Monthly Archives: 4月 2017

DSC_0003

石材業界のドン・キホーテあらわる。

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。

昨夜は、私が所属している「一般社団法人日本石材産業協会」兵庫県支部定時総会が
西宮のホテル、「ノボテル甲子園」にて開催されました。

DSC_0033
DSC_0041

非常にたくさんの案件を審議し、
いろいろな新しい試みを始めてみようと
決まりました。

この会の良いところは、
こういう同業者の会議では、たいがい
「最近、仕事ないんだよね。」とか
「お墓じまいばかりだよ」とか、
非常にネガティブな話に終始するのが普通ですが、

この兵庫県支部は常に前向き。
何か現状を良い方向に転換できないか、
何か新しい可能性あるものを生み出せないか
といった、
自分たちの未来、業界全体の未来を、
可能性を生み出す芽を作れないか、という意識が強いです。
なので、
話を聞いているだけでも、すごい可能性を感じますが、
聞いているだけでは、2,3日で忘れてしまいます。
出来そうなこと、やれそうなことを
自分なりに、チャレンジすることが非常に大事です。
それを教えてくれるのも、この場です。

私にとっては、万難を排しても、
参加すべき会、
話を聞きたいメンバーです。
というわけで、懇親会、2次会終了後、自宅に帰ったのは、
午前1時。睡眠時間3時間半で今日は頑張ります。

 

 

そういった、他の業界ではおそらくいないであろう、すごい人が
この石材産業協会には、けっこうおられます。
その中の一人、私は個人的に、敬愛しております、
ある方の活動をご支援したいと思い、この記事を書いております。

石材業界というのは、
いろいろな古い慣習、慣例、
そして、何ひとつもない基準、標準規格。
そして、新規参入された人が売上を何とか上げたいが為に
違法すれすれ(場合によっては完全に違法な)方法で商売をされても
それを取り締まる術、
取り締まる基準がほとんどありません。

ならば、その基準をつくろうと立ち上がった人がいます。

白木秀典さんという方です。
何もない、荒野の様な石材業界に統一的な基準を作ろう、
そして、その基準に則ったお墓つくりをしよう。
その基準に従わない業者(違法業者)を排除しよう。
といった基準を作成されているわけです。

国民生活センターへの「墓石関係」の相談件数が年間1192件。
葬儀関連、仏壇関係の約2倍です。

この現状を改善するには、
子どもや孫の時代にも「お墓」というものが普通にあって、
「石屋さん」が普通に商売されている社会にするには、
今、何かを変えなければならない。

何もないところに作られているわけです。
私からすると「石材業界のドン・キホーテ」です。
でも、絶対に必要なんです。

この孤軍奮闘されている白木さんの
「公正競争規約検討特別委員会」への賛同、
そして、いろいろな場面で配布されている
「アンケート」にご協力ください。

そして、目指されている「公正取引協議会」への
たくさんの人のご賛同を、よろしくお願いします。

私たちの、
石材業界の未来の一端に背負われている
白木さんの「公正競争規約検討特別委員会」を
よろしくお願いします。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    
DSC_0007

ついにやりました。

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。

 

DSC_0007

今朝は少し涼しくて、霜が少しだけ降りておりました。
幻想的な朝です。

 

さて、ついにやりました。
先日、非常な難所だと説明したお墓

DSC_0034

この上のお墓ですね。

このお墓じまいして、その石を下へ持って下ろす作業ですが、
機械が行かない(費用的に桟道は無理)
大勢で一気に、もダメ。
などの理由で

地道に下ろしましたが、
ついに、ついに、

DSC_0001

下まで、下ろせました。
いや~、大変でしたが、
なんか自信にもなりました。
これが出来れば、たいがいの事はできるはず。
これからは、もう少しチャレンジする人生を生きたいと思います。
(大げさな。。。(^_^;))

ここからは運搬車で運びます。

 

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    

「問合せメールフォーム」が直りました。

お問い合わせをクリックしていただくと開く
「お問合せメールフォーム」からメールが送信できない状態でしたが、
直していただきました。
お使いいただけると思います。

よろしくお願いします。

↓ ↓ ↓ ↓

お問合せメール

お電話でのお問い合わせも受け付けております。

フリーダイヤル
0120-497-143(良くなる石屋さん)です。

 

