庵治牟礼の加工と中国加工の見分け方


月曜日です。
今日は娘の高校の卒業式。
なので、午前中はお休みします。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。

日本のお墓は、中国やインドで製作したものや
日本で製作したものが、混在しております。
そのそれぞれに、どこで製作したのかは明記してない場合が
ほとんどなのですが、
あなたのお墓はどこで作ったか、分かりますか?

DSC_0158-001

先日、庵治牟礼に行ったとき、案内してもらった
「役物工場」です。

役物とは
お墓、建築石材で、特殊な加工をする部分、部材のこと。
お墓の石に関していえば、竿の頭、スリン、蓮華台上下などが
俗に「役物」と言われる。
洋墓、デザイン墓などの曲面を多用したものも役物に分類される。
役物の中で、球体、あるいは円柱体、それに類するものを別途「丸物」と呼び、
「丸物工場」も存在する。

素晴らしい光沢ですね。
加工精度も素晴らしいです。
そして、よく見てほしいところは。。。

DSC_0155

ここですね。

DSC_0154

ここです。
よくわかりませんか?
スマホは接写が難しいんですが。。。

DSC_0156

この狭い、筋の中。
見事に形成されていて、
しかも、光沢が完璧に出てますね。

こういう細かい部分をよく注視することで、
大まかに、中国加工と日本の加工の違い。

中国加工でも、こういう役物加工が得意な工場、
苦手な工場の差が出ます。
(こういう役物加工の得意な工場はたいがい、加工賃も高いですが。。。)

さらに、国内加工でも
「役物専門」で毎日製作している工場と
そうでない工場の違いも分かります。
DSC_0160-001-2

赤丸のしてある「尖った部分」を素人は見やすいのですが、
「しっかりと尖ってるから、上手いよね」
とか、
「あまり尖ってないから、下手だ」とか
思いがちですが、
尖らせること自体はさほど難しくないです。

むしろ、先ほど指摘したような、狭くて入り組んだような部分が
しっかりとで来ていれば、加工の熟練度が高い工場で作ったと
言えると思います。

DSC_0149

ホントに小さな工場ですが、
庵治のいつも取引している石屋さんが
「ここの加工はどこに出しても恥ずかしくないもの」と
お勧めされるものなので、庵治牟礼の産地でもトップクラスは
間違いないでしょうね。
何しろ、プロのおすすめですから。

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。