コンクリートは、時間をおかないと。。。


おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

 

今日明日と大阪と高松へ出張してきます。
大阪は会議ですが、高松へは、庵治へ検品という名のお仕事です。
非常に楽しみです。
暑いけど、熱く行ってみたいと思います。

 

お墓には、基礎コンクリートをするのが常識となってきました。
しかし、お墓とは亡くなった方のお住まいであり、その魄(ぱく)つまり、遺骨を収める場所なので、コンクリートを使うのはどうもね。。。(^_^;)

apron_woman2-4think

と、おっしゃる方もまだいらっしゃいます。お墓にコンクリートはダメ、という地域もまだまだありますが、豊岡市及び、兵庫県北部の但馬地方は徐々にコンクリート基礎工事が主流となっています。

 

でも、まだ反対派はありますが。

心の問題なので、どちらがいい、どちらが悪いということは、一概には言えませんが、基本的におおきた石材店では基礎コンクリートはお勧めします。

 

ただ、コンクリートは時間とともに硬く固まって、その強度(硬さ)によってお墓全体を支える、というものですから、今日施工して、明日を墓を建てる、というのは避けた方がいいですね。

コンクリートは適正な硬さ(強度)になるのは、4週間かかると言われます。

詳しくは、「rolling stone」 (羽黒石材工業の施工管理士、中野さんのブログ)にて、詳しく書かれております。

というわけで、お墓の防草工事のみの予定が、施主様の
「お墓、傾いてない?」の一言で、急きょ、解体、基礎工事もすることになったこのお墓。

コンクリート施工してから、3週間は。。。無理です。
もう少し早めに決まっていたら、何とかなったんですが。。。

DSC_0041

 

とりあえず、一週間以上は経過して、

DSC_0001

 

下周りだけは施工させていただきました。

ちょっと早すぎたかもしれませんが、お盆前の繁忙期なので、ご容赦ください。

(お盆の時期にお墓がないのは、大変不都合ですから。。。(^_^;))

 

今回は、非常に短期間のため、心残りですが、本来は、お墓の基礎コンクリートと言えども、4週間。

 

あるいはそれに近い期間、経過してからお墓を建てるべきでしょう。

 

つまり、お墓を建てる一ヵ月以上前に、基礎コンクリートは施工しないといけない、ということです。

 

本来はね。

なかなかできませんが。。。

 

すべきです。

 

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。