Monthly Archives: 5月 2017

DSC_0032

忙しい一日でした。

DSC_0032

堤防の裏には、アザミが少しだけ野生、自生しております。
毎年、この時期には、楽しませてくれます。

夜には、鹿が走り回り、ミドリガメが歩き回る自然豊かな(。。。(^_^;))
豊岡市でございます。

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

近いうちにセミナーを開こうと思っております。

興味ある方はぜひ。

昨日は、いろいろと動き回っておりました。

まずは、戒名の彫刻依頼で朝来市和田山町へ。

DSC_0003

和田山インター近くのファミマの駐車場から。
竹田城址、見えず。。。
というか、もっと右手じゃない???

戒名彫刻のついでに、お墓のリフォームのお尋ね。
「まだすぐにはできないけど、いくらくらいかかりますか?」
「。。。うーん、簡単には。。。」
ある程度広くて、自由度が広い墓地。
リフォームの金額の幅はけっこうあります。
ある程度の目安の金額はお伝えしましたが、
これは、ホントに目安にしかならないな。。。(^_^;)

その帰り、豊岡市のある場所の墓地。
交通量の結構ある幹線道路の道のそば。
でも広い歩道もあって、工事自体はさほど困難はないけどね。
という場所です。
「お墓仕舞い」の見積。
場所を確認して、改めて来ます。

見積を3件、作成中。。。というかまだ書けてません。
お昼まで苦闘して、

午後から、久しぶりに「コムサポートオフィス」へ。

831ad7ad

すぐ近くですが、ホントに久しぶりです。

「ランディングページの作成」のセミナー。
いや、こんな簡単に!!!
2時間くらいでおおよそ出来てしまいました。
恐るべし。
今井さんご夫妻。
植木先生、刑部さん、ありがとうございました。

作ったランディングページで
近いうちにセミナーを開催したいと思います。

その間、
メールでお問合せの方へメールの返信。
一度もお顔を見ずに、メールでのやりとりだけで
工事が完了するお仕事、最近ずいぶん増えてきました。
もう少し、簡単にやり取りできないかなって
少し考えております。

何かいい方法がないかな。。。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
denwa_business_man

ネットでのお問合せ、増えております。

こんにちは。

但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

 

DSC_0027

庭のツツジ?、サツキ?の花もずいぶん咲いてきました。
今日の豊岡市は33度の予想気温です。
季節外れですね。

今日は真夏日とのこと。
体がついていきません。(^_^;)
まだ5月なんですけど。。。
 
ところで、気温が上がってくると共に
お問合せも増えてきました。
有難い限りです。。

おおきた石材店にお問い合わせに多いパターンとして、

ホームページのページビューが突然増えます。
平均セッション時間とかも増えて、
誰かしっかりと記事を読んでくれているな、というのが
分かります。

それから、
お問合せフォームからのお問合せが来ます。
最近多いパターンは

お墓じまい。

すぐにするのではなく、そのうちしたいのですが、
費用は知りたいので、見積していただけませんか?
というお問合せが増えてきているようです。
今すぐ客、と言われる方もいらっしゃいますが、
最近、そのうちに。。。と言われる方が増えつつあるようです。

それから、

追加彫。あるいは納骨のお手伝い。

電話で「追加彫はいくらしますか?」というお問い合わせは
ほぼ間違いなく、相見積なので、2度と掛かって来ません。
(弊社より安い石材店さんにご依頼されている、のでしょう)

でも、ネット経由のお問合せは、ほとんどの場合
そのままご依頼、という流れが多いですね。
おそらく、値段(費用)よりも信頼できる業者を、という
ご要望の方が多いのでしょう。

それから、

お線香立てる香立が古くなってきたから、新しくしたい、とか
花立に筒が入るようになっていないので、
ステンレスの筒を入れてほしい、とか、
草が生えて大変なので、生えないようにしてほしい、とか。

そういうちょっとしたご要望が多いですね。

いずれの場合も、弊社のホームページ、あるいはブログの記事を
特に興味ある部分をしっかりと読まれてからのお問合せなので、
「話が早い」という場合が多いですね。
「あの記事のあの工事みたいなことをお願いできるでしょうか?」とか、
「こういう工事ですが、出来ますか? 」という感じのお問合せ。

おそらく、多少高いかもしれないけど、
信頼できる仕事をしてもらえる、というような
印象をもって、お問合せいただけているのかと。

逆に、

とにかく安くしてほしい、という施主様
このブログを読んで、おそらく電話してこないと思います。
私なら、連絡しません。
なんとなく高そうですから。。。(^_^;)
(決して”ぼったくり”ではありません。
適正価格だと思っております。)

