自然の力は侮れません


雪はけっこうお墓に悪さします

こんにちは。
但馬、豊岡市のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
数年ぶりの大雪も峠を越え、今日は気温が上がってきました。

DSC_0087

冬と春が一日で入れ替わって、今日から暖かくなるようです。

来週、戒名の追加彫をする予定のお墓を下見に行ってきました。
大雪だったので現場彫刻は諦め、持って帰って彫刻することにします。
が、
果たして、持って帰れるのか???

DSC_0067

この雪の量です。。。(^_^;)
今日は持って帰れそうにないですが、
とりあえず、ここまで来たので
お墓まで行ってみます。。。

が。。。

 

DSC_0090

灯ろうが。。。
倒れてる。。。
右側、火受より上がない。。。(^_^;)

DSC_0092

やはり、雪の重みで、倒れてました。
大雪の後は、けっこう倒れていること、多いです。

DSC_0095

隣の墓地も同じ状態になっておりました。
大雪の後は、お墓に影響を与えていることが多いです。
特に気を付ける部分は、

① 灯ろう、特に丸墓前、角墓前灯ろうは雪の重みで倒壊していることが
  けっこうあります。

② 後、倒れやすいのが、五輪塔、宝篋印塔などの俗に「塔」と呼ばれるもの。

倒壊してしまっているもの、けっこうあります。
本体は大丈夫でも、擬宝珠(一番上の小さな石)のみ、
落ちていたということはかなりの可能性があります。
今回の墓地でも、写真には撮ってないですが、
他の墓地でも2,3カ所、擬宝珠が落ちておりました。

大雪明けのお彼岸の折には、
早めにお墓に行って、確認しておいてくださいね。
大雪の後は、何かと不具合が出てきやすいのです。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。