今年はこんなお墓を建てたい


「お墓のみとり」を推進しております。
ちょっと話を聞いてみたいという方は、メールにて【お墓のみとりお問合せフォーム】まで

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店の大北和彦(stoneman-ohkita)です。

 

おおきた石材店も本日から仕事初めです。
今年もよろしくお願いします。

20525848_1433549726726485_3360135300592561482_n

「お墓のみとり®」、「リ墓ーン®」という、お墓じまいを考える人に
ただ単なる「お墓じまい」してしまうのではなく、
自分自身も安心できる「お墓じまい」のご提案、
そして、
「お墓じまい」をするにしても、
その一部を残して、心のよりどころを残す、という
運動を広めて、お勧めしていきたいと思います。

また、

お墓を新しく建てられる人、
お墓をリフォームを考えられる人には

234×60_shinraikan

お墓の中に水が入らない、
「信頼棺」という安心感をお勧めしていきたいと思います。

お墓を新しく建てたい、
普通のお墓ではなく、自分だけのお墓が建てたい、という人には

おおきた石材様用大バナー

インターロックのプレミアム墓石をお勧めしていきたいと思います。
但馬地方ではまだまだ少ないですし、石種の違いを含めると、
「自分だけのお墓」を持つことも可能です。

yurarir6_c3

このお墓「ゆらり」を建ててみたいですね。
yurarir8_c7

ステンドグラスも選ぶことができます。

 

逆に、日本人だから、日本の石で和型のお墓を、
という人には、

栄龍石材有限会社

オール国産、日本の石を日本人の手で、日本で加工した正しくオール国産墓石、
「栄龍石材(有)謹製の日本のお墓」をお勧めします。
主に、北木石、青木石、大島石、庵治石など瀬戸内で採れた石のお墓。

栄龍石材(有)のお墓、
まだまだ、おおきた石材店では建墓数は少ないですが、
その精度の高さ、美しさを是非体感していただきたい。

DSC_0058

このタグ、栄龍石材(有)謹製のお墓です。

他にも

瀬戸内の隠れた銘石「犬島石」のお墓も建ててみたいですし、
関東の石を使ったお墓も建ててみたいですね。

そして、最後に

ちょっと考えている新しいコンセプトのお墓も建ててみたいです。

「墓相墓」の良いところを取り入れたお墓を考えています。
特に市営霊苑など狭い区画に特化したお墓です。
本年もおおきた石材店をよろしくお願いします。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。