ご遺骨拾い、のお手伝い。


おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

先日、ご紹介した、お墓ですが、

DSC_0024-2

こちらのお墓、
「お性根抜き」が終わったとのことで、
中に納まっているご遺骨を拾いにいかれることになり、
お手伝いをしてきました。

DSC_0019

以前、隙間を密着固定した水鉢を外して、
納骨口を開けますと、約2年前、納骨させていただいたご遺骨が
納骨袋に収まっています。

DSC_0018

一応、ご確認。
「あ、ある、ある!!」

DSC_0020

水鉢の水が外すとき、こぼれたのと、
お水を掛けられたので、濡れていますが、
これからお骨を拾い上げます。

DSC_0021
施主様、自らお骨を拾い上げます。
「お、これは。。。
まずい。。。
こりゃ難しいな。。。」

え、そうなの??
見た感じ、まだ2年前だし、
納骨袋もしっかりしてそうに見えたけどな。。。
袋に全て入っているはずなので、そんな大変なはずは。。。

どうやら、
2年しか経ってなくても、
土と接している袋の下側はボロボロになっているようです。
上の面はまだ般若心経の印刷もしっかりと
見えたんですがね。。。

さらしの納骨袋は2年でボロボロになってしまう。

今回新たな発見です。

DSC_0010

さて、ご遺骨をほとんど拾い上げ、水鉢を
元の位置に返したんですが、
見る人が見ると、よくわかりますが、
これ、花立と水鉢が違う石ですよね。

花立はおそらく、中国産の中国製の石。
そして、水鉢は。。。

 

今回、お骨拾いをお手伝いしたんですが、
このご家族総出で行われました。
おそらく施主様のご意向で
「お墓のことは家族全員で」
というお気持ちなのだと思います。

お墓のことを非常に大切にされる施主様の
新しいお墓つくりの第一歩が
このお骨拾いとなったようです。

いつも、どこでも笑顔の絶えない
楽しいご家族の心のこもった
「お骨拾い」でした。

 

 

 

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。