つまり、お問合せする前に
ある程度、フィルターで分けられている、というようなイメージですか。

これも、毎日毎日書き溜めてきたブログのお蔭だと
感謝しております。
有難いです。

 

 

 

 

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0018

ご遺骨拾い、のお手伝い。

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

先日、ご紹介した、お墓ですが、

DSC_0024-2

こちらのお墓、
「お性根抜き」が終わったとのことで、
中に納まっているご遺骨を拾いにいかれることになり、
お手伝いをしてきました。

DSC_0019

以前、隙間を密着固定した水鉢を外して、
納骨口を開けますと、約2年前、納骨させていただいたご遺骨が
納骨袋に収まっています。

DSC_0018

一応、ご確認。
「あ、ある、ある!!」

DSC_0020

水鉢の水が外すとき、こぼれたのと、
お水を掛けられたので、濡れていますが、
これからお骨を拾い上げます。

DSC_0021
施主様、自らお骨を拾い上げます。
「お、これは。。。
まずい。。。
こりゃ難しいな。。。」

え、そうなの??
見た感じ、まだ2年前だし、
納骨袋もしっかりしてそうに見えたけどな。。。
袋に全て入っているはずなので、そんな大変なはずは。。。

どうやら、
2年しか経ってなくても、
土と接している袋の下側はボロボロになっているようです。
上の面はまだ般若心経の印刷もしっかりと
見えたんですがね。。。

さらしの納骨袋は2年でボロボロになってしまう。

今回新たな発見です。

DSC_0010

さて、ご遺骨をほとんど拾い上げ、水鉢を
元の位置に返したんですが、
見る人が見ると、よくわかりますが、
これ、花立と水鉢が違う石ですよね。

花立はおそらく、中国産の中国製の石。
そして、水鉢は。。。

 

今回、お骨拾いをお手伝いしたんですが、
このご家族総出で行われました。
おそらく施主様のご意向で
「お墓のことは家族全員で」
というお気持ちなのだと思います。

お墓のことを非常に大切にされる施主様の
新しいお墓つくりの第一歩が
このお骨拾いとなったようです。

いつも、どこでも笑顔の絶えない
楽しいご家族の心のこもった
「お骨拾い」でした。

 

 

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0097

最近、よく言われる言葉。

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

昨日から急な体調不良で、一日寝ておりました。

DSC_0038

寝るとはいっても、一日中寝続けるのも体力がいって、
若いころのようにずっと睡眠をとり続けるのは無理なんです。
で、途中、読書となってしまいます。
私の場合。。。
で、上の本を読み始めたら、止まらない。。。(^_^;)
次が読みたい。。。
(実際読んだのは、10ページくらいですが。。。)

 

と、休息なのか、読書なのかわからない状態だったんですが、
夕方からどうしてもお客様との打ち合わせがあり、
体調が戻らなければ、キャンセルの連絡を。。。と思ったんですが、
まあ、何とか運転できそうなので、墓地の確認に行ってきました。

施主さまの娘さんが遠方から帰られていたので、
別の日、というのが困難な状態でありました。

何とか無事に墓地確認でき、見積依頼もしていただけました。
ありがとうございます。感謝です。

その施主さまの娘さんにも言っていただけたんですが
「ブログ(ホームページ)見ましたよ」
「ホームページ読まさせてもらってます」
と、かなり高い確率で言っていただけます。

認知度を高めるために、日々更新している
当ブログ(ホームページ)ですが、
リアルのご紹介のお施主さまも
その補完方法のひとつとして、このブログを読まれているようです。
そして、仕事ぶり、施工方法、得意なデザイン墓などを
確認していただいているようです。

これって、ホントに有難いことですね。

〇…読んでいただけるだけで、信頼感が増します
〇…こんなお墓が建てたいという自分なりのイメージができます
〇…あ、そんなことがあったんだ。。。ということも気づきやすい

などのメリットがあります。

まあ、時には、
ご相談のお問合せを頂いて、
メッセージでお返事を送ったら、
その後、何の反応もない、ということもありますが。。。
(返事が届いたかどうか不明なので、せめて返事を頂きたいですが。。。)

最近は毎日更新しておりませんが、
(ほぼ毎日更新は目指しております。。。)
地道に更新していたら、やっぱりいいことあるんだなって
思いました。

そして、ただ情報を乗せているだけではなく、
ブログ形式で書いているので、
読みやすい、というのが多いと思います。
但馬で、このように毎日更新していらっしゃる石材店はほぼ
私だけ?(知らない方が書いてらっしゃったらごめんなさい)
なので、非常に有利な立場ではあります。

そのあたり、目標にしているこの方が書かれています。
「コムサポートオフィス ガクの視点」
~Google検索という行為は廃れないので、
ワードプレスのブログ更新はまだまだチャンスです~
https://com-support-co.jp/blog/3488

まあ、これからも
ほぼ日更新、を続けて行こうかなって
思った5月末の土曜日の朝でした。

来週はコンクリート施工なので、それまでに完全復活します。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

メニューの一部を追加しました(2017-05-24)

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

おおきた石材店の施工実績とその工事の価格を公表しています。
「おおきた石材店のお品書き」の一部を更新しました。

「おおきた石材店のお品書き」

http://ohkita-sekizai.com/?p=15756

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0025-2

塔婆立って、使いませんか?

