「お墓ディレクター」試験締切迫る。。。12月7日消印有効です。


「お墓のみとり」を推進しております。
ちょっと話を聞いてみたいという方は、メールにて【お墓のみとりお問合せフォーム】まで

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店の大北和彦(stoneman-ohkita)です。

石材業界で数ある資格の中で、業界にいる人誰でも資格があるが、一番取得が難しくて、一番持ってて自慢できるもの。
「お墓ディレクター1級」です。

ダウンロード

もちろん、取得が難しい資格は他にもあります。
「一級技能士」とか
「石匠位」とか、
「現代の名工」とか、
ありますが、いずれも誰でも取得できる資格ではありません。

あ、ちなみに、「一級技能士(石材加工)」は、私も頂いておりますが。

技能士は手加工の技術が一定以上ないと
取得は難しいですし、
石匠位は、営業マンとかは取得できないでしょう。
(たぶんですが。。。違ってたらごめんなさい)

その中で、「お墓」に携わるすべての人に受験資格を与えた、
「お墓ディレクター」という資格は、本当に素晴らしい資格だと思います。

about_06

「一般社団法人日本石材産業協会」は今までたくさんの事業を行ってきましたが、
この「お墓ディレクター」制度はもっとも素晴らしい事業だと思います。

「お墓って、あのお墓!!」
「それのディレクター!!」
「お墓建てるのにディレクターがいるの??」
「っていうか、ディレクターって何?」

たくさんの人に最初は不信感と疑問だらけの
質問をたくさんいただいていましたが、
最近では、もっと画期的??な資格があるので、
普通だよね。ってなりつつあります。

いや、いいんですよ。
この資格がなければ、お墓を建ててはダメ、とは言いません。

よく知っている石材店さん
ご近所の息子さんだからこの営業マンは大丈夫、
うちの義理の姉が建てた石材店さんだから

そういう知り合いの方だったら、全く問題ないです。
でもね。
全くの他人、
知らない石材店、
全く知らない石屋さんにお墓を建ててもらおうと思ったとき、
この資格を持っているか、持っていないかは
一つの判断材料となると、思います。

card_001

違いが分からない石材店、石屋さん、お墓屋さん。
その違いを見抜くための一つの材料として、「お墓ディレクター」という資格は
使えると思います。

2級は確かにさほど取得は困難ではありません。

card_002 (1)

でも、1級はホントに難しいです。
取得は困難です。
ですから、それだけ
しっかりとした知識を持った人だと判断できるんですよね。

逆に言えば
「お墓ディレクター1級」取得者であれば、お墓を建てるための最低条件は
持っていると判断されるということですね。

他店との違いを目指すなら、まずは
「お墓ディレクター1級」を目指しませんか?
1級取得者勉強会というものも毎年開催されております。
ホントに有意義な勉強会で、毎年楽しみにしております。

迷っている方、まず一度、受験してみませんか?

 

 

「お墓ディレクター試験」締切迫る!!

「第14回お墓ディレクター検定試験」受検の申し込みを受け付け中です。
受付期間は12月7日(木)当日消印有効となりますので、受検予定の方はお急ぎください。
受検の申込みは原本を郵送受付けに限ります。
まだ、願書がお手元にない方は、受検要項送付依頼書をダウンロードし、申込書原本を入手してください。

問合せ先 一般社団法人日本石材産業協会事務局

     受験要項送付依頼書ダウンロード先

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。