ブラストシート体験レポート⑫~本命シートを試す


DSC_0040

ずいぶん前に、頂いたブラストシートの透明なバージョン。
厚みは0.5ミリ。
こいつは、今回試したブラストシートの中で、
最終改良型です。
石の地が見える。
黒玉、白玉が透けて見える。
なので、原稿を写す時点で、微調整できる。
というすぐれものです。

DSC_0006

板石(厚めな石)に貼ってみました。
えっと、シートが張ってあるのかどうだか、分かりませんね。。。(^_^;)

DSC_0002

この文字を彫ってみます。
楷書体です。
斜め下から写真を撮っておりますので、上の部分が
小さく見えますが、普通の文字です。

DSC_0008

いつものように、手切りで切り取り、
残ったコピー用紙も剥がしていくと、
ほ、ホントにどこがどうだか、わかりません。

 

湯口さん1
📞 シート自体に色を入れると、一つ前の白いシートと同じになってしまうので、ある方法で少しだけ色を入れようと思ってます。
その方法は。。。ヒ 、ミ 、 ツ 、ですね。。。(^_^;)

 

DSC09427-2
📞 え、そんな方法あるんですか?
(どうでもいいけど、いきなり出てくるな。。。(^_^;))

 

湯口さん1
📞 あるんですよ。あるんですよ。それはさすがに大北さんにも教えられないですが。。。
庵治ストーンフェア、楽しみにしておいてくださいね。
お披露目しますから。。。\(^▽^)/

 

DSC09427-2
📞 はあ。。。
ちょっとぐらい教えてくれてもいいんじゃないですか??

 

湯口さん1
📞 。。。(また切れてる。。。(^_^;))

 

ということで、
仕方ないので、彫刻しておきます。
DSC_0017

コピー用紙をはがすと、ホントに何がマスクしてあるのか、
さっぱりわかりません。。。(^_^;)

DSC_0031

養生テープも端っこに貼っておきます。
が、養生テープの件は、前回のテストで解消しておりますので、
問題ないかと思います。

DSC_0043

空という字を彫刻してみました。
6キロ圧で彫刻。
しっかりと深く彫ってみました。

DSC_0049

かなりしっかりと残っております。
一部、輪郭が崩れそうになっている部分がありますが、
問題あるレベルではありません。
今回、かなりハードルを上げて彫っています。
通常、私は、荒彫りは6キロ圧くらいで彫りますが、
このような仕上げ前の彫刻は5キロ圧くらいで彫ります。
その後、仕上げはさらに減圧して掘るのが通常ですが、
ここまで、6キロ圧で彫刻したのは、久しぶりです。

にもかかわらず、
某有名シートメーカーのゴムの1・5ミリのシートと同様の
彫り方(それ以上の圧力)で彫っても、問題なく彫刻できました。
これは、ホントに画期的ではないかなと。

厚みが0.5ミリですよ。3分の1の厚みで彫れるのは
ホントにすごいです。

続きも彫ってみます。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。