浄土真宗の方はあまり関係ないですが、
塔婆というものがお墓にお供えされている場合があります。

その塔婆ですが、
本来、地面に差してお墓の回りに建てるものでした。

ですが、最近のお墓は、基礎コンクリートや防草工事で
地面に塔婆を差す、ということができません。
(うちのお墓は差せますが…(^_^;)
立てる台が必要なことがあります。

DSC_0025-2

このように、ブロックを代用しても大丈夫なんですが、
(実際代用されているお墓、たくさんあります)

やっぱり、チープというか、
とりあえず代用、というか、
あまり見た目が良くないということで、
最近、塔婆立というものを設置することが多いですね。

DSC_0002

このようなものです。

これは、足元が石になっております。
しかも、このように石に塔婆が乗れば、よく滑って、はみ出してしまうんです。
滑り落ちる、という感じですかね。

なので、滑り止めに溝を掘ったりするんですが、
溝に雨などの水が溜まって、それを逃がす穴も必要となります。
中々構造が難しかったりするんです。

DSC_0028

なので、逆に、台なしの塔婆立もあります。

DSC_0044

このように、やや細いタイプもあります。
あまりたくさん塔婆を建てない、という方。
このタイプは細いので、滑り落ちることもありませんね。

 

DSC_0348-2

スペースがあまりないお墓の場合、
このように、一本の石の柱に輪を付けて
塔婆を建てるタイプもあります。
この写真の塔婆はかなり小さなタイプ(水塔婆)なので、
サイズ的に無理がありますが、
このように使います。

これ以外にもこの石の柱の部分もステンレス、あるいはアルミ製の
小さなものもあります。

 

 

塔婆立の値段のページも更新しました。

→→塔婆立の値段

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0009

お墓の立替工事させて頂きます。

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

 

DSC_0009

このところ、快晴続きの兵庫県豊岡市です。
昨日も30度越え?
豊岡大橋の温度計は30度を指しておりました。

1年あまり前ですか。。。墓地内のご遺骨をきれいに回収して、
納骨袋に入れ替えて納骨しなおす。
亡くなった施主様のお父様の納骨のタイミングでそうしたい。
でも、納骨口が狭くて納骨できないかもしれない。
どうにかして。。。

というご依頼で、納骨口を大きくし直したお墓でしたが、
その後、
だいぶ古いお墓なので、後のことも考えて、お墓を作り直そうと
家族でご相談されて、再度、ご依頼を頂きました。

DSC_0024-2

しかし、そのお墓の全貌が確定するまで、約8か月くらい。
見積書は10回以上、作成しなおし、
打ち合わせはおそらく15回以上。
やっとその全貌が決まり、
ご契約いただきました。

このブログでも記載してもかまわない、とのお言葉を頂き、
随時、工事状況をご報告兼ねて、
更新していきます。

初めての試みもいくつかありますし、
私自身もすごく楽しみです。

まずは、お性根抜きしていただいて、
現状のお墓のお片付けから。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0026

名門出列の碑

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

 

地元の地区にこのような顕彰碑があります。

DSC_0028

子どもの頃からあるので、あまり意識してなかったのですが、
その中にお墓があるのです。
地味ですが。。。(上の写真の右奥の小さなお墓です)

今回このお墓の防草工事の見積もりを依頼されたんですが、
(仕事となるかどうかは微妙なんですが。。。)

DSC_0026

その隣に、「名門出列」と刻まれた碑があります。
よく見ると、裏書が非常に細かく書かれていて、
「副碑」とあたまにあります。
で、もう少しよく見ると、
隣の小さなお墓のうち、奥さんの経歴がずっと刻まれているんです。
つまり、
「奥さんの副碑」というわけです。
お墓より副碑の方が巨大ってどれだけ経歴が大切なのか!
っておもいますね。

さらに、正面「名門出列」の文字の横に
揮毫した人の銘も。
「徳富正敬」とあります。
調べてみると。。。「徳富蘇峰」ではないですか。。。
徳富蘇峰。字は「正敬」とあります。
すごい人の文字ですね。。。

更によく見てみると。。。

DSC_0024

横に、この石碑の建立者の名前が。。。
更によく見ると。。

 

DSC_0045

「石匠 大北正一」の名が!!

