「庵治石」生み出し作り続ける大丁場(その2)


さて、白瀬火薬、ではなかった黒色火薬で岩盤からむしりとった庵治石の塊。
(白瀬火薬ではなくて、下瀬火薬でした。。。そこ間違うか。。。)
でも、まだ大きくて、運ぶのが大変です。
しかも、庵治石は非常に傷とかムラとか、ナデとか
とにかくいろいろお墓にとっては都合の悪いものがたくさん含まれています。
それらをすべて取り除いて、残ったものがお墓の石として、出荷されるのです。

なかなかに厳しい庵治石の世界。

で、まずは、採り出した石を割ります。
前回の岩盤は、さすがに割ることはできないので、
予め用意したもので行いたいと思います。
(料理番組的、段取りですが...(^_^;)

 

 

DSC_0055
先ほどの水平に岩盤に穴を開ける削岩機よりも、ミニーな
掘削機で、割りたいラインを見つけて、穴を開けていきます。

が!!
DSC_0053

どこに開けてもいいわけではなく、
この穴開けの位置決めは
非常なたぐい稀なカンと
山石屋の経験に裏打ちされていないと、

okoru-oji-1

「てめ~~どこに穴開けてやがる!!」

「これで、1000万円の損だ~~。一生タダ働きしやがれ!!」

ってことになっちゃうんです。
何事も職人の世界は実力本位ですからね。
10年は年期が必要でしょうね。。。
(いや、たぶんですが...(^_^;))

で、割っている様子です。

 

 

これが何億年と地中に埋まっていた庵治石が初めて
空気に触れた瞬間の様子です。

58秒あたりで、石が割れてます。
その石の割れる音をしっかりと、ご確認ください。

この面はたった今、

生まれたんです!!

DSC_0059

あまりの感動に、涙で前が見えない。。。私ですが、
職人さんは、ベテラン産婆さんのごとく、
やるべきことを淡々とこなして行きます。。。(^_^;)
DSC_0063

割った面に水を掛けていきます。
これは、石の面を確認しているんです。
石に水を掛けると、表面の状態が良くわかると共に、
磨いた後の状態に近い、色になります。
つまり、
お墓になった後の状態を確認できるわけです。

DSC_0065

このように、日本だけではなく、世界中で
お墓の石を採掘している場所では、このように
水を掛けて、色と傷がないか、確認しておるわけです。
万国共通。
石の見方、というわけですね。

 

 

DSC_0071

素晴らしい面ですね。。。
うっとりします。。。(^▽^)/
でも、これが全部お墓の石になるわけではないのです。

DSC_0073

はい、上の写真を拡大してみました。
この石、どこが使えない部分でしょうか?

 

DSC_0073-2

この赤枠の中に、キズがあります。
お墓に使えない部分です。

DSC_0074
半分くらい、使えないんですよね。
こっちは、使えそうな部分。。。
キレイですね。
美しいですね。
見事な斑(ふ)が出てますね。

庵治の細目の特上品です。

pixta_23513787_s

素敵です。
生まれたばかりの庵治石の割肌。
ホントに青くて、美しい。。。

 

しかし!!
まだ、安心するのは早い!!
これで、できると思ったら、甘過ぎる!!
大あまちゃんだ!!

もう一面、割ってみないと、使えるかどうかは
分からない。
奥から手前向きに傷があるかもしれないんです。

。。。

。。。

あまりにご無体な。。。

pixta_23513787_s

そんなことって!!!

けっこう、あるそうなんです。
庵治石の厳しさ、半端ないです。。。

さらに、その厳しさが
更に想定外の厳しさだということを
後で知ることとなります。

 

※ 文中で「キズ」と表現しておりますが、正確には、キズではない部分もそう表現しております。
  石についてあまりご存じでない人も良くわかるように、一律キズと表現しております。
  ただ、いずれにしてもお墓の石には使えないので、結果は同じです。ご了承ください。

 

 

 

「庵治石のお墓」が建てたい!!
       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。