塔婆立って、使いませんか?


浄土真宗の方はあまり関係ないですが、
塔婆というものがお墓にお供えされている場合があります。

その塔婆ですが、
本来、地面に差してお墓の回りに建てるものでした。

ですが、最近のお墓は、基礎コンクリートや防草工事で
地面に塔婆を差す、ということができません。
(うちのお墓は差せますが…(^_^;)
立てる台が必要なことがあります。

DSC_0025-2

このように、ブロックを代用しても大丈夫なんですが、
(実際代用されているお墓、たくさんあります)

やっぱり、チープというか、
とりあえず代用、というか、
あまり見た目が良くないということで、
最近、塔婆立というものを設置することが多いですね。

DSC_0002

このようなものです。

これは、足元が石になっております。
しかも、このように石に塔婆が乗れば、よく滑って、はみ出してしまうんです。
滑り落ちる、という感じですかね。

なので、滑り止めに溝を掘ったりするんですが、
溝に雨などの水が溜まって、それを逃がす穴も必要となります。
中々構造が難しかったりするんです。

DSC_0028

なので、逆に、台なしの塔婆立もあります。

DSC_0044

このように、やや細いタイプもあります。
あまりたくさん塔婆を建てない、という方。
このタイプは細いので、滑り落ちることもありませんね。

 

DSC_0348-2

スペースがあまりないお墓の場合、
このように、一本の石の柱に輪を付けて
塔婆を建てるタイプもあります。
この写真の塔婆はかなり小さなタイプ(水塔婆)なので、
サイズ的に無理がありますが、
このように使います。

これ以外にもこの石の柱の部分もステンレス、あるいはアルミ製の
小さなものもあります。

 

 

塔婆立の値段のページも更新しました。

→→塔婆立の値段

 

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。