Monthly Archives: 6月 2017

DSC_0032

黒みかげ石は色がさめる。

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

 

DSC_0016

昨日の但馬牛のエサは集めて、固められているようです。

豊岡のランドマーク、来日山に雲がかかって、いい感じの朝ですが、雨のようです。

 

でも、昨日、基礎コン施工できたので、余裕ですね。

 

その昨日コンクリートしたのは前回、クレーンにて移動した

DSC_0028

お墓の基礎なんですが、黒みかげ石です。
私、黒みかげ石はあまり詳しくないのですが、おそらく

「山西黒」という中国の石ではないでしょうか?

(似てる気がするんですが。。。違うかもです。。。)

DSC_0001

 

おおきた石材店が建てたお墓ではないのですが、建之が昭和53年なので、40年になりますね。

 

 

DSC_0005

ほこり、汚れをそぎ取った後の写真。

 

左側、茶色くなっている部分は風雨にさらされ続けた面。もはや、黒みかげ石とは呼べないくらい茶色くなっております。

 

右側は、上の石の下になって、隠れていた部分。光沢も色も現役時代の栄光を未だ残しておりますね。十分光沢があり、黒いです。

 

特に、一枚目の写真。鉛と弾性接着剤で施工してあるのですが、その鉛と接着剤がついていた部分は特に、光沢と色が鮮やかに残っております。

 

この写真は中台と言って、下の台石ですが、上の台石。つまり竿石のすぐ下の台も見てみましょう。

 

DSC_0025

白い傷があるのは、わざとですね。「地を荒らす」といって、こうやって置くことで、接着力を強化しているわけです。(その効果があったかどうかは不明ですが。。。)
やはり、風雨にさらされている部分は茶色くなっております。(右側と下側の部分)

そして、もう一つ気になることが。。。

 

DSC_0025-2

赤枠で囲った部分。実は、水あかが溜まっていた部分です。つまり水あかが溜まっていたおかげで、退色せずに、現役の色艶が残っていたということです。

 

皮肉なもので。。。(^_^;)

 

最期に竿石(仏石)を。

 

DSC_0032

 

竿石の下の方の写真です。てっぺんの部分はすでに茶色く変色してしまっております。ただ、横の面(文字が彫刻してある面)はまだまだ黒い色がしっかりと残っております。

 

気になるのは、この下の部分。水あかを落としたんですが、分かりにくいですね。

 

DSC_0032-2

赤い部分は、水あかを落とした部分。さすがに、横の面も多少艶落ちしているのが確認できます。水あかの部分の方が色が濃いですね。

それから、青い線で囲った部分はまだ、何もしてない状態。水あかがついていて、さらに、その上からコケらしきものも。。。(^_^;)

 

山西黒という石だと仮定しての話ですが、この石は現在あまり使われておりません。あまり評判が良くないにもかかわらず、けっこう高いから。

でも、40年も経過していて、一分茶色く変色している部分もありますが、これだけ光沢が残っているとは、驚きです。

まあ、研磨工程が今と当時では違うということは大きいのかもしれませんね。

今回、一番実感したのは、白みかげ石より重たいということ。簡単に持てると思ったものが、意外と重くて、大変でした。黒みかげは。(本文と話が全然関係ないですが。。。(^_^;))

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0012

お墓の立て直し、はじめました③

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。

お問い合わせは、こちらから。

 

今朝、工場に来てみたら、気付きました。
こんなものが。。。

DSC_0002

南側にも。。。

DSC_0004

草刈りして、刈った草を固めてこんな状態になっているんですね。

DSC_0008

おそらく、但馬牛のエサになるのでは?ないでしょうかね。

DSC_0010

しかし、便利なものがあるんですね。

草刈りもあとの始末が結構大変ですもんね。

 

さて、昨日の玄武岩ですが、いろいろご意見いただきましたが、私は、まず、ドリルで矢穴を開けることにしました。

 

DSC_0043

よく見たらわかるかもしれませんが、後ろのお墓、非常に大きい、というか、広い。

 

横に広いお墓でして、3区画分くらいの広いお墓で、見えている地周りの基礎石も非常に長い一本もの。多少の衝撃でも大丈夫では?と考えました。
なので、ドリルで割って、上に見えているはみ出したモルタルらしきものも邪魔なので、そのままカッターでカット。

そのままカットするより、いったん割ってからカット、の方が切りやすいのでそうしました。

 

が、

 

こっちも予想外!!