私のおじいちゃんですね。
立派な石碑ですが、おじいちゃんの刻銘の石碑って
あまり見たことないですが、
こんなところにあったんですね。

いや、こんなところで、思わぬ出会いが。。。
ホントに知りませんでしたよ。
父にも教えてもらってなかったしね。

石碑って、昔を今に留める最もふさわしいものですね。
いろいろ分かって、有難いです。
感謝です。

 

 

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0005

一文字一文字、一画一画。

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

今日は出張彫。
お墓に戒名を追加彫刻させていただきます。

DSC_0001

三年前に建てたお墓です。
ご家族のお一人が亡くなられて、納骨式前に
その方の戒名を刻ませていただいております。

 

 

DSC_0002

最近は、非常に便利なものがあって、あらかじめカットをしてくれる
機械(プロッタ)というものがあるのですが、
私は、あえて、手切り(自分の手でカットする)にこだわっております。
すでに、小学校の頃からこの手切りをしていて、
(父にさせられた、という表現が正しいのですが。。。(^_^;)
40年選手でもありますが。。。

 

DSC_0005

現在、このブルーのウレタンシートで彫刻させていただいておりますが、
専門的なことになりますが、
このように(上写真)わずかでも切り残しがあると、不要な部分が
完全に取れません。
このまま強引に引っ張ると、
くっついてしまって、とってはいけない部分も一緒に
剥がれてしまいます。
なので、面倒ではありますが、この部分をもう一度カットし直します。

 

DSC_0008

最後に、このように、残ったコピー用紙をはがします。
残っていると、ごく稀にですが、
作業中に悪さをするので…

DSC_0011

これで準備完了。
後はいつものように、ブラスト作業。

DSC_0013

専用ホワイトを入れて、
完成です。

文字原稿も今はPCの専用活字データがあるので、
それを利用すればコストダウンとなります。
でも、あえて私は書家の先生に文字を揮毫していただいております。
依頼→先生が揮毫→原稿を郵送→到着と
時間がかかってしまいます。
それに、当然書いてもらったら、揮毫代をお支払いします。
時間も、コストも余計にかかります。

さらに、先ほどのプロッタを使ってカットすれば、
時間もかなり短縮できます。

でも、
お墓に文字を刻むという仕事は、
亡くなった人を刻み込むという仕事です。
コストダウンのために、手軽な方法は取りたくないのです。

大切なご家族をお墓に安置しましたよ
という印でもありますから。

もちろん、彫刻も手彫りの方がいいのはわかっておりますが、
そこまでの技術がありません。私には。残念ながら。。。

そして、そうなると価格的にはずっと高くなるでしょう。
そのあたりを考慮して、現在はブラスト彫刻のみ、としております。
将来的には手彫もチャレンジしてみたいとは思っておりますが。。。

(現在、戒名の追加彫を手彫でされている石材店は全国でも皆無ではないかと
思います。
大きい文字の彫刻をされている石材店は存じ上げておりますが。。。)

なので、
もしかしたら、
他の石材店よりも費用は
割高となるかもしれません。

でも、その分、
一文字、一文字、
一画、一画、
心を込めて、丁寧に、させて頂いております。

お墓に文字を彫るとは、そういうことだと考えます。

そのあたりをご理解いただきたいと思います。

 

ちなみに、おおきた石材店の追加彫刻の費用です。

 

そんなのいいから、安く彫って。。。
というお客様は
他の石材店にご依頼された方がいいかもしれません。

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0009

和型墓石の化粧砂利

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

和型のお墓がまだまだ多い、兵庫県豊岡市ですが、
その和型墓石によく使う化粧砂利をご紹介します。

 

「那智石」

DSC_0013

まず、一番よく使うのが、「那智石」です。
和歌山県から採れる(採れた?)「那智黒石」という石があります。
よく硯(すずり)などに使われる石なんですが、
その石を使っていたのが元々だと聞いております。

その後、外国の黒石にとって代わったのですが、
名前はそのまま「那智黒石」あるいは「那智黒」などと呼ばれていました。
(ネームブランドが確立していたからですね。。)

それからさらに、フィリピン産のこの石になってきて、
黒石ではなくなったのですが、そのネームブランドに頼って、
「那智石」と今は呼ばれております。

DSC_0018

濡れた色はこんな色。
かなり色が濃くなりますが、
「黒」ではないですね。

 