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    
DSC_0013

お墓の灯ろうと日光月光菩薩との関係

おはようございます。

但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。

DSC_0013

非常に小高い山の上で、お墓じまいの工事をしております。

DSC_0001

平地より多少、気温が低い気がします。
花も今が見ごろです。。。
(何という花なのかは、分かりません。。。(^_^;)

ところで、灯ろう、特に墓前灯ろうですが、
ロウソクなどを入れて、灯りがともる部分を
「火袋」などと呼んだりしますが、
これには、左と右で形が違います。

DSC_0037

通常、多いのは、右がこのように丸い穴が開いている場合が多い気がします。
これは、「日」つまり太陽を表しているようです。
そして、
左側は。。。

DSC_0034

このように、一部が隠れていて、三日月の形に穴が開いております。
これは、予想通り、月を表しているようです。

つまり、
お墓の正面から見て、右が太陽、日光、
左が月、つまり月光。
奈良の薬師寺の薬師三尊像の右が日光菩薩、左が月光菩薩と
同じ並びなのですね。

 

ただ、これには、大きなポイントがあって、
お墓自体が、北を背にして、
南面を向いていることが前提。

ただ、お墓が必ず南面しているとは限りません。
基本、お墓は北向きでなければいい、
というのが基本の様な気がするので、
お墓が西向き、東向きであっても、
右が日、
左が月、で大丈夫なのではないでしょうか。

北向きであれば、
左右が逆になりますけどね。

この記事は、
静岡県富士宮市の白嶋商店の白島正人先輩、
兵庫県佐用郡の山﨑石材店の山﨑誠次さん、
静岡県静岡市の㈱久保田石材の久保田智子さんの
ご意見を参考に書かせていただきました。
ありがとうございました。

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    
DSC_0018-2

”カッコ悪い”という理由です。

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。

 

戒名の追加彫をさせて頂きました。
その中で、お名前に朱(赤色)がはいっているので、
それを白に戻してほしい、とご依頼。

当然、そうなりますよね。
朱が入っているのは、ご存命の頃、建墓された
お父様。そのお父様が亡くなって、彫刻させていただいたので、
朱は落とさなくてはなりません。

でも、時々見かけるんですが、
朱の上にそのまま、白を重ね塗りするのを見かけます。
そうされる石材店もいらっしゃると聞きますが、
私は、この朱色をできる限り落としたいですね。
でも、この落とす工程がけっこう手間と時間がかかります。

では、その手間と費用をわざわざ掛けるのか?

カッコ悪い、からです。

専用塗料で色を塗るんですが、
劣化するといつかは、剥がれてきます。
その、剥がれた時、下の朱色が出て来たら、
下に朱色が残ってたら、

「あ、手抜きしたな」って
すぐにわかります。
私たち石材店なら、分かります。
施主様も分かるかも知れません。
通りすがりの人も、分かるかもしれません。

カッコ悪いでしょう。
そんなの、
カッコ悪いでしょう。
お金もらって、仕事しているのに。
いくらできたときはわからないとはいえ。

なので、
まず、塗料落とし液の様なもので、残っている塗料を
柔らかくします。

DSC_0011-2

そのあと、
ペイント薄め液で塗料を洗い流していきます。

DSC_0014-2

だいぶ落ちましたね。
もう少し、落とせるとは思います。
が、完全には落ちないことが多いです。
ただ、この程度落ちていれば、
上に塗る白の塗料が落ちる頃には、朱(赤色)も一緒に落ちて、
ほとんどわからなくなるはずです。

DSC_0018-2

専用の塗料で、白に塗り込みました。

16年前に私が建てたお墓です。
いろいろなことが分かります。

ちなみに、
石はアーバングレーではないですよ。
似てますが。。。(^_^;)

 

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    
DSC_0004

ひたすら、ひたすら石運び。。。

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。

今日はひたすら、ひたすら、石運び。。。(^_^;)