 

DSC_0052

実は、切れてました。ほどんど基礎のギリギリで切られてました。

後ろのお墓工事されるとき、カットされたのでは?と思います。

 

というわけで、結果オーライで、

DSC_0007

型も組めて。

 

 

DSC_0012

コンクリートも施工できました。

この現場は、しばらく放置となります。

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0020

お墓の立て直し、はじめました②

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

かなり久々の雨の朝の兵庫県豊岡市です。

たまには雨も降ってくれないとね。。。

 

お墓の解体後、新たなお墓の建立工事しております。

コンクリート製(?)の舞台の撤去工事。

DSC_0020

上のふたの部分をとりあえず撤去。

中が見えました。

お骨拾いで拾え切れなかったご遺骨が少しと、内部の土をお預かりして、

DSC_0028

 

撤去作業、再開。

 

コンクリートも鉄筋が入ってないと、セリ矢で割って、解体するのが早いですね。最初は順調に割って行ったんですが、

 

DSC_0032
隣のお墓との境界を撤去したら、大きな穴が。。。(^_^;)

DSC_0040

 

見なかったことに。。。いやそれはできないですね。(^_^;)

DSC_0042

 

まあ、古いお墓なので、いろいろなことがありますね。(^_^;)

DSC_0043

 

で、最終的に、土中に埋まっている基礎石を撤去していたら。。。

嫌な予感が。。。

 

DSC_0046

玄武岩ですが、後ろのお墓の基礎の下に。。。(^_^;)

どうしたらええんだら~あなあ。。。

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0009

お墓の立て直し、はじめました①

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

 

DSC_0055

今朝は、いわし雲??
雨が降るよ!!という天気ですね。
でも、お昼まではもって欲しい。。。(^_^;)

今日も頑張ります。

 

以前ご紹介した、このお墓、いよいよ着手です。
いろいろ楽しみと不安があるお墓を新たに建てさせていただきます。

DSC_0001

水鉢と竿石の一部を残して、あとは、お墓じまいさせて頂きます。

台はコンクリート製のようです。が、解体してみないとわかりません。

 

 

DSC_0012

 

まずは、水鉢、花立をとりはずします。以前納骨口を改修した姿が残っております。

 

DSC_0019

 

竿石と台石は簡単に取り外すことが出来ました。この石は、地元でよくお墓に使われた石です。
さて、この舞台のコンクリートを解体させてもらうんですが、けっこう簡単にできる場合とすごく大変な場合があります。
今回は、念のため、電動チッパーとエアチッパーも用意して万全の体制ですが、どうなるでしょうか。

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0052

お墓の入り口、甘く見てないですか?

こんにちは。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

今日は午後更新ですが、大事なことなので、よく読んでもらいたいですね。

 

最近、豊岡市営墓地のうち、西霊苑で、外柵工事のご依頼が増えております。市役所生活環境課から最低限のお墓の工事をしてください、との連絡があったといずれの方もおっしゃいます。

何年もほったらかしになっていたお墓ですが、とりあえず外柵工事だけしてほしいとのことです。

 

DSC_0005-2

 

こういう区画ですね。コンクリートの入り口っぽい感じにはしてありますが、ほぼ手付かずですね。

 

こういう墓地の区画に外回りの境界の石を設置するわけです。

 

DSC_0029

 

こういう風になります。コンクリートの上に石が乗って、きちんと枠が決まる、というイメージです。

誰がやっても同じじゃないか?って思いますよね。形同じだし、どこが違うんだって話。(^_^;)
ところがどっこい。大違い。大変な違いがあるんです。

 

DSC_0041-2
この入り口は基本的にこの入り口を使って、墓地区域内に入って線香を立てたり、お花をお供えしたり、ということを想定しています。つまり、この階段を使って中に入るわけですね。

(※ 墓相のお墓の一部は、墓域内は神聖な場所で、土足で立ち入ることを想定してないお墓もあります。)

この段、高すぎないですか?

高すぎて、上りにくくないですか?

 

高すぎて、足の悪いおばあちゃんじゃ、登れなくないですか?

 

おばあちゃん

 

 

そういうことなんですよね。
じゃあ、この段はどうですか?

 

DSC_0052

 

高さはいいんです。でも、何か感じないですか?

 

DSC_0054

じゃあ、こちらの階段はどうですか?

 

狭くないですか?

 

奥行が狭くないですか?

 

足の悪いおじいちゃんじゃ、危なくないですか?

悩み2

 

階段って、簡単に段になってればいいや、って思う人もいるかもしれませんが、実は、非常に大切なんです。
足腰が元気な人でも、踏み外す、つま先が当たってしまう、ってことあるんです。ましてや、お年寄りだとか、幼児、足腰が不自由な人などは、階段が凶器となることもあります。

 

私は、こういうお墓に階段を設置する場合、一つのルールを作っております。

 

① 段の高さは低ければ低いほど良い。

これは、最初の原則なのですが、段を低くすれば低くするほど、階段に占有される面積が広くなって、墓地として使える部分が減ることになります。なので、限度があり、基本の高さは15センチ(5寸)を基本としております。最大で18センチ(6寸)。それ以上になるともう一段追加することを検討した方がいいですね。

 