DSC_0020

雨降りの日などは、非常にきれいです。
また、いくつかの色が混じっております。
ので、後でご紹介する「大磯石」と比較するのが、
やや難しい場合もあります。

石のサイズはいくつかありますが、
小さめが私は好みです。
このサイズが一番小さなサイズです。
(2分サイズ)

この石は、経年で色の変化が少ないので、
一番よく使います。おとなしめの色なので和型のお墓にマッチします。

 

「大磯石」

DSC_0024

大磯石と呼ぶ由来はよくわかりませんが、海岸によくある石に見えるから、
というような理由ではないでしょうか。。
水槽の底にひいたり、
大きめの石で石焼きいもにも利用されているそうです。
また、建築の壁や土間仕上げの一つである「洗い出し」という方法の
仕上げに使われたりします。(もう少し小さな石で)

DSC_0027

お墓の墓地に化粧砂利に使うには、このサイズが一番いいと思います。

DSC_0030

この石も乾燥状態と濡れた色は違いますね。

この石も大きさの種類がいくつかあります。

この石も経年で変色しにくい石なので、よく使います。
和型のお墓にも似合います。

 

「五色石」

 

淡路島の五色が浜で採れた石が起源のようです。
白、赤、緑、茶色、灰色が基本のようですが、
三色しか確認できないな。。。(^_^;)
土佐の桂浜からも五色石が採れたという話もあるそうです。
(→土佐のレジェンド・ストーン・桂浜の五色石の謎 – 仁淀川

DSC_0003

こちらの石は、石を加工(大きな石を細かく割って)した石です。
つまり砕石。
天然石はよく見ると形状が違うので、だいたいわかります。
天然の五色石というものもありますが、多少割高です。

DSC_0004

お墓の化粧砂利はけっこうたくさん使うので、
この人工五色石を使ってます。
ただ、石の種類が違うのか、加工するメーカーが違うのか、
いろいろな要因があると思いますが、
石の色、色のバランス、形状などが少しずつ違います。
なので、同じメーカーの同じブランドの石を使わないと
揃わない、ということになります。

DSC_0007

昔はこの茶色(赤?)の石がもっと鮮明で鮮やかでしたが、
今はこの程度です。

しかも、白とこの茶色(赤?)の色の石は
経年で色がだんだんくすんだ色になってきます。
段々色が変わってきて、鮮やかさが落ちてくるんです。

なので、おおきた石材店では、お客様のリクエストがない場合、
この五色石は使わないことにしております。
今回は、元々五色石が入っていたため、そのまま新たに五色石を
入れました。

DSC_0009

新しい間は色は非常に鮮やかなんですが、
色落ちが激しい化粧砂利です。

和型のお墓によく使う化粧砂利のご紹介でした。
多くは「那智石」と「大磯石」を使っております。
また、これは、墓地にそのまま撒く場合です。
樹脂加工砕石の場合はまた別の石を使います。

洋墓、デザイン墓の場合も別の石を使うことがあります。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0006

お墓の防草化、完成。

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。

草が生えて大変なので、草の生えないようにしてください、とのご要望。

DSC_0005-2

確かに草が繁っております。
この手前のお墓とその隣のお墓の二基のお墓。

DSC_0006

道路との境界の部分も草がすごいです。
このお墓は私が父と施工したお墓ですが、もう10年以上
ここに建っております。
その隣は父が建てた墓で、すでに20年以上になります。

全ての化粧砂利、採石、等を回収し、
草押さえにコンクリートを施工し、
その上に新たに化粧砂利を撒くという工事です。

DSC_0020

これで、草もしばらくは生えてこないと思います。

DSC_0006

永久に生えてこないというわけではないです。
経年とともに、
どこからか生えてきます。
しかも、この墓地は、一番大敵な
「スギナ」が大量に生えるので、
非常に厄介ですが、
それもずいぶん少なくなると思います。

 

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0026

大阪、神戸を堪能しました。

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。

旅行で、神戸北区にあるキリンビール工場へ行ってきました。
あれ、三田市だったかな。。。
(ほとんどお酒を飲めない私が、ビール工場見学って。。。(^_^;)

とりあえず、キリンビール工場へ。。。

DSC_0003

20周年らしいです。
麦芽とホップを実感してきました。
一番搾りと2番絞りの違いも実感してきました。
「工場見学」って、すごくお金掛かっていますが、
これでファンになってくれる人、絶対に居ますよね。
大手メーカーが工場見学に力を入れているのは、すごくわかりました。

 

お墓もこれを何らかの形で取り入れるべきでしょうね。
よくわかっていないエンドユーザーに
「お墓を作ることの大変さ」を知って頂くには
これが一番いい気がしました。

IMG_20170513_101218

とりあえず、記念写真。
手が。。。ズレてるな。。。

DSC_0033

夜は道頓堀近くのホテルへ。
夜のミナミはホントに久しぶりです。
道頓堀は外国人ばかりでした。。。
夜の道頓堀と朝の道頓堀を体感したんですが、
これは、「祭り」ですね。
いろいろな意味で。
無法地帯の雰囲気もあるし、
お酒が入って、無茶する人もいるし、