DSC_0010

この坂を下って、
下のなだらかな場所まで下ろします。

DSC_0012

思ったより高い場所です。

 

DSC_0008

あまりに疲れたので、休憩して、周囲の散策。。。
(もう少し簡単に降りれる場所はないかと、探していただけですが。。。)

 

DSC_0004

癒しの空間を見つけました。
神様からの贈り物。
「まあ、ぼちぼちいこうや」という声が
聞こえてきました。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    
DSC_0004

お墓の原点を見ることが出来ました。

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。

昨日は、午前中。。。
お墓じまいのためのお墓を細かくする作業をしていました。

古いお墓の石って、なんていう石なのか、判別が難しいこと、
けっこうありますが、
割ってみると、一目瞭然。
生まれたての石の表情を見ることができます。
こちら、何という石かわかりますか?

DSC_0001

神鍋石です。
神鍋高原で採掘されていた、水色?、黄緑?
独特な色目で、非常に人気のあった石です。
但馬、豊岡では時々、この石で建ててあるお墓を見かけます。
あと、
石垣などにも多用されていますね。

 

DSC_0004

でも、今は採掘されておりません。
残念ながら。。。

DSC_0005

こちらは。。。
名前というより、
おそらく、この山で採れた石なんでしょうね。
これは、石と言っていいのかどうか。。。
この山自体がこの石で出来ているようです。

 

DSC_0008

簡単に割れますが、
粘りがあって、バールでこじ開けないと
二つに割れません。
文字を彫るには大変だったでしょうね。

この山の上にお墓を建てるとき、
一番大変なのが、石を山に上げる作業。

なので、
この山で採れた石にそのまま文字を彫って、
お墓にしたんでしょうね。
この石のお墓が結構ありました。

そこで採れたものを使ってお墓にする
っていうのは
石に文字を刻んで、それを墓標とした、最初の頃の
お墓つくりの基本だったのかもしれません。

それ以前は、死者を弔って、その上に石を置く、
それだけの時代が長く続いていたはずですから。

あなたの、私の大切な人は、ここに眠っているよ、
そういう目印がありさえすれば、
また再びここにやってきて、
再会できる。
その目印さえあれば、良かったんですね。

それがお墓の原点、ですね。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    
DSC_0007

お墓じまい、実施中。

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。

 

ブラストシートのレポートはしばらく置いておいて。。。(^_^;)
「お墓じまい」(例の山の上の。。。)
やっております。
(雨が降ったらまた、続きしますね。(^_^;))

そのお墓じまい、まずはお墓の石を細かくする作業中ですが、
ドリルの刃が、半端なく折れます。
そして、
折れるたび、
私の心も折れそうです。。。
(また刃を買いに行かなければ。。。(^_^;)

DSC_0004

半日で!!
3本が折れました。
1本が穴が開かなくなりました。

。。。

。。。

。。。

一体、何本、ドリルがいるんだ!!!

DSC_0003

これは、私の使い方の問題でしょうか?

それとも、

日頃の行いの原因、因果というものでしょうか?
お祓いが必要な事案でしょうか?

メーカーにクレームを言うべきでしょうか?

仕事を休んで休養を取れという、神様のメッセージでしょうか?

六角軸の20ミリの穴に戻すべきなんでしょうか?

世界が終わりを告げようとしているんでしょうか?
(それはない。。。(^_^;)

 

。。。

。。。

とりあえず、
(とりあえずは私の口癖だと、最近気づきました。。。)

今日は、昼まで。

午後からは、組合の総会です。

それまでは頑張ります。

心の癒し、シリーズ。。。

DSC_0007

うちの庭に咲いている花です。
何という花でしょうか?
私は知りませんが。。。

 

 

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    
DSC_0028

ブラストシート体験レポート⑨~新シートでの彫刻

ブラスト体験レポート⑧~の続きです。

DSC_0025

両方、彫ってみました。
どちらも6キロで彫刻。
荒彫りレベルしか彫っておりません。
仕上げはしておりません。悪しからず。

DSC_0030-2

こちら、透明な方。
厚み0.65ミリ。
半透明。前回もテスト彫刻しました。

 