② 段の高さは揃える

これも大事な原則です。階段ってリズムで登るものです。いちいち段を見ながら登りません。通常はね。なので、いちいち段の高さが違うとリズムが狂って、若い人でも階段を踏み外すことがあります。階段は、複数ある場合は、段の高さを揃える。これも大切な基本ルールです。

 

③ 段の奥行(踏みシロ)を十分取る。

写真のようにつま先しか乗らないような狭い階段は非常に危険です。できればかかとまでしっかりと乗れるように広い踏みシロのある階段を設置した方がいいと思います。ただこちらも限度があります。あまり広い踏みシロを作ると、墓地の使える面積を狭くしてしまいます。基本は30センチ(1尺)くらいの踏みシロの階段が理想ですね。多少狭くても大丈夫だとは思いますが、18センチ(6寸)以下だと大きめの足の人は半分も載らない、ということになるので、それ以上が理想ですね。

 

④足が乗る部分は滑り止め加工を

足が乗る部分は濡れたら、非常に滑りやすくなりますので、滑り止め加工は最低限すべきですね。切削(切ったままの加工)でも、雨で石が塗れていたら滑りやすいです。一番滑る組み合わせは、磨いた面の上に雪が積もっている場合。転倒の危険が非常に高いので、足で乗る面は磨き加工は絶対に止めましょう。

 

DSC_0043-2

 

上の写真、分かりにくいですが、一段目、地面から30センチくらいあります。しかも、一段目の足を踏む面が滑り止め加工してありません。危険ですね。

 

DSC_0047

 

こちらの階段もさっきと同じくらい高い階段ですね。しかも滑り止め加工してありません。昔のお墓はそういう部分があまり考慮されていないので、こういう階段が多いのですが、最近は多少考慮されているようです。

 

DSC_0019-2

 

最近建てられたと思われる外柵の階段です。一段目、二段目共に15センチ内に収まっております。段の上の面には、滑り止め加工が施されています。

 

ただ、一段目より少し2段目の方が高い。しかも、踏みシロのサイズが一段目は充分取られているんですが、2段目が狭い。完全な墓地の階段入り口とは呼べない外柵の入り口ですね。

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0032

「お墓物語」~お墓にまつわるエピソード集

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

 

申し込んでいた「お墓物語」~お墓にまつわるエピソード集が届きました。

DSC_0001

 

2011年3月発刊なので、6年前ですね。

 

DSC_0003

 

当時、編集委員会が時間を込めて作成したこの冊子。原稿公募しました。

委員会メンバーだった私も投稿したところ、運よく審査に通って、原稿が載ることになりました。

DSC_0032

 

その原稿が、私の父を書いたこと。当時、亡くなってそれほど経ってなかったので、石職人だった父のことを書いたところ、運よく、取り上げられ、「優秀賞」という賞も頂きました。

 

DSC_0033

 

いや、嬉しかったですね。私の書く文章が認められた初めての経験かもしれません。協会から商品(商品券でしたが。)を頂いたことのある会員は私だけではないかなと、それがひそかに自慢です。

 

DSC_0041

 

ちなみに、一番最初に載っている三浦るるさんという方の「祖父との出会い」という作品が最優秀賞です。

 

DSC_0037

当時、年次大会に三浦るるさんをご招待して、お話を聞き、記念写真も撮らせていただいた気がするな。。。結構美人な女性だった気がする。当時は19歳だとおっしゃられてたかな。

 

私にとっても、非常に思い入れのある小冊子です。

 

「お墓物語」~お墓にまつわるエピソード集(第一集)

「読みたいな~」という方は、限定100部ですが、お問合せから、メッセージ下さい。送料のみご負担でお送りいたします。

 

近所の方なら、私がお持ちしますし、取りに来られても大丈夫ですよ。

 

お問合せ先はこちらへ。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0053-2

あなたもできるお墓のメンテシリーズ①

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

 

従兄のメンヨ工事のお手伝いは2日間で終了。

DSC_0007

1.3m上がりました。
風が良く通って、頭も打たなくなって、だんだん作業しやすくなります。でも、2日間で終了。石屋さんの方が本業ですので。

 

今日は、私の加盟している「一般社団法人日本石材産業協会」の定時総会。
平成19年入会以来、ほぼ毎回参加していたのですが、今回は仕事のため、欠席です。
盛会を祈ります。

さて、お墓のメンテシリーズですが、(そんなシリーズあったっけ。。。(^_^;))
お墓の文字に赤色を入れることがありますね。

DSC_0053-2

例えば、こんな感じ。(一部画像を処理しております)

 

裏書きと言いますが、お墓を建てた年月日と建てた人の名前を刻みます。

その建てた人が生きているなら、朱文字と言って、赤い(朱色)を入れます。

本来、亡くなった人がお墓を建てる訳がないので、この朱色は入れる必要があるかどうかは不明ですが、いれる場合と入れない場合があります。

本来、生前に「戒名」を頂いた場合、その通常亡くなったのち頂く戒名を、生きている間に頂いたという証のために朱色を入れます。

 

