「お墓のみとり®」墓地使用者(施主様)のメリット④


a0001_016424_m

⑦ 後に残された人に、手を合わせる場所を残せる

お墓じまいしてしまったら、手を合わせる場所がなくなってしまいます。
本人だけではなくて、亡くなったその人と親交のあった人々。
その人々の故人への想いが、祈りの対象がなくなってしまうと、
気持ちの持っていき場所がなくなってしまう、ことになります。

どんな人でも、その故人とつながりがあれば、
プライベートで手を合わせたい、
お墓参りをしたい、という人はいると思います。
そういう人にとっても、
「お墓のみとり®」は有効です。

何故なら、一定期間、お墓の存在を留めることによって、
後に残された人々に、手を合わせる場所、
祈りをささげる場所が残せるのです。

このことは意外と見落としがちではあるかも知れませんが、
大きな癒しとなるはずです。

 

 

⑧ 「自分のために作ったお墓」に自分が入れないリスクがなくなる

生前にお墓を用意されている人は多いはずです。
自分が入るべきお墓。

でも、亡くなっても、そのお墓に入れないとしたら。

そんなことあるはずないと思いがちですが、
実はあるんです。
公営霊園にお墓を持っていても、亡くなってから、そのお墓に入れない。
そういうことは実はあるんです。

どうしてそうなるのか。
その理由は「霊苑管理」部署と「戸籍管理」部署とに連携がないから。
墓地使用者が亡くなっても、その方が市営霊苑を持っているかどうかが
分からない。知らない。
なので、誰か橋渡しする人がいない限り、そのお墓は使用者不明の
無縁墓となってしまうのです。

普通ならその家族、子どもなどが手続きを行って、納骨までをするんでしょうが、
「お一人様」だとか、そのあとまで手続きしてくれる人がいなければ、
そうなってしまう、ということ。

「お墓のみとり®」を契約していると、その心配もなくなります。
予め決められた「執行者」が全て手配してくれるから、です。

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。