① 養生テープが剥がれる、問題

養生テープが剥がれる、という大きな欠点が改良されておりました。

それでも剥がれそうな部分が多少あります。

剥がれそうになった赤枠の部分。約5個所。

ただ、決定的な部分はありませんでした。
これは、某有名ブラストシートメーカーと同レベルですね。
やはり、文字と近い部分は風圧、ブラスト圧で
剥がれようとしてしまいます。

通常では、これほど文字に近い部分に養生テープを張ることは
まずないので、
全く問題ないレベルだと思います。

 

② ブラストの摩擦熱で溶けてしまう問題

こちらも大幅に改良されていました。
6キロで彫刻。
しかも、ゴムシートの彫刻と同じ程度の距離で彫刻。

このウレタンのマスキングシートは摩擦熱に弱いのが大きな欠点、弱点でした。
なので、その対処法は、

ノズルを離して、やや遠目から彫刻する

というものでした。

ただ今回、その欠点も改良されたとのことだったので、
かなり近い位置から彫刻しました。
でも写真を見て頂いたらわかる通り、

DSC_0030-2

熱で溶けたと思われる部分は1箇所でした。
(青枠の部分)
しかも、極わずかで、鋭角の先っぽ。
一番熱で溶けやすい部分です。

6キロでこの程度なら、全く問題ないと言って差し支えないと
個人的には思います。

次に新しいシートの方。

DSC_0028-2

厚みは0.5ミリ。
更に薄いです。
しかし、養生シートが剥がれたと思える部分は
僅かに2カ所。
しかも、ホントに僅かです。

気を付けて彫刻したのもあるのですが、
熱で溶けたような部分はありませんでした。

荒彫りで短時間で彫刻したので
より一層の彫刻テストが必要かもしれませんが、
現状、
かなり有望なブラストシートだと言えます。

プロレベルでもある程度彫ってみれば、
製品に使えるレベルだと思います。

DSC_0032-2

このように、ブラストシートに養生テープが付着して残るのは、
しっかりとくっ付いている証拠。

DSC_0034

文字の回りにも、養生テープが剥がれて、石の表面を
痛めている部分はありませんでした。

DSC_0039

右の文字も大丈夫でした。

DSC_0044-2

前回彫った、「墓」という文字。→→→「透明ブラストシート体験レポート②」

実は、養生テープが剥がれやすいバージョンで、すぐに剥がれてしまい、
石の表面を傷めてしまったのです。
(写真の赤線枠の部分。キズが入っておりますね。)

それが、全く今回は、その傷がなく彫刻できました。
かなり改良されております。

 

さて、それでは、次は、
手切り用に頂いた0.5ミリのマスキングシートを使って
大きめの文字を彫ってみようと思います。

さらに過酷な試験へ。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    
DSC_0020

ブラストシート体験レポート⑧~新シートの文字抜き

雨が降って、現場作業が出来なかったので、
ピコムさんの新しいブラストシートの
体験レポートの続きをしました。

DSC_0001

前回、「墓」という文字を彫刻した天山石で新しいブラストシートを張ってみます。
下に前回彫刻した「墓」の文字。

その上のすき間に彫刻してみます。

DSC_0008

こちら、やや半透明のシートは前回、最後に使ったシートです。
厚みは0.65ミリ。
養生テープが付きにくかったバージョンの改良版。
ある程度、養生テープでも張り付きます。

DSC_0010

文字を剥がしていきます。
プロッタでカットしたマスキングシートはやっぱり剥がしやすいですね。

 

 

DSC_0012

剥がせました。

次は新型のマスキングシート。
透明な予定が、白色が乗りすぎて、真っ白になってしまった模様。
厚みは、0.5ミリ。

DSC_0015

剥がしていきます。
感触が右のシートとは、微妙に違いますね。
でも、こちらも剥がしやすいです。

DSC_0018

さて、二つの「墓」の文字。
養生テープを貼って、
彫刻します。

DSC_0020

養生テープ貼り終わりました。
しっかりと貼って、その上からゴムハンマーで
しっかりと叩きました。

今回、テストなので、極端な状況で彫ってみます。

特に、左の新しいシート。
シートと養生テープの重なった部分が極わずかにしてあります。
まあ、わざとですが。。。(^_^;)
少しの養生テープの剥がれでも、下地の石が見えて、
その石の表面を傷めてしまします。

さて、剥がれずに彫れるかどうか??

