Daily Archives: 2017年3月4日

DSC_0058

Q302~倒れる灯ろうの原因ベスト3

①角墓前、丸墓前以外の灯ろう、石以外の灯ろう

いわゆる「庭灯ろう」はお墓ではあまり見ないですが、
まれに立っていることがあります。
が、その庭灯ろうが倒れているのをよく見ました。
おそらく、何らかの接着をしていなかったことが
大きいかもしれません。

DSC_0001-2

この来待石の春日灯ろうもただ乗せて頂けでした。
これらの庭灯ろうは本来しっかりとした形状で
石同士が食い込んで倒れにくい構造だったのですが、
最近のものは接着するので、簡単な構造となっているので、
倒れやすい可能性が。。。

 

DSC_0046

昔のコンクリート製の丸墓前灯ろうです。
当時は安価だったので、みかげ石の代わりに
建てたようです。
ごく稀に立ってますが、比較的よく倒れています。
モルタル(正確にはノロ)で固定してあったので、
経年劣化で縁切りして、倒れてしまったと思います。

モルタルとノロとは
「生セメント+砂+水」を混ぜたものをモルタルと呼びます。
コンクリート、セメント構造物と石を固定する場合によく使います。
敷きセメントなどと呼び、基礎コンクリートの上に石を施工するときの
緩衝、固定材として使用します。
「生セメント+水」を混ぜたものをノロ(ペースト)と呼びます。
非常に細かいすき間等にも入り、薄くも施工できるので、昔は灯ろうの施工にも
よく使いました。強度がないので、簡単に外れます。

以前は、このノロでの灯ろう施工がほとんどでした。
でも、このノロ施工は強度がないので、経年劣化で
ほとんど縁切り(石同士が分離してしまう)ので、
どうしても倒れてしまいます。

②ノロ施工の灯ろう

この施工方法では、経年劣化で年月が過ぎると
ほとんどが、縁切り→何らかの影響を受けて倒壊となります。
このパターンの倒壊も多かったですね。

DSC_0018

豊岡型の灯ろうですが、笠が落ちていました。
けっこうしっかりとノロが入っていますが、
やっぱりノロだと外れてしまします。

DSC_0054

角墓前灯ろうの首から上が落ちてしまってます。
ほぼ全面にノロが入っています。
これでも落ちてしまうので、やっぱりノロ施工では
ダメだということですね。

DSC_0075

こちらも、丸墓前灯ろうの首から上が落ちております。
全面にしっかりとノロが入っていますが、
これでもダメですね。

結果として、ノロでの施工では、年月が過ぎると
縁切りしてしまい、分離して、いつ倒れるかわからないとなります。

③施工不良の灯ろう

これは、もう問題外ですが、こういう灯ろうもまれにあります。
倒れた後、分かってしまう場合もあります。

DSC_0033

角置き灯ろう、です。まだ新しいですね。
火袋の厚みが薄いので、クッション材(目地テープ)を貼ると
接着剤がほとんど付けられません。
(弾性接着剤で施工してあります)
なので、

DSC_0035

このように、四隅の一部をカットしてわずかばかりの接着剤が。
でもほとんど効果なく、笠が外れて落ちております。
目地テープを使うのはいいのですが、
こういう場合、目地テープを細くカットしてその分を
接着剤をしっかりと使うべきだと思います。

DSC_0039

これは、ノロではなく、接着剤で止めてあると思うんですが、
あまり良い施工をしてないですね。
形状がそのままなので、半硬化してから笠を乗せたのか
通常、笠はある程度重量があるので、この接着剤がもっとつぶれるのが
本来ですが、ほとんどつぶれていないです。

DSC_0058

接着剤が少なすぎる、薄すぎる例。
弾性接着剤は厚みが3ミリ程度以上ないと強度が出ないと
メーカーさんも言っておりますので、これは明らかに少なくて薄い。

ノロ施工は便利で、灯ろう施工には一番合っているのですが、
経年で縁切りしてしまうのを防ぐには、
「生セメント+セメント用接着剤+水」という方法を最近は取っております。
これは、余ったセメントの掃除の際にも、普通のノロとは全然違うのは
明白なので、この方法はある程度有効ではないかと思います。
あるいは、「弾性接着剤施工」
これは、いろいろ施工に制限があるのですが、一番信頼できる方法です。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0020-2

Q301~丸墓前、角墓前どちらか倒れやすい?

今回の大雪でたくさんの灯ろうが倒れていましたが、
角墓前、丸墓前どちらもかなりの数倒れていました。
どちらも倒れていたんですが、
やや、気持ち丸墓前の方が多い気がしました。
その原因ですが、
あくまで予想ですが、
墓前灯ろうは丸墓前も、角墓前も
笠が大きいので、その上に大雪が長時間乗って、
バランスが崩れて、一方向に重心が傾いて倒壊してしまうと
予想します。
なので、大雪の上に倒れるので、その雪がクッションになって
倒れるので、欠けたり、割れたりがほとんどないのだろうと思います。

また、
倒れる方向ですが、
火袋が四角い場合(角墓前灯ろう)と

DSC_0018

丸い場合(丸墓前灯ろう)があると思います。

DSC_0276
灯ろう倒壊説明図

角墓前灯ろうの場合、倒れにくい方向があります。
つまり、
丸墓前の半分の方角は倒壊しにくいということ。

多少ではありますが、
角墓前灯ろうの方が倒壊に強いと言えます。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」