Daily Archives: 2017年4月12日

DSC_0028

ブラストシート体験レポート⑨~新シートでの彫刻

ブラスト体験レポート⑧~の続きです。

DSC_0025

両方、彫ってみました。
どちらも6キロで彫刻。
荒彫りレベルしか彫っておりません。
仕上げはしておりません。悪しからず。

DSC_0030-2

こちら、透明な方。
厚み0.65ミリ。
半透明。前回もテスト彫刻しました。

 

① 養生テープが剥がれる、問題

養生テープが剥がれる、という大きな欠点が改良されておりました。

それでも剥がれそうな部分が多少あります。

剥がれそうになった赤枠の部分。約5個所。

ただ、決定的な部分はありませんでした。
これは、某有名ブラストシートメーカーと同レベルですね。
やはり、文字と近い部分は風圧、ブラスト圧で
剥がれようとしてしまいます。

通常では、これほど文字に近い部分に養生テープを張ることは
まずないので、
全く問題ないレベルだと思います。

 

② ブラストの摩擦熱で溶けてしまう問題

こちらも大幅に改良されていました。
6キロで彫刻。
しかも、ゴムシートの彫刻と同じ程度の距離で彫刻。

このウレタンのマスキングシートは摩擦熱に弱いのが大きな欠点、弱点でした。
なので、その対処法は、

ノズルを離して、やや遠目から彫刻する

というものでした。

ただ今回、その欠点も改良されたとのことだったので、
かなり近い位置から彫刻しました。
でも写真を見て頂いたらわかる通り、

DSC_0030-2

熱で溶けたと思われる部分は1箇所でした。
(青枠の部分)
しかも、極わずかで、鋭角の先っぽ。
一番熱で溶けやすい部分です。

6キロでこの程度なら、全く問題ないと言って差し支えないと
個人的には思います。

次に新しいシートの方。

DSC_0028-2

厚みは0.5ミリ。
更に薄いです。
しかし、養生シートが剥がれたと思える部分は
僅かに2カ所。
しかも、ホントに僅かです。

気を付けて彫刻したのもあるのですが、
熱で溶けたような部分はありませんでした。

荒彫りで短時間で彫刻したので
より一層の彫刻テストが必要かもしれませんが、
現状、
かなり有望なブラストシートだと言えます。

プロレベルでもある程度彫ってみれば、
製品に使えるレベルだと思います。

DSC_0032-2

このように、ブラストシートに養生テープが付着して残るのは、
しっかりとくっ付いている証拠。

DSC_0034

文字の回りにも、養生テープが剥がれて、石の表面を
痛めている部分はありませんでした。

DSC_0039

右の文字も大丈夫でした。

DSC_0044-2

前回彫った、「墓」という文字。→→→「透明ブラストシート体験レポート②」

実は、養生テープが剥がれやすいバージョンで、すぐに剥がれてしまい、
石の表面を傷めてしまったのです。
(写真の赤線枠の部分。キズが入っておりますね。)

それが、全く今回は、その傷がなく彫刻できました。
かなり改良されております。

 

さて、それでは、次は、
手切り用に頂いた0.5ミリのマスキングシートを使って
大きめの文字を彫ってみようと思います。

さらに過酷な試験へ。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」