DSC_0023

では、やってみましょう。
今回は圧力6キロで彫ってみます。
これも、私は普段、正面の大きな文字の荒彫りのみ
6キロを使っていて、それ以外はもっと圧力を低くして彫っていますが、
今回はあえて、圧力6キロで彫ってみます。
プラストシートの耐久性も同時に確認してみたいと思います。

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    
DSC_0007

ブラストシート体験レポート⑦

えっと、久しぶりにブラストシートの体験レポートです。

今回はどうやら、問題なければ、正式販売となるようです。
なので、改良点はほぼ解消できているはず。。。

ということで、レポートします。
多少、忙しいので、全部かけるかどうかですが、
出来る限り書いてみます。

DSC_0002

ピコムの湯口さんから送られてきたブラストシートは
3種類。

まず、マジックが書けるかどうかを確認。

DSC_0004

今回一番試用してみてほしいという大きめのサンプルに
マジック(マッキー極細)とボールペンで書いてみました。
どちらも問題なく書けます。

これは大丈夫ですね。

次は、以前に使ったサンプルと同じもの。

DSC_0006

こちらも、全く問題ないですね。
マジック、ボールペンどちらもオッケーです。

最後に3枚目のもの。

DSC_0005

これも問題ないです。
きれいに書けます。
マジック、ボールペンどちらも。

DSC_0007

三枚とも、ボールペン、マッキー(マジック)ともに、
問題なく書けますね。
おそらく、カーボン紙での複写でも、問題なく映るのではないでしょうか。
次には、
養生テープ、布テープで張り付くかどうかを
試してみます。

ちなみに、こちらのブラスト養生シート。
庵治ストーンフェア(6月10日、11日)~香川県高松市サンメッセ香川
にて、お披露目されるようです。
是非、ご自分の目で確認を。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    
DSC_0035

史上最強の難所、かも。。。(^_^;)

お墓じまいのご依頼ですが、
稀に見る難所、、なんです。

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。

旧豊岡市の外れですが、稀に見る難所です。
お墓じまい(墓石の処分)なのですが、
よくこんな場所に建てたな、っていう場所です。

DSC_0016

まず、お墓の登り口です。
しっかりした装備でないと、遭難の可能性が。。。(あるわけないけど。。。)

DSC_0017

もはや、道とは言えないレベル。。。(^_^;)
なんとなく、滑りにくいように溝がほってありますよ。
程度の感じです。。。(^_^;)

 

DSC_0020

そして、ここまで来て、左にカーブ。
つづら折りになっております。

DSC_0021

 

一応、境界杭が、打ってあるな。。。
DSC_0023

更に勾配がきつくなって、階段とは呼べないような、スロープ的な
階段が上までずっと。。。
DSC_0027

その坂的な、スロープ的な、階段がやや左に弧を描きながら、
上に上っております。
雨が降ると、おそらく徒歩でも上がれませんね。。。(^_^;)
DSC_0031

途中から、今度は逆に右に弧を描いて、さらに急な勾配へと。。。

DSC_0034

このあたり、一番急な上り坂です。
しかも、段的な、スロープ的なものが、もうあまりなくなっております。

 

DSC_0035

途中、気休め程度の補強がしてありますが、
むしろ、競馬の障害物程度の意味しかありませんね。
(例えがよくわからない。。。(^_^;)

ここを登り切ったら、

DSC_0039

ここを登り切ったら、
ここを登り切ったら、
(しつこい。。。(^_^;)

 

DSC_0041

頂上です。
お墓が見えました。
見えているお墓は、お隣りのお墓です。
見えているお墓の向こう側に、
今回、「お墓じまい」させてもらうお墓があります。

DSC_0011

上から、下を望んだところ。
家の屋根が遥か下に見えます。

いや~これ、できるんでしょうか?
お墓、大小合わせて10基以上ありますけど。
大丈夫でしょうか?