大阪の他の繁華街にはない雰囲気です。
そして、朝の道頓堀は祭りの後の雰囲気が濃厚です。
普通の祭りは、じゃあ次は一年後、
となるんですが、ここは毎晩。。。(^_^;)
人が集まるはずですね。
毎日祭りじゃあ。。。(^_^;)

DSC_0013

定番の大阪城も見学。
アクアマリンには大雨の後だったので、欠航で乗れませんでした。
残念。。

DSC_0026

ですが、大阪城の石垣は久々に堪能。。。
四国、瀬戸内の石が大量に使われています。

DSC_0019

この美しい稜線を見るだけでも、来る価値がありますね。

DSC_0020

この当たりの石垣も素敵です。。。\(^▽^)/
僅かに天守閣も見えて。。。
天守閣の美しさも日本有数とのことです。
(城郭博士の岩井氏の談)

DSC_0036

あと、なんば花月の前で売ってた「人形焼」をお土産に。

 

DSC_0039

最後は、神戸に帰って、「明太子工場見学」

 

 

DSC_0040

真子(まこ)が一番旨いそうです。。。
楽しく有意義な二日間でした。
本も一冊、旅行中に読めたしね(^O^)

DSC_0037

こちらは、帰ってから読む予定の自分へのお土産本です。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

間に合いました。。。

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。

 

DSC_0008

お天気下り坂の兵庫県豊岡市です。
土、日とFDの研修旅行があるので、
何としても今日中にコンクリートは施工させたかったんですが、

 

DSC_0020

出来ました。
なんとか。。。
雨が降りだす前に。。。
嵐になるらしいですが、
これで大丈夫です。

DSC_0022

 

そして、夜は。。。
献血会議。。。

ブラストシートの方は、
週明け後になります。。。(業務報告。(^_^;)

えっと、いろいろ書きたいことがあったんですが、
時間がなく、このような記事になってしまいました。

近頃、土日にブログを書き溜める流れになっているのに、
土日に予定が入って、全く書けないと、
リズムが。。。
というわけで、
何もかも、週明けとなります。
一週間ご苦労様でした。(^O^)

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

ブラストシートのテスト彫刻のまとめ

DSC_0012

今までやったブラスト彫刻テストのまとめです。
参考にしていただけたら。。。

ブラストシート試験彫レポート

 

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
201203231922000

雨降りのお墓工事はやめた方がいい?

相互リンクさせてもらっている富山の宮崎さんのブログで
紹介していただ来ました。
「雨降りにお墓を建ててはいけない」の記事。

確かに、雨降りの日にお墓の建墓工事はやめた方がいいのは確かです。

お墓を建てる時期④~梅雨の時期は?

私も書いてました。
いいことはひとつもありません。
雨降りのお墓工事は。。。

ただ、私の住む但馬地方は、年間日照時間が
全国814市区中の797位という
年間1497.2時間しかないのです。
(参照。。。豊岡市の行政情報

大体、11月くらいから3月位までは、快晴、という日が
ほとんどない、というのが実感です。
(豊岡在住の方は実感されると思いますが。。。)
大雨、本降りにはならないけど、
じめじめとした、湿気の多い天候が多いのです。
雪も降りますし、
みぞれも降ります。
雨も降りますし、
常に地面が塗れている状態ですね。

なので、
快晴しか、お墓工事ができない、となると

年間の半分はできない、と
極端ですが、
そんな感じなんです。

朝、目覚めて、空を見て、
雨雲レーダーを見て、
(雨雲レーダーに映らない雨雲とかもあったり。。。)
それから、今日、お墓工事するかしないか決めたりします。

なので、

① 雨、雪など空からなにも降って来ない日は
お墓工事します。

② 雨、雪が降っていて地面がびちゃびちゃになる、
長靴でしか作業できない状態、雪が積もっている状態なら、
お墓工事しません。

ここまではいいんです。

でも、

③ 雨、雪は止んでいるんだけど、いつ降りだすかわからない。
しかも、雨雲接近中。。。

みたいな日、天気の時が一番悩みどころ。。。(^_^;)

また、雨でもできる作業もあります。

土ではなく、砕石等の埋め戻し、
お墓の石の清掃、
石、あるいは、コンクリートの解体、撤去、
コンクリートの型枠設置、
鉄筋の配筋、

などです。

天候に左右されやすいお墓工事ですが、
長年の経験で、
この程度の雨なら、
工事自体をやめよう、
この程度の雨なら、
この作業はやれるかもしれない。
テントを張れば、やれる作業もあります。

納期というお客様との約束は
石材店にとっては、非常に重いモノです。
そのためには、ある程度の無理もしなくてはなりません。
でも、
後々施工不良となるような工事だけはすべきではない、
ということは、
いつも大切にしております。

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0012

ブラストシート体験レポート⑪~新バージョンが!

