ブラストシート体験レポート⑪~新バージョンが!


こんばんわ。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。

 

DSC_0036

田んぼに水が入り、
鏡面仕上げになりつつある兵庫県豊岡市です。

ゴールデンウィークの宿題、新しいブラストシートの体験レポート。
その続きです。

白色のブラストシートで彫刻してみます。

 

〇 0.5ミリ白色ブラストシート
〇 細字用
〇 6キロ圧のブラストにて彫刻

 

細字用のブラストシートなので、
この太さのの文字は少々無理があるのですが、
テストなので、彫ってみます。

DSC_0001

彫刻してみました。

大体深さは1杯くらいです。

1杯とは?
文字の一画の太さ(文字幅)と同じくらいの深さで
文字を彫刻すること。
文字彫刻の深さの基準と言われる。
ちなみに、但馬地方では「一杯半」(いっぱいはん)が
上等だと言われている。
つまり、文字幅の1.5倍の深さで彫刻するのが腕のある
職人だと、されている。(私も父から聞きました)
ですが、深く彫れば彫る程、文字底が見にくくなり、
仕上げが雑になります。
ので私は「1杯」を目安に彫刻するように心がけております。

 

無理を承知の彫刻でしたが、
意外と彫刻できました。
ただ時間の都合上、仕上げ彫はしておりません。

仕上げ彫は圧力をずっと落として彫刻するので、
ブラストシートに負荷は掛かりません。
なので、ここまでで止めておきます。

 

DSC_0003

かなり、輪郭で溶けている部分があります。

DSC_0004-2

赤枠の部分は輪郭が溶けだしている部分です。
やはり長時間1点に宛てていると、輪郭がぼやけて
溶けてくるようです。

さて、もう一文字の方も。。。

DSC_0009

碧いという文字ですが、こちらはやや浅い彫です。

DSC_0024-2

大体の感じですが、0.7~0.8杯の深さです。
底の「底サライ」の練習用に浅めに彫りました。
底も平らに彫ってあります。

こちらは、ブラスト圧が直接当たる時間が短い関係で、
輪郭が完全に溶けている部分はほとんどありませんでした。
やや、溶け始めているかな、という程度。

青い枠の線の中が多少、溶け始めているのかな、という程度でした。
また、5キロ以下の圧力なら全く問題なく、彫刻できました。

まとめとして

≪白色ウレタンブラストシートテスト彫刻の結果≫

(0.5ミリ 白色ブラストシート)細字用

① マジック、ボールペンの書き込みはできます。

② 住友3M製のスプレーのりなら
コピー用紙の貼り付けも問題なくできます。

③ 養生テープもしっかりと接着できています。
(剥がれることはほとんどない)

④ コピー用紙の上からのカット(手切り)に関しては
ゴムシートよりも多少滑りやすい。が、対策すれば問題ない。

⑤ 6キロのブラスト圧では長時間1点に宛てると溶ける可能性は高い。
(短時間での照射なら、問題ない)

⑥ 5キロ以下のブラスト圧なら、問題ない。

 

という感じですかね。
今回のテストはやや普段ではありえない6キロの圧力。
私は普段は細字なら5キロまでで彫刻しますので、
6キロでこの程度耐久性があるなら、全く使用に問題ないと
個人的には思いました。

ところが、突然電話が鳴って、

湯口さん1
📞 大北さん、新しいサンプル送るんで、彫刻してもらえませんか?

と連絡が。。。

DSC09427-2
📞 え、新しいシートですか?もう試して、レポート書いてる途中ですが。。。

 

湯口さん1
📞 いや、半透明の新しいブラストシートなんです。

 

DSC09427-2
📞 え、またですか。。。(^_^;)
どんだけ作るんですか??

 

湯口さん1
📞 以前、透明なシートを試してもらったじゃないですか?
どうやら透明なシートの方が耐久性も耐熱性も高いようなんです。
なので、以前の真っ透明は貼ってあるのかどうかが判別できないレベルの
透明だったじゃないですか?
ではなく、やや透明なシートを作ったんです。
よろしくレポートお願いしますね。。

 

DSC09427-2
📞 
やや透明って、どんだけ透明なんですか。。。

 

湯口さん1
📞 。。。。。。。(切れてるし!!)

 

(どんだけせっかちなんですか!!)

その直後、佐川急便のお姉さんが持ってきてくれた荷物には。。。

 

DSC_0040

これが、やや透明なシートか。。。
(確かに微妙に透明です。。。(^_^;)

DSC_0047

それと、いつもの墓文字も入っておりました。
さて、やってみますか?

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。