ブラストシート体験レポート⑧~新シートの文字抜き


雨が降って、現場作業が出来なかったので、
ピコムさんの新しいブラストシートの
体験レポートの続きをしました。

DSC_0001

前回、「墓」という文字を彫刻した天山石で新しいブラストシートを張ってみます。
下に前回彫刻した「墓」の文字。

その上のすき間に彫刻してみます。

DSC_0008

こちら、やや半透明のシートは前回、最後に使ったシートです。
厚みは0.65ミリ。
養生テープが付きにくかったバージョンの改良版。
ある程度、養生テープでも張り付きます。

DSC_0010

文字を剥がしていきます。
プロッタでカットしたマスキングシートはやっぱり剥がしやすいですね。

 

 

DSC_0012

剥がせました。

次は新型のマスキングシート。
透明な予定が、白色が乗りすぎて、真っ白になってしまった模様。
厚みは、0.5ミリ。

DSC_0015

剥がしていきます。
感触が右のシートとは、微妙に違いますね。
でも、こちらも剥がしやすいです。

DSC_0018

さて、二つの「墓」の文字。
養生テープを貼って、
彫刻します。

DSC_0020

養生テープ貼り終わりました。
しっかりと貼って、その上からゴムハンマーで
しっかりと叩きました。

今回、テストなので、極端な状況で彫ってみます。

特に、左の新しいシート。
シートと養生テープの重なった部分が極わずかにしてあります。
まあ、わざとですが。。。(^_^;)
少しの養生テープの剥がれでも、下地の石が見えて、
その石の表面を傷めてしまします。

さて、剥がれずに彫れるかどうか??

DSC_0023

では、やってみましょう。
今回は圧力6キロで彫ってみます。
これも、私は普段、正面の大きな文字の荒彫りのみ
6キロを使っていて、それ以外はもっと圧力を低くして彫っていますが、
今回はあえて、圧力6キロで彫ってみます。
プラストシートの耐久性も同時に確認してみたいと思います。

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。