こんばんわ。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。

 

DSC_0036

田んぼに水が入り、
鏡面仕上げになりつつある兵庫県豊岡市です。

ゴールデンウィークの宿題、新しいブラストシートの体験レポート。
その続きです。

白色のブラストシートで彫刻してみます。

 

〇 0.5ミリ白色ブラストシート
〇 細字用
〇 6キロ圧のブラストにて彫刻

 

細字用のブラストシートなので、
この太さのの文字は少々無理があるのですが、
テストなので、彫ってみます。

DSC_0001

彫刻してみました。

大体深さは1杯くらいです。

1杯とは?
文字の一画の太さ(文字幅)と同じくらいの深さで
文字を彫刻すること。
文字彫刻の深さの基準と言われる。
ちなみに、但馬地方では「一杯半」(いっぱいはん)が
上等だと言われている。
つまり、文字幅の1.5倍の深さで彫刻するのが腕のある
職人だと、されている。(私も父から聞きました)
ですが、深く彫れば彫る程、文字底が見にくくなり、
仕上げが雑になります。
ので私は「1杯」を目安に彫刻するように心がけております。

 

無理を承知の彫刻でしたが、
意外と彫刻できました。
ただ時間の都合上、仕上げ彫はしておりません。

仕上げ彫は圧力をずっと落として彫刻するので、
ブラストシートに負荷は掛かりません。
なので、ここまでで止めておきます。

 

DSC_0003

かなり、輪郭で溶けている部分があります。

DSC_0004-2

赤枠の部分は輪郭が溶けだしている部分です。
やはり長時間1点に宛てていると、輪郭がぼやけて
溶けてくるようです。

さて、もう一文字の方も。。。

DSC_0009

碧いという文字ですが、こちらはやや浅い彫です。

DSC_0024-2

大体の感じですが、0.7~0.8杯の深さです。
底の「底サライ」の練習用に浅めに彫りました。
底も平らに彫ってあります。

こちらは、ブラスト圧が直接当たる時間が短い関係で、
輪郭が完全に溶けている部分はほとんどありませんでした。
やや、溶け始めているかな、という程度。

青い枠の線の中が多少、溶け始めているのかな、という程度でした。
また、5キロ以下の圧力なら全く問題なく、彫刻できました。

まとめとして

≪白色ウレタンブラストシートテスト彫刻の結果≫

(0.5ミリ 白色ブラストシート)細字用

① マジック、ボールペンの書き込みはできます。

② 住友3M製のスプレーのりなら
コピー用紙の貼り付けも問題なくできます。

③ 養生テープもしっかりと接着できています。
(剥がれることはほとんどない)

④ コピー用紙の上からのカット(手切り)に関しては
ゴムシートよりも多少滑りやすい。が、対策すれば問題ない。

⑤ 6キロのブラスト圧では長時間1点に宛てると溶ける可能性は高い。
(短時間での照射なら、問題ない)

⑥ 5キロ以下のブラスト圧なら、問題ない。

 

という感じですかね。
今回のテストはやや普段ではありえない6キロの圧力。
私は普段は細字なら5キロまでで彫刻しますので、
6キロでこの程度耐久性があるなら、全く使用に問題ないと
個人的には思いました。

ところが、突然電話が鳴って、

湯口さん1
📞 大北さん、新しいサンプル送るんで、彫刻してもらえませんか?

と連絡が。。。

DSC09427-2
📞 え、新しいシートですか?もう試して、レポート書いてる途中ですが。。。

 

湯口さん1
📞 いや、半透明の新しいブラストシートなんです。

 

DSC09427-2
📞 え、またですか。。。(^_^;)
どんだけ作るんですか??

 

湯口さん1
📞 以前、透明なシートを試してもらったじゃないですか?
どうやら透明なシートの方が耐久性も耐熱性も高いようなんです。
なので、以前の真っ透明は貼ってあるのかどうかが判別できないレベルの
透明だったじゃないですか?
ではなく、やや透明なシートを作ったんです。
よろしくレポートお願いしますね。。

 

DSC09427-2
📞 
やや透明って、どんだけ透明なんですか。。。

 

湯口さん1
📞 。。。。。。。(切れてるし!!)

 

(どんだけせっかちなんですか!!)

