お墓の価値~自然葬との比較①


「お墓のみとり」を推進しております。
ちょっと話を聞いてみたいという方は、メールにて【お墓のみとりお問合せフォーム】まで

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店の大北和彦(stoneman-ohkita)です。

 

最近、増えてきているというか、ご遺骨の新しい行き先となりつつある
新しい埋葬方法。
その長所と短所を明確にすれば、
もしかして、お墓の良さも見えてくるのでは?と思って、書いてみますシリーズ。

まず、
自然葬というくくりで紹介されやすい、
「散骨」「樹木葬」「海洋葬」「桜葬」あと、「宇宙葬」のこのカテゴリでいいのではないかな。
今年注目を集めた「バルーン葬」というやつもそうかもしれません。

osoushiki_sankotsu

この供養スタイルのいいところは、
「自然に帰る」ということを明確に確認できること。

自らの手で、自らの意思で、故人の最後に残った遺骨を
大自然に還す、ということで、
仏教的には正しいのかどうかわかりませんが、自然という循環の一部に戻して、
いつかはまた、生まれ変わるものの一部となる、という意識になれます。

実際に、私も「オーシャンブルーセレモニー」さんの海洋散骨に参加させていただいて、
その様子はこちらへ
とてもありな、いい葬送だと感じました。

とてもありな、いい葬送だと思いますが、私はしないと、おもいます。
何故なら、海が苦手だから。。。(^_^;)
つまり、

海に思い入れが強い人には、すごくいい葬送だと思いますが、
あまり海に何かを感じない人には、お勧めしにくいかと。

つまり、「自然に帰る」のその自然が自分では選べないということ。
限られた、定められた自然の場所しか選べない。

現に、どこでも海洋散骨はできません。
許可された一部の海域でしかできないです。

自分が思い入れが強い場所の近くなら、いいのかもしれないですが、
そこから遠い場所なら、そこに眠る意味が薄れてしまうかもしれません。

さらに、
海洋散骨、宇宙葬とかもそうかもしれませんが、
特定のこの場所、ということがあいまいになります。
大体、あのあたりくらいの感じですね。
昔はやった「ファジー」な感じです。
目標物も指定しにくいですし、その近くに行くにも障害(船に乗る)があります。

海洋散骨の場合、海岸から眺めて、だいたいあのあたり、というのが
おおよその感じなのではないでしょうか。

宇宙葬とかバルーン葬とかになるともっとあいまいですよね。

 

 

ohakamairi_woman

一方、
お墓というのは、きっちりと区画が区切られた場合が多く、
お墓というもの自体が祈りの対象です。
限られた「プライベートな祈りの場」というものがあります。

これがお墓の最大の強みではないかと感じております。

〇 お参りしたい時、すぐできる、
〇 時間を問わず、手軽にお参りできる。
〇 親類縁者でなくても、場所さえ知っていれば、お参りできる。
〇 回りの目を気にせず、しっかりとお墓、そしてそこに眠っている人と向き合える。
〇 いつでも行けば、そこにあるという安心感がある。
〇 お墓に行くだけで、厳かな気分になり、生と死を分けるモノを感じることができる

などが、お墓の強み、メリット、ではないかと思います。

海洋散骨は

〇 海(宇宙、大空)という自然に還る意識が高い。
〇 供養する場としては申し分ない「祈りの場」です。
〇 いつでもどこでも遠くから大体の方角でなら、お参りできる

というメリットがありますが、一方、

「パブリック」な場所で(占有できない)
〇 「ファジー」な(おおよその)エリアで(海のあのあたり。。。)
〇 その場所へ直接行く際のお参りの障壁が高い(船でいく、宇宙船で行くなど)
〇 後でやり直しができない(お墓じまいができない)。

が、でメリットだとおもいます。

以上が主なポイントだと思います。

 

次に、「樹木葬」「桜葬」「森林葬」と呼ばれるもの。
今すごく多い気がしますが、これも自然に還る、という趣旨がよくわかります。

これは、実は、その墓地によって内容は千差万別なんです。

イメージとしては上に記した「お墓のメリット」を樹木葬墓地は全てクリアしているように見えます。
でも、実はこれほど、イメージと現実が乖離している供養もない気がします。

一般的なイメージとして、
「木が植わっていて、その根元へ穴を掘って、遺骨を埋葬して、その上に土を戻す。
そして、その樹木とともに大地に還る」と想像されていると思います。
実はそういう「樹木葬」の埋葬の仕方をされる墓地は少ないと思います。
あまり表立ったことはこの文章の趣旨ではないので、書きませんが、
もし樹木葬墓地を検討されている方がいたら、
「埋葬の様子を見学できない」樹木葬墓地は避けた方がいいと思います。
ご遺族でも埋葬の様子は非公開の樹木葬墓地は多いようです。

樹木葬墓地といいながら、構造的に絶対に大地に還れないものも
けっこうたくさんあるようです。

 

さて、それはさておき、樹木葬墓地を代表する「大地に還る」系の墓地、供養方法のメリットは、

「樹木葬」はお墓と同じように、ある場所へ埋蔵されるので、お参り等は
比較的簡単にできるのですが、一つの木に対してたくさんのご遺骨という関係なので
(一対一という場合もありますが)
場所としては、プライベートとはいいがたく、パブリック(公共の場所)ではないかと

 

逆に、お墓は
やはり「プライベートな祈りの場」ですね。

それ以外の供養方法とお墓との違いは後日。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。