おおきた石材店ではこんなサービス、受けられますよ。①


おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

 

今回から、いくつかおおきた石材店でお墓を建てたり、お墓のリフォームなどした場合に受けられるサービスとか
他の石材店ではなかなかやってないメニューなどをご紹介します。

まず、第一回目はこちら。

「入刻式」です。

簡単に言えば、文字彫刻の最初の部分を実体験しませんか?というサービスです。

 

 

dsc_0031-2

寿陵墓を建てられたMさん。ご兄弟隣どおしで
素敵なお墓です。

 

 

img_20140126_10064722

娘の恩師、S先生。ご夫婦で入刻式していただきました。
更にお土産まで。

IMG_20140305_194937599-300x225

 

 

 

dsc09457

いつもお世話になっているKさん。
非常にアクティブで、いろいろなことに挑戦されます。
お墓の文字の彫刻も初挑戦。

DSC09464

ご自身で確認して、まずまずだと納得。

 

 

 

DSC_0017

あ、これは私の息子でした。。。。(^_^;)

IMG_20141228_130029

その息子の同級生のお父さん。Tさん。
ムードメーカーでいつもいつもいろいろ企画してくれます。
いつもありがとうございますね。

 

 

DSC_0032

Kさん。いろいろ面倒を見て頂いて、本当に感謝です。
入刻式もチャレンジしていただきました。

 

 

DSC_0001

友達もチャレンジしてくれました。
ありがとう。

 

 

などなど、どなたにも好評です。
「お墓の文字の彫刻なんて、素人で出来るんですね。」
「一生の思い出になります。」
「いい経験させてもらったわ。息子に父ちゃんが作ったお墓だぞって、胸張っていえるわ」
などなど。

お墓を建てるって、いいことなのかな、でも、誰かが亡くなって建てるんだから、
あまり喜ばしいことでもないのかな。。。

 

ojisan2_think

でも、金額も高額で、通常、家、車の次くらいに高額なものです。
ただ、石屋さんに建ててもらいました、で終わりでいいですか。

少しでもそのお墓つくりに参加したという思い出が、お墓への愛着となり、
お墓参りもしようかなって、思えるきっかけにもなります。

さて、誰でもこの入刻式ができるわけではありません。

条件があります。

 

① おおきた石材店で新しく建てたお墓、であること。

 

② 契約から完成予定日までに3か月程度の納期があること。

 

③ 当然ながら、建てる人、施主様が「入刻式」をしたいという気持ちがあること。

 

 

この3点が揃ったお墓のみ、「入刻式」をさせて頂いております。

 

費用は無料で実施しております。また、日曜日でも対応させていただいております。
(※ 土日祝日対応させていただいておりますが、対応不可の日もございます。ご了承ください。)

いかがですか。

入刻式、してみたくありませんか?

 

 

「入刻式」をし手お墓を建てたいという方、ぜひ一度、お問合せを。→→→問合せ先

 

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。