「お墓のみとり®」墓地管理者のメリット①


「お墓のみとり」を推進しております。
ちょっと話を聞いてみたいという方は、メールにて【お墓のみとりお問合せフォーム】まで

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店の大北和彦(stoneman-ohkita)です。

 

 

墓地管理者(ご寺院)にとっての「お墓のみとり®」のメリットの一つ目

① 無縁墓ができる可能性が低くなる

墓地管理者にとって、無縁墓が増えるのは、とても困りますよね。
それを避けるために「墓地管理台帳」を製作して、
使用者と定期的に連絡を取って、
管理料も煩雑になっても「毎年徴収」にしたりして、
いろいろ大変だと思いますが、
それでも、可能性がゼロにはなりません。

お一人様になってしまったり、
引越しされたり、
連絡しても一切音信不通になったり、

中には、お墓自体を放置して、無縁墓にしてしまうことを
確信的にする人もいないとも限りません。

ですが、
多くの人は

お墓は大事。
お墓は大事なのはよく知っているが、
施主本人がお墓を建てたんだけど、痴呆症になってしまったり、
突然亡くなってしまったりして、
家族がお墓の存在を知らずに。。。
あるいは、
お墓を建てたというのは聞いていたけど、場所が分からず。。。
お墓があっても、別の場所に納骨してしまった。。。

と言ったことが起こる可能性はそんなに低くないですね。

施主様が「お一人様」だった場合、
そのままだと自動的に「無縁墓」となりますね。
(だから、「お墓じまい」がたくさん行われているんですが。。。)

そういったお墓を間違いなく「無縁墓」にせずに、
「墓地管理者」と「施主(使用者)」双方に安心を与えるのが、
「お墓のみとり®」という仕組みです。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。