跡継ぎがいなくて「お墓じまい」を考えているあなたへ。


こんにちは。

はじめまして。

おおきた石材店、大北和彦と申します。

突然ですが、お手紙差し上げます。
あなたが亡くなったら、お墓を管理してくれる方がいないので、
「お墓じまい」されるとお聞きしました。

責任感の強い、あなたの事、当然、お墓のことが心配になって、
とのことと拝察いたします。
ホントに、亡くなってからのことまで気にされている当たり、
あなたらしい、と感じました。

ですが、一つだけ心配なことがあります。

あなたが、ご先祖様のお墓を無縁にしまいと考えての「お墓じまい」だと思いますが、
もし、あなたが、亡くなったとき、
あなたのお骨はどうなりますか?

あなたが大切にしていた、そのお墓はもうありません。
あなたが常々、心のよりどころとされていたご先祖様のお墓。
あなたがいつも、お墓そうじを欠かさなかった、ご両親のお墓。
そのお墓がもうなくなってしまっているのに、
あなたはどちらで眠られますか?

いや、予め納めておいたご先祖や両親の遺骨とともに、安置してもらうよ、と
あなたはおっしゃいますが、さて、
あなたのご遺骨は、本当にご両親や、ご先祖様と一緒に安置されるでしょうか?

何年後か、分かりません。
いくらぐらい時間が経過するかもわかりません。
そのことが、私には心配なんです。

「お墓のみとり」というサービスが始まりました。
お墓じまいしなくてはならない、と考える人の肩の荷を下ろしてあげて、
その人の代わりに、
その人が亡くなった後、
一定期間後、
預かった費用分のお金で、
お墓じまいを済ませ、代金を頂きます。

 

亡くなっているのに、誰から代金を?

 

という疑問の声があなたの心から聞こえてきました。

あらかじめ、金額等を相談、見積書等にて決定しておき、
士業の方がそのお金を管理していただく仕組み。
その契約書は、公証人によって、公正証書となります。

いかがですか?

あなたは心配せず、大切なご両親、ご先祖と一緒に
眠りに付くことができます。

素晴らしいサービスですが、どこでも可能だとは、まだまだ言えません。
お墓の管理者の了承がいるのです。

ですが、

ホントに有難い話だな、と思って、あなたにお伝えしたくて、
手紙を認めました。

あなたの心に届けばいいのですが。。。

まだまだ暑い日が続きますが、御身お大事に。
またお会いできる日を楽しみにしております。

 

 

 

20525848_1433549726726485_3360135300592561482_n

 

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。