犬島石~隠れた瀬戸内の銘石


以前、ご紹介した大阪城の最大の石、蛸石。(→「犬島石」とは

犬島石2-蛸石

これほど巨大な石をなんと瀬戸内海の犬島という島から
運んできたんですね。

直線距離にして、約130キロ。
船だともう少し距離ありますね。
何日かかったんだろ。

豊臣秀吉がその権力の象徴として建造した「大阪城」
そのために全国各地から集められた石。
各大名が競って大阪城の普請を行ったんでしょうね。

備前藩主だった池田忠雄も犬島からたくさんの石を大阪城へ送りました。
その上、近いという理由で、近隣の諸大名にも代わりに石を調達していたようです。
九州の佐賀藩の鍋島氏をはじめ、西国大名にもこの犬島の石を提供していました。

犬島石8-サンプル磨き

多少、分かりにくいですが、このような石です。
やや赤系の色が含まれますが、白みかげ石に含まれる石だと思います。
瀬戸内にはこの系統の石が結構産出されております。

兵庫県の本御影石を始め、
岡山の万成石、北木島の北木石など。

その中で一番地味な、目立たない石ですが、
実は、大阪城ばかりではなく、神奈川県の鶴岡八幡宮一の鳥居にも使われていますし、
大きな石が採れるようです。

たくさんの石が古くから採掘されていたようで
ある説によると、42万㎥の石材がこの島から採掘された、とする説もあるほど。
東京ドームと比較すると、約3分の1個分。。。微妙ですが。。。

手加工の五輪塔で有名な「翼石材」さんの五輪塔をはじめとする
「世伝石塔」シリーズ(完全手加工の正に「お墓」の”メルセデス”と言われる最高級品です)
「安寧」シリーズ(世伝石塔シリーズのお求めやすいシリーズです)
で使われている石も「犬島石」が使われています。

556830_321974127881311_147013273_n((有)翼石材の青木さん)

私も興味津々なのですが、
実はまだ扱ったことがないのです。
この石でぜひ、お墓を建てたみたい。
これが今年の目標の一つです。

実は、石としては、結構リーズナブルです。
「日本の石」
しかも、天下に名高い
「瀬戸内の石」
この石で、お墓を建ててみたいとは思いませんか?

ぜひ、一言お問合せ下さい。
いいお墓を建てますよ。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。