)を安置した仏教建築をいう。卒塔婆(そとば)、塔婆(とうば)、(とう)とも呼ばれる。

つまり、お釈迦様のご遺骨を収める建物、です。
そのサンスクリット語の音の「ストゥーパ」に漢字を当てて、「卒塔婆」「塔婆」などと表記したようです。

まあ、そのお釈迦様のご遺骨を収めるものが転化して、普通の人の遺骨を収めるモノ、ともなったようです。

お墓に使われる仏塔は主として、3つくらいあって、
多宝塔
宝篋印塔
そして、五輪塔が主なものです。

「多宝塔」は徳川家康のお墓など一部、建てられていましたが、
最近はあまり見ないですね。
「宝篋印塔」は最近でも建てられる方は時々見かけますが、
あまり多くはないですね。

さて、「五輪塔」ですが、昨日も書いたんですが、広めの墓地に行けばたいがい
見かけますし、最近でも建てられる方は多いですね。
特に、「真言宗」とか「天台宗」の方は、五輪塔を建てられる方が目立ちます。
境内墓地などにも多く建っているから、ということもあるのかもしれません。

逆に、「浄土真宗」の方は、ほとんど建っていません。
「五輪塔」の意味と宗派の考え方が合わないからでしょうか。
今まで、浄土真宗のお墓で、
五輪塔が建っているのを、2、3度見かけたことがある程度です。

五輪塔ですが、基本の形はあるのですが、
見掛けが違うものがいくつかあります。
それも主として、3つの種類に分けられるように思います。

①古い五輪塔を模して造られた五輪塔。
俗に「古代型」などと呼びます。時々見かけますが、少ないですね。
地輪、水輪、火輪の三つの横幅がほとんど同じなのが特徴。

②墓相のお墓に建っている「墓相型」
比較的、背が低くて、水輪が天地でつぶれたように楕円形の形が特徴。

③最近の五輪塔「基本型」
五輪塔としては、一番多いと思われます。火輪(笠)が全体的に大きくて、
目立つのが特徴。

DSC_0046-2

 

この写真の五輪塔は③の形ですね。

五輪塔は一般的に、「地震に弱い」と言われます。
これが一番気になるところですね。
建てる側からしても。。。

その部分を明日は考えます。

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。