お花の力(ちから)~岩田さんのお花


お花が好きな女性はたくさんいらっしゃると思います。
そんな方が、亡くなったとき、
祭壇には、お花を飾りたいですよね。
大好きだったお花を最後にお供えしたいですよね。

お墓にも、そのお花をお供えしておきたい、
そう思うのは、残された遺族の想いとして、
普通の事だと思います。

ひまわりが大好きだったおかあさん。

a0001_013608_m

おかあさんの葬儀には、
たくさんのひまわりで送りたいですよね。

でも、冬に亡くなったらどうでしょう。
冬はさすがにひまわりの花をたくさん手に入れるのは、
難しいんじゃないですか?

でも、岩田さんのお花(アーティフィシャルフラワー)なら、
それが可能です。
岩田さんのお花(アーティフィシャルフラワー)なら、
たくさんのひまわりとともにお送りすることできます。

 

春は桜の季節ですね。

a1380_001633_m

毎年、毎年、桜の季節、桜の花見をしていたご夫婦。
春は夜桜を見るのが何より楽しみだった奥さんが亡くなった。
お墓は、桜をテーマに建てました。

では、お供えする墓花は当然、桜がいいと思います。
でも、
秋の日に、桜を見つけるのは困難です。
桜の花を探すのは、難しいでしょう。

でも、
岩田さんのお花(アーティフィシャルフラワー)なら、
それが可能です。
秋でも桜の花でお墓を飾ることはできます。
大好きだった桜で。

バラはお葬式には、不向きだと言われます。
仏教の教えでは、
毒があるもの、棘のあるものはお供えしてはいけないとなっています。
でも、バラが大好きだった人の葬儀には、バラをお供えしたいですよね。

ある女性のご葬儀。
「祭壇にお供えがしたい」と、
故人の友人より岩田さんにご依頼があったそうです。

全てアーティフィシャルフラワーで制作された供花をご用意されたようです。
その故人はバラが本当に大好きだったそうなので、
その時、岩田さんは、
白い花々の中に赤いバラを一輪 アレンジされたそうです

pixta_7330712_S

すると、その亡くなった女性のお子さんが、
「あ、おかあさんが帰ってきた!!
「お母さんだ!!」
と大喜びされたそうです。

お母さんが大好きだったバラ。
それ姿を見ていたお子さんが
一輪の赤いバラがお母さんの
生まれ変わりに見えたんでしょうね。

お花は確かにお供え物であり、
サブアイテムでもありますが、
お花のない葬儀って、想像できますか?
お花の飾ってないお墓って、寂しいですよね。

時として、
お花は主役の引き立て役だけでなく、
主役となることもあるんです。
そんな時、主役不在の場面でも
岩田さんのお花は、その代わりを十分務めることのできる
素晴らしい存在となります。

DSC_01081-195x300

ブリザーブドフラワー、
アーティフィシャルフラワー(造花)、
仏花、墓花のトップランナー「岩田弘美」さんの作られるお花を
あなたのお墓にも。
岩田さんのお花

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。