え~と、
石運搬の短期アルバイト、誰かしませんか??
(^_^;)(^_^;)(^_^;)

 

 

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    
DSC_0009

鐘つき堂の石を交換②

おはようございます。

但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。

 

昨日の鐘つき堂の石工事の続き。

古い石は、持って帰ります。
DSC_0002

新しい石を据付。
ずいぶん時間かかりましたが、やっと工事に掛かれます。

DSC_0005

やや、違和感ありますが、
まあ、いいということに。。。(^_^;)
この程度は想定内です。

DSC_0009

とりあえず、完成。
手前の柱の沓石も交換して、
その後、土間も打ち直す予定らしいので、
目詰めは、それまでゴミが落ちないように。。(^_^;)

このように、現状に合わせて、石を加工して、
補修っていう仕事は、結構大変なんです。
全部新しくする方が、施工は楽です。
石のサイズ、形などをピッタリと合わさなくてはなりません。
しかも、この場合、
手前のカドより、奥の角の方が
15ミリ程度石の背が低いのです。

そのあたりも計算して、
石を加工しなくてはなりません。

石の補修工事って、結構大変ですよ。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    
DSC_0012

鐘つき堂の石を交換

おはようございます。

但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。

今朝は久しぶりに5時起床。
息子の始発通学が今学期も始まりました。

DSC_0003

五時半でも、明るくなってきました。
朝焼けが始まりました。
今日は下り坂かな。。。

さて、ちょっと前、下見に行った鐘つき堂の桂石の交換。
DSC_0003

DSC_0009

DSC_0012

かなり傷みがひどいですね。
しかし、同じ石がないのです。
なので、うちにある「竹野石」という凝灰岩で代用。

しかも、サイズもあるもので、ある形で、直します。
けっこう太い石なので、サイズがない。。。
直角ではなく、少し勾配(90度より大きめ)の角度になっています。
なので、
交換する石はすべて直しました。

全部修繕なのではなく、予算の都合で、
一部を可能な範囲で
可能な石で修繕です。。。

うまく収まるかな。。。(^_^;)

 

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    
悩み3

Q306~お墓の引っ越し、具体的には?③

③今あるお墓は全部、お墓じまいして、新しいお墓を新しい墓地に建てるのか?
(お骨は引っ越します)

お墓の石をすべてお墓じまいしてしまったら、
お墓の引っ越しではない、んじゃないの?

悩み3

という意見があるかも知れませんが、
「お骨」は引越ししますし、
お施主様のお墓の位置が変わるので、
「お墓の引っ越し」とします。

この場合、新しいお墓は、墓地の新設と同じになります。
多くの方が、古い墓地、新しい墓地ともに
地元の石材店さんにお願いする場合が多いですね。

〇 旧墓地のお墓じまいの費用
全部お墓じまいのなので、費用的には引越しより安くなる可能性がある

〇 新しい墓地のお墓の新設費用
通常と同じ費用です。

事務的な手続きはこちらをご覧ください。

お墓の引っ越し~手続き遍

費用に関してはそのお墓、大きさ、場所によって様々ですが、
弊社の実績からいうと、
お墓工事にかかる費用として、
旧のお墓に掛かる費用としては、10万円~80万円くらい。
新のお墓に掛かる費用としては、15万円~です。
(おおきた石材店調べ)

(※ 金額の低い方は特殊な例です)

 

 

お墓の引っ越し
◆ お墓の引っ越しって具体的には?①
◆ お墓の引っ越しって具体的には?②
◆ お墓の引っ越しって具体的には?③ (←この記事です)

 

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    
DSC_0033

お墓参りコンテスト、開催中です。

 

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
「お墓100年プロジェクト」という団体が開催している
「お墓参り写真コンテスト」
略して、「フォトコン2017」が開催されています。

