Daily Archives: 2017年8月10日

ohaka_souji

お盆前の風景

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

 

お盆前のこの時期、久しぶりに大きめの寺院墓地のお仕事をさせて頂きました。

いつもは、地元の墓地とか、小さめの墓地が多かったので、それほど気にしていなかったんですが、
やはり、お墓そうじに来られる方、多かったですね。

10台くらいしか止められない駐車場なのですが、ほぼ満車状態の時間もありました。

(すいません。うちがトラック止めてたので、余計難儀されたかもしれません。ごめんなさい。)

◇お父さんと中学生くらいの息子さん

ちょっと広めのお墓そうじされておりました。2時間くらいかけて、ご先祖様のお墓など4、5基のお墓を
丁寧に水洗いしながら、二人でいろいろなお話をされていました。どちらかと言えば、息子さんの方が熱心で、おそらくお父さんの影響でしょうか、一生懸命お墓を洗っておられました。

 

◇80才代くらいのご夫婦

タクシーで駐車場に。かなり足腰が不自由に見えて、歩くのが大変そうなお二人でしたが、しっかりとお墓参りされておられました。お墓そうじは誰か別の人がされたのかな。。。わざわざタクシーでを乗り付けてお墓参りされるのって、やはり、お墓は大切なんだなって、感じました。
◇一見、30才台くらいのご夫婦と子供たち

箱バンでやって来られました。お墓参りするような感じには見えないご夫婦でしたが、子どもたちを連れて、しっかりとお墓そうじとお墓参り。おそらくそのご夫婦のお父さん、お母さんにも連れてこらえていたんでしょうね。親から子、子から孫へとお墓参りの習慣が伝わっているのを感じました。

 

◇高級外車でやって来られたご夫婦

お墓とは場違いな高級外車に載って、お墓そうじされておられました。格好は、Tシャツと短パン。こっちはお墓参りの恰好ですね。途中から険悪な雰囲気。。。でも、お墓掃除はしっかりとこなされておられました。

 

それ以外にも、自転車で来られた人、歩いてこられた人、お母さんと娘さんの二人で一生懸命お墓の石を磨いておられたご家族など、
たくさんの皆さんがお墓参り、お墓そうじに来られたいました。

お墓参りに来られた皆さん、お邪魔をしてすいませんでした。

いかに皆さんがお墓を大事にされているか、実をもって、感じさせていただきました。

ありがとうございました。

改めて、お墓を大切にされている皆さんを身近に感じて、本当に心を新たに、お仕事頑張りたいと思いました。

追伸。

通常は、お盆直前で時期的にお断りしていますが、
お墓そうじを予定していて、出来なかったので、お墓そうじしてもらえませんか?というご要望をいくつかお聞きしております。
地元のお墓で、お世話になっているところなのでお引き受けすることにしました。

もう締め切りました。残念ですが。。。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」