その直後、佐川急便のお姉さんが持ってきてくれた荷物には。。。

 

DSC_0040

これが、やや透明なシートか。。。
(確かに微妙に透明です。。。(^_^;)

DSC_0047

それと、いつもの墓文字も入っておりました。
さて、やってみますか?

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0113

忍性五輪塔を求めて③

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。

 
今回、わざわざ現地まで行って確認したかったのは、
この部分。

DSC_0051

火輪(笠の部分)に対して、
風輪(半円の部分)と
空輪(一番上の尖った部分)の形状の確認。

 

DSC_0053

風輪の下の部分、火輪と接する部分。
意外と絞ってあって、細くなっていますね。

 

DSC_0052

更に、風輪の上の部分。
空輪と接する部分。
思った以上に強く広く広がっています。
最近のよくある五輪塔はもっと大人しくなっていますが、
空輪を飲み込むような勢いがあります。

 

DSC_0057

そして、最後に、
一番の確認ポイントは、
火輪の大きさに比べて、風輪、空輪がやや大きい。
そう言われれば、意外に大きいな、と思えるほど
大きいのです。

大体、想像どおりの形でした。
さて、施主様はどう言われるでしょうか。。

DSC_0062

写真に写ってなかった8番目の五輪塔もご紹介しときます。

DSC_0113

最後に記念写真。
立派なサイズですね。
忍性五輪塔。素晴らしい五輪塔です。
鎌倉時代に作った五輪塔が現代にもほぼ完全に残っている。
本当に素晴らしい、五輪塔です。

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
4267d59f1608dea5de8aee1d405aed3c

Q311~お墓はいつ建てればいいの? のまとめ

お墓を建てるのに一番いい時期を個人的に決めてみました。

お墓を建てる時期は?

 

ただ、誰でもこの時期に建てられるわけではありません。
上から順番に避けるべき事項が書いてあります。
①と②を避ければ、それ以外は対処の仕方があります。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0024

ブラストシート体験レポート⑩~新シートでの彫刻つづき

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。

 

さて、以前試用レポートしたピコムさんの新しいブラストシート。

(前回はこちら。。。

今回、もう一度使ってみます。

DSC_0021

今回は、大きめの文字を彫ってみようと思います。

白色のピコム製のウレタンブラストシートです。
厚みは0.5ミリ。
薄いです。

石は、大島石の特級相当の石です。
以前、青山さんの大島石を加工した時に出た端材を
磨いたもの。

文字は、今年の春、建てたお墓の文字のうち、
採用されなかった書体の文字です。
せっかくなので、彫らせてもらいます。

DSC_0024

ブラストシートを貼って、
文字の位置を確認。
私は、3M製のスプレーのりでコピー用紙を張り付けて、
それをカットする方法でカットします。

DSC_0026

これですね。

DSC_0029

手でカットします。
ウレタンシートは、やや硬く、滑りやすいので、
ゴムシートよりカットに気を使いますが、
この白いシートは、以前の青いシートよりカットが幾分
切りやすい気がします。
ただ滑りやすい(この表現は実際カットした人でないとわからないかも。。。)
のは、同様のようです。

対処方法として、
〇 切れ味が落ちるとマメに刃を変える。
〇 一気に切らずに、できるだけ慎重に切る
  (一気に切るとズレ、切りすぎが起きやすい)
〇 切りにくい部分は左手を添えてカットする。

などを心がけております。

 

DSC_0031

カットできました。
この0.5ミリのシートで
前字(大きめの文字)を彫ってみます。
さて、彫れるのでしょうか?

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0046

忍性五輪塔を求めて②~供養の心

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。

ついに初めて、実見することが出来ました。
忍性五輪塔。

 

DSC_0107

重要文化財。
石造五輪塔が八基。
鎌倉時代から室町時代に制作されたもの。

 

DSC_0042

このように、囲われた一区画にありますが、
入場制限されているわけではなく、
自由に出入りされております。

 

DSC_0045

重要文化財である8基のうち、7基の五輪塔。
L字型に設置されています。
正面に5基が西側に東に面して建っております。
その続きに直角に曲がって3基が北側に南に面して建っております。

詳しくはこちら。。。「額安寺五輪塔」

その中でもひときわ大きい一番南西に建てられているのが、
忍性の五輪塔と呼ばれるものです。

DSC_0046

お花が手向けてありました。

ご近所の方がお供えされているんでしょうか?

鎌倉時代の著名な高僧の五輪塔でもあり
重要文化財でもあるのですが、
それは間違いなくお墓であり、
お墓である以上、供養の対象として、
お花が手向けてある。

これこそが供養の心であり、
今、失われつつあるものであるように
思われました。

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」