最近、よく言われる言葉。


おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

昨日から急な体調不良で、一日寝ておりました。

DSC_0038

寝るとはいっても、一日中寝続けるのも体力がいって、
若いころのようにずっと睡眠をとり続けるのは無理なんです。
で、途中、読書となってしまいます。
私の場合。。。
で、上の本を読み始めたら、止まらない。。。(^_^;)
次が読みたい。。。
(実際読んだのは、10ページくらいですが。。。)

 

と、休息なのか、読書なのかわからない状態だったんですが、
夕方からどうしてもお客様との打ち合わせがあり、
体調が戻らなければ、キャンセルの連絡を。。。と思ったんですが、
まあ、何とか運転できそうなので、墓地の確認に行ってきました。

施主さまの娘さんが遠方から帰られていたので、
別の日、というのが困難な状態でありました。

何とか無事に墓地確認でき、見積依頼もしていただけました。
ありがとうございます。感謝です。

その施主さまの娘さんにも言っていただけたんですが
「ブログ(ホームページ)見ましたよ」
「ホームページ読まさせてもらってます」
と、かなり高い確率で言っていただけます。

認知度を高めるために、日々更新している
当ブログ(ホームページ)ですが、
リアルのご紹介のお施主さまも
その補完方法のひとつとして、このブログを読まれているようです。
そして、仕事ぶり、施工方法、得意なデザイン墓などを
確認していただいているようです。

これって、ホントに有難いことですね。

〇…読んでいただけるだけで、信頼感が増します
〇…こんなお墓が建てたいという自分なりのイメージができます
〇…あ、そんなことがあったんだ。。。ということも気づきやすい

などのメリットがあります。

まあ、時には、
ご相談のお問合せを頂いて、
メッセージでお返事を送ったら、
その後、何の反応もない、ということもありますが。。。
(返事が届いたかどうか不明なので、せめて返事を頂きたいですが。。。)

最近は毎日更新しておりませんが、
(ほぼ毎日更新は目指しております。。。)
地道に更新していたら、やっぱりいいことあるんだなって
思いました。

そして、ただ情報を乗せているだけではなく、
ブログ形式で書いているので、
読みやすい、というのが多いと思います。
但馬で、このように毎日更新していらっしゃる石材店はほぼ
私だけ?(知らない方が書いてらっしゃったらごめんなさい)
なので、非常に有利な立場ではあります。

そのあたり、目標にしているこの方が書かれています。
「コムサポートオフィス ガクの視点」
~Google検索という行為は廃れないので、
ワードプレスのブログ更新はまだまだチャンスです~
https://com-support-co.jp/blog/3488

まあ、これからも
ほぼ日更新、を続けて行こうかなって
思った5月末の土曜日の朝でした。

来週はコンクリート施工なので、それまでに完全復活します。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。