非常に珍しい事例です。


おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

 

DSC_0031

梅雨明けも近いのか、激しい雨が各地で降っております。兵庫県豊岡市も知らぬ間に降ったようです。。。(熟睡しておりました。。。(^_^;)

昨日は、但馬地方ではあまり聞かない「遺品整理士」の方を紹介していただいて、情報交換いたしました。但馬では、ほとんど検索しても出てこない遺品整理士さんですが、今後どんどん需要は増えてくるはず。5年後には、かなりの数に上るのではないかと、のお話でした。その点では私も同感ですね。遺品整理士、但馬地方では、たくさんのご要望が眠っているような気がします。。。

 

私はしませんが。。。(^_^;)

 

で、そのあと、お墓そうじをネットでご依頼いただきました。

 

すでに東京に住んでいらっしゃって、全く掃除に行けないので、代わりに掃除というか、草取りをしていただきたいとのこと。

「お墓そうじ」だけはね。シルバーさんが安い価格で請負されるので、値段で負けることが多いのですが、それはそれで仕方ないな、と思っておりました。草取り、墓掃除だけですからね。

今回もダメ元で、お墓の下見に行きました。

DSC_0011-2

 

が、お墓見た瞬間。化学反応が。。。

「このお墓は、私に掃除してもらいたがっていらっしゃるようにしか見えない!!」
(ちなみに、このお墓は他の石材店様が建之されたお墓ですよ。。。(^_^;)

 

DSC_0013

後ろも雑草が生い茂っております。

DSC_0016

こっちもね。

 

私がこの草を引っこ抜きたくて仕方ない、という方が正しいですが。。。とにかく、このお墓を何とかしたい!!

 

というわけで、金額だけ、電話にてお返事しました。

まあ、いつものパターンで、

 

悩み3

 

「それでは、家族と相談して、後日お電話します」

そして、後日。

悩み3

「家族と相談した結果、申し訳ないですが、他の業者さんに。。。」

 

というパターンがほとんどなんですが、(おそらくおおきた石材店の方が高いのでしょうね。)

今回は、電話でとりあえずの金額をお伝えすると。。

おかあさん
「あ、それで結構です」

「え、結構です、というのは??」

「それでお願いします」

と、非常に珍しいパターンになり、ご成約頂きました。

 

おおきた石材店の顕著な傾向として、

金額だけお伝えしたお客様の成約率は4割程度かな。。。。(もう少し低いかも。。。(^_^;)

逆に、

「見積書」をお送りした場合の成約率は9割、には届かないかもですが、8割以上はありますね。

 

おおきた石材店の見積書には、時間と手間と努力と汗とアイディアが詰まっております。

なので、見積書の提出には、時間がかかります。ご容赦ください。

(最後は鳴きが入りましたが。。。。)

 

実際には、普通の、自分ならこの程度の見積書なら納得するかな、という内容にしているだけなんですけどね。

 

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。