お墓建てた方がいいですよ、と思える【24個のメリット】


おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店の大北和彦(stoneman-ohkita)です。

大型台風一過の朝です。
DSC_0016

一級河川、円山川も結構な高さまで水位が上がってきてます。
避難勧告、避難指示等出ております。
充分気を付けてください。

ところで、
私はお墓を建てる仕事をしております。
たまに、
読み聞かせとか
消防団とかも
しておりますが。

DSC_0007

お墓を建てるって、すごくレアな、
数少ない仕事だと思っておりますが、
実はすごくいい仕事でもあります。

お墓を建てることで、

〇 自分が死んだ後も、残るものを作ることができる
〇 完成後に感謝してもらえる
〇 安心を与えることができる(これで、不安が一つ減りました、という意味で)
〇 その方の生きていた証を記すことができる
〇 その一家の歴史を記すことができる
〇 日本の文化「お墓の文化」の一翼を担っている、と実感できる
〇 「ものつくり」という観点でも、とても価値ある仕事である
〇 基礎工事という普通住宅でしかしない工事をすることで、プチ住宅工事体験ができる
〇 石に字を刻むことで、お墓を作る過程を体験をすることができる
(弊社では【入刻式】という自分のお墓の文字彫刻体験ができます)
〇 お墓を作ることで、仏教という宗教を深く理解することもできる
〇 亡くなった家族にお墓を建てて、そこに納める過程で、グリーフケアの効果もある
(※ グリーフケアとは、【亡くなった人(もの)】に対する喪失感、心の痛みを【ケア(癒す)】行為)
〇 家族、先祖をお墓に納骨、埋葬、供養することで、自分のルーツを確信でき、心のよりどころを確認できる
(私は一人じゃない、という確信が得られる)
〇 お墓があるから、自分の故郷であると感じられる
〇 悩み、不安などの相談相手となるものがある
〇 子供たち、家族の成長、大成を報告するものがある
〇 取り返しのつかない過ち、過失、罪を犯したときも心から謝る対象がある
〇 心の平安を取り戻せる場所が、この世に存在する
〇 お墓参りを欠かさないことで、自らの性善性、善良性を維持し続けることができる
〇 子ども、孫、ひ孫にお墓参りする姿を見せるだけで、人生の本質の一端を見せることができる
〇 子ども、孫、ひ孫にお墓参りに連れて行くだけでご先祖に対する崇敬、ひいては【生かされている】存在を自覚させられる
〇 子ども、孫、ひ孫にお墓参りさせるだけで、【他力】という人類の英知を学ばせることができる
〇 火事になって、過去帳が消失しても、先祖の事を残していける
〇 ご住職が略字で記した過去帳よりもお墓に記した文字の方が、正確な戒名を記しておける
〇 税金がかからないので、継承者の負担も少ない
〇 自宅の他に自分専用の【終(つい)の棲家】というスペースがあるという非常に贅沢な存在がある

という私が考えた、24の良いことがあります。

お墓を建てることにはこんなにいいことがあります。
ぜひ、【お墓を建ててみようかな】って、考えてみませんか?

 

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。