それも、「戒名」6文字のうち、真ん中の2文字、つまり戒名の部分に朱色を入れるわけです。

 

それを、流用というか、意味を拡大して、俗名に朱文字が増えてきているようです。

 

なので、おおきた石材店では赤色(朱色)を入れてほしいというリクエストがある場合のみ、朱色を入れますが、基本この裏書きの俗名には、その他の色を入れます。あるいは、色を入れないか。

 

その朱色の色を落として、違う色を入れる方法をご紹介します。

 

まず必要なもの。

DSC_0049

ラッカーうすめ液。シンナーと俗に読んでおりますが、ホームセンターで販売しております。

DSC_0058

塗料はがし剤とか、ラッカー剥離液、とか呼びますが、こちらもホームセンターで売っております。

DSC_0053

細筆。どんな筆でもいいですが、細目で。水彩画用がいいのかも、です。

 

あと、水とラッカーうすめ液や塗料剥離剤を受けるコップの様なもの、湯呑などがあればいいですね。

更に、必要に応じて、養生テープ。(布テープ、クラフトテープでも可)

 

まず、作業前の状態。
建墓後、5、6年の比較的新しいお墓です。

DSC_0051-2

お墓が新しいということは、塗料も比較的新しいということ。
塗料のはがしも簡単な可能性があります。

 

DSC_0057-2

剥離剤(塗料剥離剤)を筆にとって、塗り込みます。ややゼリー状なので、簡単に濡れます。説明書に書かれているように、塗り込んでのち、多少の時間放置します。

 

下に垂れ下がって、違う字の色も落ちてしまう場合もあるので、ガムテープ、布テープ、養生テープなどで、文字の下に塗料受のためにある程度重ねて貼っておくことをお勧めします。

 

DSC_0063-2

ある程度、塗料が分解されてきたな、と感じたら、塗料をウエス(布)で掬い取るイメージで掬い取り、新しい剥離剤をもう一度塗り込みます。

 

先の細いものにウエスを巻いて掬い取るときれいに取れますね。

 

DSC_0065-2

三回目。塗り込んでその後、掬い取った状態。

 

かなり朱色(赤色)が落ちてきましたね。

 

上に黒を塗り込むなら、この程度でも大丈夫なのかもしれませんが、その上の黒色が劣化ではがれた時、下地の赤色が見えたら、非常にカッコ悪い(手抜きな仕事)に見えるので、もっとしっかりと取りたいと思います。

 

ちなみに、上に塗る色が白の場合、この程度では、白と赤が混ざってピンク色になったりするので、白を塗る時はもっとしっかり落とします。

 

DSC_0068-2

ここまで落ちたら、大丈夫でしょう。

 

この上から黒色を塗ります。

 

 

DSC_0077-2

 

完成。

 

いかがですか?

 

ホームセンターで売っている物だけで、これだけできますよ。

是非お試しを。

 

「不器用で自分ではできない」
「遠方で大変なのでやってほしい」
という場合、代行いたします。

お問合せ、質問はこちらへ。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0007

家曳のお手伝い

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

DSC_0015

久々の雨模様の兵庫県豊岡市です。

今日は、従兄がやっている「家曳」のお手伝い。
急きょ、応援に来てほしいということで
舞鶴市まで来ております。
2時間ですよ。2時間。

遠いな、舞鶴。。。(^_^;)

DSC_0001

水害で水に浸かった家です。
また水害があっても浸水しないように、地盤を高くするそうです。

 

DSC_0004

普段なれない仕事なので、
きついですね。腰が。。。(^_^;)

 

DSC_0007

約90センチ上がりました。
今日も応援に行きます。
最終的には2m上げるそうです。

私は今日で、お役御免させていただきますが。。。
多忙のようです。
私も忙しいですが。。。
お互いヒマでなくてよかったね。

有難いです。

 

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0050

お墓の引っ越し~クレーンでの移動

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

先日、解体したお墓。
今日は引越ししました。

カニクレーンが入れない墓地なので、
この三又という伝統的な手法で、石をとりあえず、解体。

DSC_0016

本日は、「近畿工業」さんという会社に依頼して、
25トンの大きなクレーン
(俗にラフタークレーンと呼びますが。。。)で
吊り上げて頂きます。
社長さんがご近所なので、
いつもお願いしています。

 

どうして直接吊らないかというと、
下見してもらって、ギリギリ届かない、
という判断だったので、
ギリギリ届く場所まで自分で移動したわけです。

それでも、
大きなクレーンだと
仕事が早い!!
お昼には、終了しました。
感謝\(^▽^)/

とにかくデカいです。

DSC_0028

ここまで(結構高い場所ですが。。。)
あがって来れるか、心配しましたが、
大丈夫でした。

DSC_0033

このブームの先にさらに延長して、
孫(まご)出しという延長をして
それでも、ギリギリ届かない。。。

DSC_0034

現場から見ると、そんなに遠く見えないのですが。。。

DSC_0036

木の枝が邪魔で、
よく見えないですね。

DSC_0040

先っぽ、孫が出ております。

DSC_0043

このように、きれいさっぱり
何もかもなくなりました。

 

