「庵治ソムリエ養成制度」に参加してきました。


おはようございます。
週末を利用して、「庵治牟礼地区」に行ってきました。
但馬、豊岡市のお墓と墓石のプロおおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。

DSC07949

マジ産地、庵治石。
本気(マジ)です。(^_^;)

一泊二日のひじょーに過密スケジュールでしたが、
ホントに有意義で、価値ある2日間でした。
命を落としかけたこともありました。(^_^;)

DSC08015
(三野さん、命懸けのパフォーマンスです。。。私はとっても怖くて。。。)

寒さで凍え死ぬと思ったこともありました。

DSC_0197

まだ、2月ですよ。。。晴天でも。。。(^_^;)

DSC_0109
庵治牟礼で一番有名な人とツーショットを7年越しに!!!もありました。

あの赤い人と黒い人とも会えましたし、

DSC09437

まあ、たくさん色々なことがありました。
たくさんの人にお世話になりました。
ホントにありがとうございました。
庵治石に命を懸ける男たち。
ホントに感銘を受けました。

まあ詳しいことは、後日連載させていただきますが、
(旅ブログは、私の趣味ですので、ご理解を。。。(^_^;))

ホントに素晴らしい2日間でした。
庵治牟礼の石工のみなさん、
石翔会のみなさん、
各組合のお偉い方々、
それから、実際行程中、
ガイドをしていただいた大川さん、和泉さん、山田さん、
ホントにありがとうございました。
感謝です。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。