庵治石の高価な理由を体感。


おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
昨日は娘の卒業式に参加してきました。
非常に寒くて。。。
卒業生答辞の途中、トイレに行ってしまったのは、内緒です。。。(^_^;)
寒いのはだんだん苦手になってきましたね。。

DSC_0011

(寒いので、温かいコーヒーを飲む図。。。)

 

庵治牟礼でのソムリエ講座での話です。

庵治石は非常に高価で、
墓石界(そんな世界あった??)のダイヤモンドとまで言われたりしますが、
とにかく、山で採掘した量が100あったとして、
その中で3~5しかお墓の石に使えない、というのは
有名な話です。

頭では分かっていましたが、
それを体感する機会があったのでご紹介します。

庵治牟礼の加工工場を見学させてもらって、
最後に行ったところは、こちらでした。

DSC08069

㈱大川石材
(写真は向かいにあるご自宅です。。。)

庵治牟礼の加工石材店としては非常に有名な、会社です。

DSC07938

赤が好きな@伝説の石工さんの会社です。
o0400026711575964035

(レムジア応援団のブログからお借りしました。)

こちらでお話を聞きましたが、
庵治の山で採れた石が工場に入ってきて、
工場内に入れて、まず大口径という大きなのこぎりで
1面をカット。

 

(充電不足で、写真がありません。。。(^_^;)

 

カットして、キズがあれば、石交換となります。
そのカットした石を山に返し、その代わり新しい石を持ってきます。

そして、
工場内の入れて、大口径という大きなのこぎりで
1面をカット。
今度は、キズが何とかクリアできそう。。。\(^▽^)/

 

(充電不足で、写真がありません。。。(^_^;)

 

でもって、2面目をカット。。。
キズが出た~~(泣)
その2面カットした石を山に返し、その代わりの新しい石を持ってきます。

そして、
工場内の入れて、大口径で1面をカット。
今度は、キズが何とかクリアできそう。。。\(^▽^)/
2面目をカット。
今度は大丈夫!!!

次に3面目をカット。。。
き、キズが!!!出た!!!

 

(充電不足で、写真がありません。。。(^_^;)

 

またもや、
その3面をカットした石を山に返し、その代わりの新しい石を持ってきます。

お墓の石って、基本直方体なので、6面あるんですが、
そのうち、3面カットすれば、使える石かどうかが分かります。

そして、三度目に
工場内の入れて、大口径で1面をカット。
今度は、いきなりキズが。。。出た!!!

いつになったら、使える石が来るんだ!!!

okoru-oji-1

と、どなっても、仕方ないんです。

ダイヤモンドの原石を探しているんですから。
二級品(キズあり、訳あり品)でいいなら、すぐに出来ますよ。
でも、
一級品(キズなし、訳なし品)を選別しているんですから、
見つけるまで、探すしかないんです。

というわけで、
この全く無駄なカット
(でも、本物を探すという意味では意味のある)加工代も
当然含まれているわけです。価格に。。。(^_^;)
トラックで運搬しますから、そのトラック使用料とか燃料費とか
運転手の給与とか、全て含まれております。

原石をカットすると、端材(あらかじめ捨てるつもりの石)が出ます。
がたがたの形の原石を直方体にカットするんですから、当然です。
この端材をコッパ(石端)と言ったりしますが、
このコッパが数日でダンプ満載になるほど出るそうです。
これは、山に返すのではなく、処分します。
あるいは、建築資材として、再利用されます。

が、それでも処理費用は当然かかります。
そういった費用全部が値段に掛かってくるわけです。

高価なはずだよ。。(^_^;)庵治石。。。

というわけで、㈱大川石材の出入り口は、
コッパを積んだダンプと山へ返す原石がいっぱいで、
身動き取れない状態になったりするそうです。

 

(当然のごとく充電不足で、写真がありません。。。(^_^;)

 

が、翌日、帰る前に、大川さんに無理言って
工場へもう一度、連れて行ってもらいました。
工場は日曜日で休みでしたが、山へ返す石はありました。

DSC08050

分かりますかね。。。

DSC08052

薄くて分かりにくいですが、赤色の鉛筆で
キズの部分がマーキングしてあります。
キズだらけ、ですね。これでは使えません。。。(^_^;)

大川社長談

「そうですね、こういう山から石が来て、カットして、交換という工程、
運が良ければ数回で済みますが、10回とかしたこともありますね。
13回交換してもらったこともありますよ」

10回とか、ありえないし。。。

pixta_23513787_s

100のうち、3~5って、こういう意味だったんだ。

今日、今、確認しました。
庵治石の手間のかけ方。
半端ない。
それが世界一の理由なんですね。

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。