懐かしい想いで、sweet memories


おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。
会議の次の日は、香川県の高松市、牟礼町へ。

目的地はこちら。

DSC_0203

庵治美工さんです。

お会いしたのは。。。

o0400043711552137484

 

。。。レムブルー蒼磨!!

 

おっと、間違えた。

 

DSC_0196-2

庵治美工の有友慎吾さんです。

文字彫り専門の石屋さんで、とても、丁寧なお仕事をしてくれます。

でも、Tシャツ、青いですね。気づかなかったけど。。。

まあ、それはよしとして、

お客様のご要望で五輪塔の梵字を薬研彫で彫刻することになりました。

ですが、薬研彫、よく知ってはおりますが、まだ彫ったことはありません。

っていうか、手彫なので、かなりの技能を必要とします。

探してみたんですが、薬研彫をしていただける職人さんはなかなかいない。。。

 

と、諦めかけた時、

 

DSC_0184

 

「あ、知ってるよ。紹介しようか?」

 

って、あなたは誰ですか???

 

DSC_0185

 

「俺やんか、もう忘れたん。。。」

あ、加工部会長様!!!

というわけで、紹介していただいた方が、有友さんでした。

DSC_0198-2
ちなみに、こうなっております。

img_1911-crop-u303

 

やっぱりワンポイントに自分のカラーが入らないと気に入らないようですね。

 

有友さんは、最初から手彫で彫刻するのではなく、ブラストにて、ある程度彫刻してから、手彫にて、仕上げるという方法を取られております。

DSC_0174

 

庵治細目の石に底サライで、「中村家の墓」

 

DSC_0176

 

中の文字。さらえると、やっぱり文字が映えますね。

 

色の濃い石だともっとよくわかります。

 

DSC_0187

 

「家」という文字。

 

右が通常のブラスト彫刻。左が底サライした文字。

 

明らかに、文字のイメージが違ってきてます。

 

 

DSC_0188

 

ただ単に、そこをさらえた、と言うだけではなく、非常に丁寧にさらえられております。

 

さすが、文字彫刻専門、ですよね。

さて、今回の五輪塔、まだ写真はお見せできませんが、きっと素晴らしいものができる予感です。

 

 

 

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。