DSC_0044

お昼前、ちょうど作業完了。
この孫の収納システムがまた
興味深い。。。

DSC_0052

特に
この孫ウデ(赤くて長い部分ね)が

DSC_0056

下から、横に収納される
システムが、興味深く
みんなで見学。
動くたびに
「おーーー!!」と
歓声。
男はいつでも、
この手のメカものに
弱いですね。

またお願いします。

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「庵治博」~一番お世話になった人

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

 

庵治博の記事、今日が最後です。
この2日間で一番お世話になった人、
この人です。

レムジア赤

いや~カッコいい~、
じゃなかった。。。
間違い間違い。。。(^_^;)

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

大川弘展さんです。
言わずと知れた、庵治の顔であり、
石工職人と社長の2つの顔を持つ男です。
(→㈱大川石材のHP

去年と今年となぜか2回もプロジェクターをお借りして、
いまや、石材業界一の「プロジェクターの人」と
(私の中でだけですが。。。(^_^;))
唯一無二の人となっております。

庵治ソムリエ養成講座でもお世話になり、
今回の
「庵治ストーンフェア青年部交流会」でも
お世話になり、
個人的にも、お世話になり(仕事の上でね。。。)
委員会でもお世話になり、
お世話になりっぱなしな人なのです。

なので、今回、少しだけその恩返しとして、
「大川弘展の紹介記事」を書いてみます。
(いつも紹介記事書いてるし、というツッコミは入れないでね。。。)

庵治産地で最も有名な加工工場の一つ、
「㈱大川石材」の代表取締役であり、
庵治産地でも最も有名な人の一人でもある
大川さんは、石職人でもありますよ。

tumblr_oi3z7sfX7p1ud02r0o2_500

日本中の石職人の中で、ナンバーワンは誰だ!!
というコンテスト、
「技能グランプリ」というコンテストがあります。
そこで見事銀賞。2番という成績を収められました。
なんだ、2番かよ、と思うのは、ホントの素人。
このコンテストはホントにレベルが高くて、
そこらの石職人では到底、太刀打ちできないレベルなんです。
時間制限も結構シビアだしね。

(その様子をレポートされている「大川石材ニュース」

これで銀賞というのは、ホントの超一流の職人の証なんですね。
私が言うのは、おこがましいですが。。(^_^;)

そして、本業の石材加工、特に研磨には、人からならぬこだわりが
あります。
まあ、ホームページをご覧になったら、そのこだわり具合が
半端ないこだわり具合だと、実感できるでしょうね。

研磨工程、こだわりを詰め込んだページ

その上、ホームページに石材加工のお問合せフォームが
あるページって、そうあるものではないですよ。
石をちょっと加工してほしいな、という人は、ここで尋ねてみることを
お勧めしますよ。

石材加工のお問合せフォーム

(ページの一番下にお問合せのリンクが貼ってあります)

 

そして、庵治産地の中でも若手に信頼が厚い人でもあります。
こう書いてきたら、欠点が見えないな。。。

 

DSC07938

 

なぜなのかは知りませんが、「赤」が好きなことでも有名です。
「レッド」とも言いますが。

その大川さんの会社が出店していた
「庵治ストーンフェア」
そこで、イチオシだったのが、

DSC_0116
大阪泉州で採掘される「和泉砂岩」のお墓。
一見、普通のお墓より、グレーぽいな、って感じですが、
触ってわかる。
吸いつくような、非常にセクシーな触感です。

 

「触感で楽しむお墓」

 

これは、新しいお墓ではないでしょうか?
ギラギラ光沢のお墓ではなく、
シックにマットな感じも通好み。

大人のお墓選びは、この和泉砂岩で。

(CMのキャッチコピー、使ってくれていいですよ。大川さん。。。(^_^;))

DSC_0113

堆積岩なんですね。
このグレー系は玄武岩系か、安山岩かなと
思ったんですが。。。
大阪でこんな石が採れるなんて、素敵ですよね。。。

機会があればこの石を是非、触ってください。
触ればわかる、石の魅力。

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0073

「庵治博」で会った皆さん、ありがとうございました。

 

 

 

庵治、高松でお会いした人をご紹介してます。
普段あまり会えない人を中心にセレクトさせていただきました。
その点、ご了承ください。

dsc_0103-2

筒井先輩、久しぶりにお話しできて感謝です。
写真も撮れなかったけど、是非約束は果たしたいですね。
岸本さんと三人で飲んだ(私は飲んでませんが。。。)神戸が
懐かしい。。。

 

 

MTW201602263805100016787

和泉憲さん
ソムリエ、交流会とホントにお世話になりました。
(有)太元屋さんのブースに寄ったんですが、
お留守だったみたいでした。

これからもよろしくお願いします。

19059171_925572947580615_5868743589594781351_n

特等席で挨拶聞かせてもらいました。
私と大橋さん、竹ノ内さんも写ってるな。
お隣だった三和研磨工業㈱竹ノ内さん

12047030_1000235059998624_5141706906470481480_n

何かとお会いする機会が多い竹ノ内さん、
今回も交流会お隣でしたね。
定時総会は大役ご苦労様です。
頑張ってください。

 

 

263560_112079228886628_4822281_n

同じ兵庫県の作用の山﨑さん
委員会参加ありがとうございました。
是非正式メンバーになってください。
よろしくお願いします。
山﨑石材店(兵庫、佐用)

 

14502836_699953323494394_8524811237102598146_n

田中貴章さん
ソムリエトリオのうち、私だけで遅れてしまいました。。。
何とか、田中さん、久保田さんに追いつきたいと
思っております。
委員会もよろしくお願いします。
西村石材店(兵庫県、宝塚市)

 

 

15326587_102170176945561_5973028049789693224_n

野母さん、金山さん(写真がないです。。。(^_^;)
ありがとうございました。
お酒好きなのは知ってましたが、
あそこまでとは。。。(^_^;)
これからもCS委員会、よろしくお願いします。
石のみやび(神戸、明石)
金山工業株式会社

17362451_1278367295591253_2077879014642815530_n

藤原さん、いろいろご心配かけまして、
ありがとうございました。
車はまだ帰ってきてません。(^_^;)

孔雀株式会社

 

そして、最後に、あの人をご紹介します。
一番お世話になったあの方を。

明日。。。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0105

「庵治博」で気になったこと③~納骨袋と庵治石のお墓は相性がいい

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

全く関係ない話をしていた時、隣のあるブースが気になって、
よく見たら、見かけた安部さんの納骨袋。

DSC_0105

「やすらかに敦」

DSC_0109

このシックな「納骨袋」

DSC_0112

大切な人の最期にふさわしいものだと思います。

さらしの納骨袋は2年でボロボロになってしまうことが判明しましたし、
せめて5年間くらいは、大切にご遺骨を守ってほしい、となれば、
この安部さんの「やすらかに敦」しかないのかもしれませんね。

 

予想外の出会いがありました。

今回、「石栄会」の会長に就任されました、島本健一郎さんの会社
(有)島本石材工業さんもブース出展されてました。

19059498_1489126314513804_1117459842085356389_n

写真を撮り忘れたのがあまりにも残念なんですが、
一枚だけ、勝手にお借りして載せます。

お墓の中って、どうしても湿気が溜まって、じめじめしがち。。。
そこを何とかできないかと、職人ならではのアイディアで、
ひじょーに湿気の溜まりにくい、通気性のいい、
でも、お墓の品位を貶めないお墓を展示されていました。

外見からよく見たらわかる工夫もありますが、
納骨室の中も工夫がされてます。
そして、なによりも

センスいいな。。。

こういうセンスは生まれつきなので、
なかなか習得できないのですが、
魅力的なお墓です。
いつかは、島本さんの作られたお墓を建ててみたいと
ホントに思いましたよ。

 

 

そして、この方のブースにも行ってきました。
ずいぶんいろいろしょっちゅう会っている気がするんですが、
実際にお会いするのは、大阪のストーンアシスト以来。

ピコムさんのブース。

湯口さん1
📞 大北さん、最近どうですか?

 

DSC09427-2
📞 
いやいや電話じゃないんだから、会話形式にする必要ありますか??

 

湯口さん1
📞 大北さんのお蔭で、たくさんの人が興味持ってくれてますよ。ありがとうございます。

 

DSC09427-2
📞 
(この人、全然人の話聞いてないな。。。(^_^;))
よ、よかったですね。頑張ったかいがありましたよ。

そこへ、やってきたのは。。。

10689498_776365799116829_5707379782211866589_n
📞 
湯口さん、来たよ!!

どうやら、高橋さんもこのシートを使ってみようかなって思われているようです。
私が思うよりも、このシートを使って文字彫刻してみようと思われている業者さん多いようですね。
あなたもどうですか?

 

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
20170614064435725_0001

日本の石でお墓を建てたい方必見~「庵治博」で気になったこと②

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

「庵治博」で気になったもの2つ目は。。。

DSC_0092

ご無沙汰してます栄龍石材の米田さんです。
大切な人を供養したい。その想いからできあがっております。

DSC_0096

業界向けイベントではありますが、
お墓を建てる人、エンドユーザーに向けた新しい試み。

20170614064435725_0001

その名も「蜘蛛の糸」

DSC_0098

初日の早い時間ですが、もう予約済みの赤札が。。。

DSC_0099-2

このように、石は「北木石」なのですが、
磨いてないお墓です。
磨いてあるのは、面のみ。
出来るだけ、リーズナブルに日本の石のお墓を
提供できないか、というアイディア。

ワンサイズのみの製品なので、
どんな形でもというわけではないですが、

「あんまり予算がないのよ。。。
でも、日本の石で、できれば北木石で建てたみたい。。。」

悩み3

というご要望の方には
一度、検討してもらいたいお墓ですよ。

日本の銘石、北木石。
+栄龍石材謹製。

20170614064435725_0003

「輝きより守りたいもの」
光沢あるお墓は魅力的ですが、一番コストもかかります。
そこよりも大切なことを栄龍石材は考えます。

「一分に注いだ職人魂」
それでも、職人魂を入れるのが、栄龍カラー。
一分の面に全ての職人魂を。

「行き場を失った在庫の石材を使用」
ここが最大のポイントですね。
なぜこの値段で出来るのか、の最大のポイントがここです。

これ、
これだよ!!
これを探してたんだよ!!

おとうさん
と、おっしゃる方が必ずいるはずです。
栄龍石材からの新しい提案。

「蜘蛛の糸」です。

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0083

「庵治博」で気になったもの①~岩田さんのお花

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

香川県高松市へ行ってきました。
年に一度の石材業界で一番大きなイベント、
「庵治ストーンフェア」です。
今は、高松市の一部になってしまいましたが、庵治牟礼地区は
日本一の石材採掘加工地です。
日本一の銘石「庵治石」が採掘される土地でもあります。

そこで毎年、行われる石材業界最大のイベントです。

さて、2年ぶりに参加した今回、いくつかご紹介します。

DSC_0083

いつもお世話になっている岩田弘美さん
いまや、エンディング業界の顔ですね。
(一社)ジャパンフューネラルフラワー協会の代表理事です。

うちの展示のお墓のお花を作って頂きました。
夏にぴったりのひまわりです。\(^▽^)/
ありがとうございます。
感謝です。

このお花はまた展示して、ご紹介したいと思います。

おおきた石材店で施工したお墓にお供えする
アーティフィシャルフラワー(造花)は
基本的に岩田さんにお願いしております。
しかも、
全て「お任せ」

なぜなら、

岩田さんには、絶対的な信頼感があるから。
岩田さんなら、予想以上のお花を必ず作ってくれるから、
岩田さんなら、必ず毎回、アベレージで
最高品質のお花をつくってくれるから。

絶対的エース、絶対的信頼感。
そこを裏切らないのが、岩田弘美さんです。

岩田さんのお花を扱えるのは本当に有難いことです。
世界に一つしかない、
「岩田弘美が作るアーティフィシャルフラワー」
あなたのお墓にもどうですか?

お問合せ先

もっと詳しく知りたい方はこちら。

 

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0033

「庵治での忘れ物」②

おはようございます。

但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

 

いつも旅行はトラブルが付き物。
今回はけっこうなトラブルでした。

DSC_0033

「庵治での忘れ物」②

http://ameblo.jp/ohkita-sekizai/entry-12282806695.html

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0005

「庵治での忘れ物」という旅行記、書きます。

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

DSC_0005

庵治ストーンフェア、庵治博と題して、開催されております。
今日までです。(日曜日)ぜひご参加を。

「庵治での忘れ物」①

http://ameblo.jp/ohkita-sekizai/entry-12282706468.html

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0004-2

Q312~田舎のお墓はどうして、お参りしにくいの?

 

田舎のお墓は、こういう高い場所に建っている場合が多いですね。

DSC_0013

こんな所や

DSC_0006-2

こんな階段の上や

 

DSC_0096

こんなに高い山の上とか、

 

DSC_0004-2

ときどき登るのが辛くなる場所です。

お墓に行くだけで、息が切れて、
汗だくとなるような場所。

どうして、こんなところに建てるのよ!!

プリント

そういう声、よく聞きます。

でも、これは理由があります。

お参りしにくいお墓。
このお墓の共通点。
お参りしにくいだけではなく、
「見晴らしがいいお墓」ということです。

昔は、
亡くなった家族は霊となって
生きている家族を見守ってくれていると考えていました。
なので、
自宅が良く眺められて、見晴らしのいい裏山の中腹などに
お墓を建てた、と考えられます。

まず、
亡くなった家族の都合を考えて、
お墓を建てていたんですね。

今は、お参りする人が
お参りしやすいお墓。
そういうお墓ばかりです。

お参りする人の都合を考えて、
お墓を建てています。

どちらがいい、
どちらが悪い、はありません。

でも、
お参りするのが大変な、山の上にある方は
「ご先祖様が、大変な思いをして、
すごい場所に建てたんだな」って
思ってもらったら、間違いないと思います。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0031

「お墓じまい」しようとお考えの人、全てに知って頂きたい。

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

DSC_0031

久々に雨降りの兵庫県豊岡市です。
豊岡のランドマーク、来日山がぼんやりとしてます。

今日は現場は休みで、週末の準備、工場での加工、書類作成などを
しようと思っております。

さて、皆さんの中で、
「お墓じまい」しようとお考えの方、いらっしゃいますか?
おそらくいらっしゃるでしょう。

お墓を管理されている。
先祖代々のお墓。
でも、後を見てくれる人が誰もいない。
私が亡くなったら、おそらく無縁墓になってしまう。
「お墓じまい」なんてしたくないんだ。
でも、仕方ない。。。

そういう方、多いのかもしれません。

私もご先祖様と一緒にお墓に入りたかった。
父や母や、おばあちゃん、おじいちゃんが眠っているお墓に
少しでも一緒に入りたかった。
でも、それはできませんね。
残念ながら。。。

ところが、
それが可能となるかもしれないのです。
実は。。。
ほんの僅かかもしれませんが、
あなたもご先祖と一緒にお墓に入ることが
出来るかもしれないのです。

「お墓のみとり」というサービス。
そんなサービスです。
6月19日からスタートするらしいです。
実は私の誕生日。。。(関係ないですが。。。)
そんなサービスの代理店をさせて頂こうと思っております。

週末、代理店説明会が開催されます。
それに参加してきます。
是非、ご期待下さい。

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0013

お墓の引越しにも地域差があるかな

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

DSC_0013

昨日は比較的涼しい一日でした。
夕焼けもいい感じでした。

今日は、お墓じまいではなく、
「お墓の引っ越し」をさせていただきました。

山の上、お参りも大変。
少しでもお参りしやすいように。
そういう気持ちは、おそらく誰でもお持ちだと思います。

都会に住む方は、田舎のお墓ではお参りが難しいし、
子どもの代になると、余計お参りしなくなるだろうと
お墓を近所の霊園に引っ越そう、という場合が多いのだと思いますが、

田舎のお墓は、どこもそこも、山の上とか、中腹とか
結構高い、お参りしずらい場所にあるのです。

(でも、それには、大きな意味があるのですが、
今日はその話ではないので、触れません。)

山の上にあるお墓をお参りしやすい、平地の墓地へ
お墓の引っ越しをされることが多くあります。

そういうお墓移転の工事の今年一件目。
墓地の前まで行くだけで、一仕事したような気分になる
そんな場所から、駐車場の真ん前の非常にお参りしやすい墓地へ移転です。

 

 

DSC_0001

大きめのお墓ではありますが、
カニクレーンが入らない斜面のお墓なので、
旧来の三又という方法でお墓を仮撤去、

長い板の上を毛布をひいて、
墓石を転がしながら、移動させる方法で、持ち出しました。

一日で必要な石は持ち出せましたので、
今日は、その他の石の解体です。
後ろのブロックは後ろの墓地の土留めとなっているので、
そのまま残し、前の部分の石、墓地内の土、砂利、コンクリートなどを
搬出します。

明日から雨なので、
何とか今日中に終わらせたいですね。

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
5728173840_67f65c6a45_o

週末はいろいろイベントが。

夕方更新です。

長袖一枚では、寒い。。。(^_^;)
6月5日の兵庫県豊岡市の朝だったのですが、

DSC_0006

やっぱり日中はそこそこ暑かったですね。

私の住む野上区近辺に最近、「熊目撃」情報があって、
うちのすぐ近所でも発見!!という連絡。
熊、気を付けましょう。。。(^_^;)

5728173840_67f65c6a45_o

今週末、10日土曜日、11日日曜日と庵治ストーンフェアという
庵治石が採掘される庵治牟礼の石の展示会が開催されます。
私は10日の午前中のみ、見学に行こうと思っております。

◇ 長々と連載していた「透明マスキングシート」をお披露目される
「ピコム」の湯口さん
湯口さん1

(湯口さんには、別件でも聞いておきたいことがあるんですよね。)

ピコムさんは文字彫刻関係の墓石関連のお仕事をされている会社ですが、
今年から満を持して、文字彫刻用のウレタンマスクシートの開発を
されています。



◇いつもお世話になっている(一社)ジャパンフューネラルフラワー協会の岩田さん

11393059_691284617663994_8691178434016991076_n

 

◇ 今年出店されるので、是非お邪魔したいと思っている
  (有)島本石材工業の島本健一郎さん
※ 了承を得てないので写真はないです。。。(^_^;)

 

◇ 今年は会えるかな、筒井先輩

※ 探してもどこに行ったか画像が見つからないので
写真はなし、です。。。(^_^;)

 

その他、いろいろな人にお会いできるのを楽しみにしております。
一年に一度の石の祭典。
庵治ストーンフェアです。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」