花立石の改修作業しております。


おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

ちょっと古いお墓の場合、
花立の石にお花を立てるのに、直接石にお供えするタイプがあります。

DSC_0001-2

このような、形ですね。

直接、花立石の中にお花を挿すと、
お花が枯れてしまったら、その中で腐ってしまったりして、
掃除するにも、石自体をひっくり返して
水を流しながらの掃除となります。
非常に面倒で、
非常に効率が悪いですね。
特にたくさんお花をお供えする場合、大変すぎます。

そこで、最近のおたらしいお墓の花立は、この穴にステンレスの筒を
挿入してそこにお花をお供えするスタイルに一新されています。

じゃあ、うちのちょっと古いお墓は
大変だけど、我慢しろって、言うの!!

プリント

いえいえ、簡単にする方法がありますよ。

いろいろ方法がありますが、
いちばんおおきた石材店が使っている方法をお教えします。

DSC_0110

まず、穴の大きさを大きくします。
穴が小さいとその中にステンレスの筒を入れるので、
更に穴がちいさくなって、
ホントに僅かしか、お花をお供えできません。
お一人のお墓、ご夫婦だけのお墓なら、我慢できるかもしれませんが、
代々墓、〇〇家之墓というお墓なら、せめて、60ミリくらいの穴を
開けた方がいい気がします。

というわけで、穴を開け直しました。

DSC_0116

左が穴を開けなおした花立石。
右が元々開いていた大きさの花立石。
ずいぶん大きくなりましたね。

DSC_0117

直径が58ミリの花立の筒です。
以前の花立の穴では
到底、入りませんよね。

DSC_0120

開けなおした方の石にはすっぽりと入ります。
(まあ、当然ですが。。。)

DSC_0128

このように、左右両方開けなおします。
開けなおすと言っても、簡単ではないわけです。
底の方の石が残ったとき、きれいに取れないと、
完全に筒が石にフィットしないので、浮いたようになってしまいます。
それを完全にフィットするようにするには、底に残った石を
長いノミで丁寧に取り除かなくてはいけません。

それだけではありません。

ちょっとお墓のことに詳しい人ならわかるかもしれませんが、
穴に雨水などが溜まると、筒を上に押し出したり、
場合によっては、完全に筒を外に押し出したりすることもあります。

また、豊岡市のように冬に氷点下になったりする地域では、
その残った水が凍って、花立石を割ってしまったりもするのです。
だから、
その穴に残った水は外に出るようにしなくてはいけません。
筒の中に水を受けるので、石自体には水がなくてもいいわけです。
いや、むしろ、
水はない方がいいのです。

そこで、横穴を開けます。

DSC_0135

水抜きの横穴を開けます。

DSC_0138

左右、両方にね。
DSC_0004

黒の色を入れて、
完成です。
水抜きの穴は、

DSC_0006

右の穴は、こちら側。

DSC_0008

左の穴はこちら側。

穴が見えるのは、かっこ悪いので、中側に空けてたこともあったんですが、
中側だと、真ん中の水鉢とピッタリくっ付いてしまうと、
水が逆に抜けないこともあります。

DSC_0004-2

この写真のように、隙間が空いていると、
水が抜けないということはないのですが、
逆に水が抜けるは、汚れやすいでの、
その度に、石を動かして掃除しなくてはなりません。

なので、水抜き穴は外側に空けるようにしております。

 

 

お墓そうじの一番大変な作業が、
花立の掃除なの!!っていうあなた、
この機会にステンレスの筒に変えてみませんか?

 

 

【花立の穴開け直し+横穴開け+ステンレスの筒】

http://ohkita-sekizai.com/?p=11643

 

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。