風化に強い庵治石の証明書~男木島灯台


 

瀬戸内海の島は、晴れた日に来ると
ホントに気持ちのいい場所です。

 

DSC_0340

男木島と書いて「おぎしま」と読むこの島は
隣の「女木島」(めぎしま)と対をなす島です。

 

DSC_0343

この島には、有名な灯台があるんです。

DSC_0338

でも、いろいろな映画のシーンに使われているように
非常に絵になる瀬戸内海の海です。

DSC_0348

「youは何しに灯台へ? you行っちゃいなよ!」

ジャニーさんが。。。(^_^;)

いろいろな看板が和ませてくれます。
良いね、こういうの。。。
「ちゃいな??」

DSC_0377

「喜びも、悲しみも1000m」

そして、とうとう、灯台へ。

DSC_0354

これが、男木島灯台です。
総みかげ石製です。

 

DSC_0362

庵治博士によると、
ほとんどの石が「庵治石」の中目のようです。

DSC_0359

ただ、実際お墓に使えなかったキズありの石を
使って建ててあるようです。
庵治の港とすぐそこなので、庵治石が使われたのだろう、
とのこと。
これがもう少し西なら、青木石だったかもしれません。

DSC_0376

錆びて、ボロボロになっておりますが、
「明治28年」の文字が。。。

 

DSC_0358

男木島灯台。明治28年、つまり1895年ですね。
つまり、
122年前に建てられた灯台。
この間、風雨と潮風と波にさらされ続けて、
表面が多少、劣化しておりますが、
全く問題ない。
庵治石の強さの証明書の様な灯台です。
DSC_0369

 

少々、行きにくい場所ですが、
機会があればぜひ一度、見てみて下さいね。

瀬戸内海地図01

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。