DSC_0033

「お墓じまい」とか「お墓離れ」が大きな流れになっている今、その中でも

少しでもお墓の価値、文化を広めようという活動の一環です。

〇 応募期間は2017年2月1日~5月31日まで。

〇 応募要項は、どなたでも応募できます。
笑顔でお墓参り、ご先祖様に報告、尊く合掌している姿などの写真。
メッセージ(800字まで)も大歓迎。写真はプリント、データどちらでも
応募頂けます。メッセージは手書きでもOK。

〇 応募方法は、おはか100年プロジェクト加盟石材店にご持参あるいは、
郵送してください。ホームページでも受け付けます。
→→→「お墓100年プロジェクト」ホームページ

〇 賞金は、大賞(1名)5万円  日本石材産業協会賞(1名)3万円
審査員特別賞(1名)2万円  庵治ストーンフェア賞(1名)2万円
奨励賞(3名)記念品

〇 特別審査員は、写真家で僧侶の駒澤琛道師です。

 

どなたでも応募できますので、
大賞賞金を狙ってぜひ、ご応募ください。

ちなみにですが、
おおきた石材店は「お墓100年プロジェクト」に参加しておりません。
なので、お持ちいただいても、応募には、なりません。
でも、
それでもお持ちいただいた場合は、代わりに応募させていただきます。。(^_^;)
でも、できれば、
お近くなら、
丹波の「森田石材店」へご持参ください。

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    
おばあちゃん

Q305~お墓の引っ越し、具体的には?②

お墓の引っ越し、具体的には?①のつづきです。

お墓の石全てじゃないけど、その中で一部を持っていきたい、という人は
意外に多いですね。では何を持っていくのか?

 

②その一部、何か大切なものだけ(お骨以外でね)を持っていくのか?

例えば、
正面の文字が亡くなったお父さんが書いた文字だから、とか
水子地蔵だけは残しておきたい、とか
何かを記念に残しておきたいとか。

いろいろなことがありますが、

逆に
少しでも安上がりしたいから、そのまま使いたい、という理由なら
逆に高くつく場合もあります。
基本的には、以下の費用が掛かります。

① 旧墓地からのお墓の石の解体費用

いわゆる「お墓じまい」による墓石の解体(撤去)費用
「お墓の引越し」による墓石の解体(撤去)費用は同じではありません。
ほとんどの場合、「お墓の引越し」による墓石の解体(撤去)費用の方が
高額になります。

 

② 旧墓地から新墓地への墓石の運搬移動費用

石は重量があるので、運搬も結構費用が掛かります。

 

③ 新墓地での施工費用

新墓地での施工費用のうち、基礎工事等はコンクリートを使うので、
地元のコンクリート工場の協力が必要です。発生残土の処分費用、発生産廃処理費用、
などをどう処分するかも検討しないといけません。

 

④ 新墓地が遠方なら、出張費用等が発生

片道1時間以上なら、基本的に出張費用が発生する可能性があります。
一日で作業できる時間が減るので。。

 

⑤ 逆に旧墓地が遠方なら、出張費用が発生

片道1時間以上なら、基本的に出張費用が発生する可能性があります。
一日で作業できる時間が減るので。。

 

それ以外にも、普通にお墓の施工費用が掛かります。
耐震施工費用、外柵のアンカー固定費用など。

そうではなくて、

どうしても、思い出があるので残したいという場合ですが、
何を持っていくかによって、できることできないことが違います。

正面のお墓の文字「〇〇家の墓」はおじいちゃんの書いた文字なので、
残したい。。。などの場合ですが、
お墓の石そのまま持っていくのは、難しい場合が多いですね。

石が大事なら、その一部をカット、あるいは加工して持ち込む。
文字が大事なら、拓本して、新しいお墓の石に彫刻してもらう。
あるいは、文字を縮小して、何らかのオブジェに彫刻する。

などが考えられます。

お地蔵様とか、小さなものなどは、引越しできる可能性は高いですが、
それでも、墓地管理者に尋ねる、
あるいは、墓地の規約等に照らし合わせてください。

 

お墓の引っ越し
◆ お墓の引っ越しって具体的には?①
◆ お墓の引っ越しって具体的には?② (←この記事です)
◆ お墓の引っ越しって具体的には?③

 

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー