Monthly Archives: 2月 2018

DSC_0025-2

お墓の建て方を見学に神戸へ

234×60_shinraikan

「信頼棺R」お墓の中に水が入らないお墓をお勧めしております。
和墓、デザイン墓、インターロックプレミアム墓石でも施工できます。
既存のお墓のリフォームにも対応。
お問い合わせは、こちらへ。。

 

 

昨日はお墓の建て方(施工)を見学に神戸市まで行ってきました。

なぜ神戸へ、というと、
信頼棺®の施工を見学させていただいたわけです。
建て方に少しコツがあり、見学した方がいいということで、見学させていただきました。

確認しておりませんが、
おそらく、この「信頼棺®」を最も多く施工された職人さんの施工現場を見学。
DSC_0022-2

神戸の大きな霊苑です。

初めてお邪魔しました。
広いですね。すごい広いです。
その広い墓地の片隅で施工されていました。

DSC_0025-2

(※ 画像にボカシを入れております。ご了承ください)

2人のコンビの職人さんと施工責任者の三人。
抜群のコンビネーションで施工されています。

信頼棺の施工を見るのが目的だったんですが、
とても素晴らしい施工だったので、すっかり見入ってしまいました。
施工の仕方は、私とは異なりますが、非常にプロの技です。

途中から、「信頼棺®」はどうでもよくなってきて、
その職人さんの手さばきばかり見入ってしまってました。
ホントはお昼で帰る予定が、続きを見たくて、午後も見学させていただきました。

一枚石の拝石を施工するときのコツ、
スリングの使い方、
石を据えることの最も基本的なことが体に染みついている、という感じ。

DSC_0036-21

(※ 画像にボカシを入れております。ご了承ください)

特に、この写真(わかりづらくてすみません)、隣のお墓と境界になる部分に据える
横の石。
これって、据えるのに非常に難しいんですよね。
この難しい場所に、的確に石を固定する技術。
長い方向への水平、
石の前後左右の傾き、
隣のお墓との間隔、
正確な高さ、
全てを完璧に決めるのはホントに難しいんです。
これを、
プラハンマーとバールだけで決めるのはなかなかな技量がいります。

これをさも当然のように、笑顔で会話しながら、
施主さまがすぐ傍らで無言で凝視し続けられる中、
見学者にも愛想を振りまきながら、
素早い動きで施工される姿にすっかり魅了されました。

施主さまが見学されるのは凄いプレッシャーなんですが、
おそらく、こういう施主さまが多いので、慣れているのかもしれませんが、
自分の技量に絶対的な自信がないとこうはいきません。

ホントにいい現場を見せて頂きました。
また、施工の新しいコツもたくさん教えて頂きました。
そうか~~
そうなのか~~
え~~そんなことするんだ~~

など、いろいろ気づきと発見だらけの現場でした。
また、見学できる機会があればぜひ拝見したいと思います。
こういう機会を頂き、ホントにありがとうございました。

感謝(^O^)

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0088

納骨後の余った骨壺、どうしますか?

234×60_shinraikan

「信頼棺R」お墓の中に水が入らないお墓をお勧めしております。
和墓、デザイン墓、インターロックプレミアム墓石でも施工できます。
既存のお墓のリフォームにも対応。
お問い合わせは、こちらへ。。

 

今日伺った墓地のゴミ捨て場所にて。

DSC_0088

枯れた供花やお供え物の中に、

DSC_0089

骨壺が!!
骨壺が捨ててあります。

骨壺から取り出して、納骨した後、
余った骨壺の対処の仕方に困って、捨てられたんでしょうね。

燃えるゴミ、ではないのですから。。。

ここに捨てられるのは、管理者の方が困るのでは??

 

おおきた石材店では、納骨のお手伝いをした場合、
骨壺から納骨袋に移して納骨した場合、余った骨壺を引き取らせていただきます。
もちろん、無料で。
骨壺をくるんでいた化繊の袋、桐の箱(化粧箱)も同時に引き取ります。

繰り返しますが、
ご納骨のお手伝いをさせて頂いた場合のみです。
そのあたりに放置されるのはご遠慮ください。
墓地管理者の方がお困りになられます。

壺ごと納骨、
壺から出して納骨が半々くらいの兵庫県豊岡市では、余った骨壺をどこへ持っていけばいいのか
分からず困る場面が多くあります。
ぜひ、石材店にご依頼ください。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
ojisan2_think

こんな経験ありませんか?

こんな経験ありませんか?

ojisan2_think

今日は親父の3回忌だな。
ご住職に迎えに行く時間は確認したし、
親戚のみんなの昼食の予約も済ませたし、
ほぼ大丈夫だと思う。。。

shinpai_woman
ホントに大丈夫??
最近、忘れっぽいんだから。。。

question_head_girl

納骨って、大丈夫??
出来るの??
石屋さんに来てもらわなくてよかったの?

ojisan1_laugh

大丈夫だよ。
お墓建てた時に、石屋さんに聞いたから。
コツも教えてもらったしね。

とりあえず、まずは練習しておこう。

まず、台を用意して。。。

その台に手前に倒すように。。。

滑ったら欠けるかもしれないからね。。。
ん、意外と重たいな。

は、外れない。。。

く~~~、これでどうだ!!

ojisan2_idea

やった、動いた(^O^)

密着して、外れなくなってたな。。。

ojisan2_shock

え~~~~

中が!!!

水浸しだ!!

ど、どうしよう!!!

お寺さん、来ちゃったよ!

おーい
母さん、バケツ買ってきて!!

pose_atama_kakaeru_woman

 

だから!!言ったじゃないの!!
予め用意しておきなさいって!!!!

 

豊岡市の二つの市営霊苑、西霊苑、東霊苑いずれでも
このように、お墓の内部、お骨を納める納骨スペースが
水びたしになっていること、実はあります。

理由はいくつかあります。
水はけの悪い地盤だから
水の通り道になっている土地だから
など。
豊岡市、特に旧豊岡市街の豊岡盆地はもともと沼地だったと聞きます。
水分が地中に溜まりやすく、抜けにくい地盤の地域もあるのかもしれません。

 

そして、これも大きな原因ですが、
「お墓の構造」です。
関西型のお墓は納骨口がお墓の正面に空いており、
そこは納骨するために固定、接着することができません。

なので、
そこから水が進入してしまいます。
雨が降ったり、雪が解けたりした場合、その納骨口から
水分として侵入しやすいのです。
つまり、
「構造上、お墓は水が溜まりやすい、侵入しやすい」のです。

 

pose_ayashii_woman (1)

「それって、なんとかならないの??」

「あなた、プロでしょ?」

はい、そうなんですが、
構造上、どうしようもないんです。
そうお答えするのが、関の山でした。

DSC09427-2

「だって、仕方ないんですよ。
お墓って、そう言う構造なのですから。
どこの石屋さん、どこのお墓でも同じようにそうなっているんです。」

と、不本意ながら、お答えしておりました。

ところが、
発見いたしました。

水が進入しないお墓。
雨水が内部に入らないお墓。
雪が解けても、外にしか流れないお墓。
そんな、お墓を。

そして、

そんなお墓を販売できるようになりました。

そんなお墓とは、

234×60_shinraikan

「信頼棺®」と言います。

水が入らないだけではないのです。
いろいろいいところがあるんです。
お墓を建てようとご検討の皆さん、一度、「信頼棺®」も考えて頂けませんか。
豊岡市でお墓建てるなら、まず検討すべきです。

考えたら考えるほど
「豊岡市でお墓」と「信頼棺®」は相性がいい気がします。

お問い合わせは、こちらから。。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0045

「八連の玄武岩」を委託販売します

234×60_shinraikan

「信頼棺R」お墓の中に水が入らないお墓をお勧めしております。
和墓、デザイン墓、インターロックプレミアム墓石でも施工できます。
既存のお墓のリフォームにも対応。
お問い合わせは、こちらへ。。

 

 

少し前にご紹介した、「八連の玄武岩」
委託販売させていただくために、引き取りさせて頂きました。

DSC_0045

ある家の玄関先に長い間鎮座されていたものです。
少なくとも私が子どもの頃にはすでにありました。
「柱状節理」の様子が非常に分かりやすく見える玄武岩です。

玄武岩って、もともとこのように長い石なんですね。
柱状節理で六角形やそれに近い形状で長い石ができるんですね。
その長い石を但馬地方、特に豊岡では「鉄砲石」などと別称します。
長いので鉄砲、何となくニュアンスはあります。

その玄武岩が割れて漬物石の形状になるんですね。

その割れた石をそのまま保存したのが、この石です。
もちろん、玄武洞公園に行けばたくさんありますが、
何しろ「天然記念物」ですから、採取、盗掘は不可能です。

なので、
非常に貴重な、稀な石なのです。
割れた一個一個はそれほど価値はないですね。
ただ、
このように八個が揃った状態となると、
そうあるものではありません。

DSC_0055

この「玄武岩」を引き取り、委託販売させていただくことになりました。

玄武岩は「豊岡市の石」は当然ですが、昨年「兵庫県の石」に認定されました。
玄武岩の元々の「柱状節理」が分かる、
「八連の玄武洞」

委託販売させていただきます。
ご興味ある方、
欲しい方、
「お問合せ」よりメッセージ下さい。

折り返し、詳細のメールさせて頂きます。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

どこでも起きうる~「お墓倒れ、園児重体」(長野)

「お墓倒れ、園児重体」(長野県)

 

というニュースがネットで流れました。
とうとう、こういう事態が起きたか!!
という気がします。

Googleのストリートビューで確認させていただくと、
その保育園のすぐ近くに「お墓」があります。
そのお墓の石が倒れたかどうかはわかりませんが、
特に、古いお墓ほど、固定されていない可能性が高いのです。

また、
自然石を利用したお墓は最近はほとんど見ませんが、かつてはたくさん使われていました。
理由は加工しなくていいので、安く作ることができるから。
ただ、自然の石は形状が様々で、
お墓の石として、使った場合、不安定で倒れやすい場合もあります。

不安定なお墓
(※ 汚いイラストで申し訳ないです。。。(^_^;))

こういう形のお墓ですね。

見た感じで、不安定なのは分かると思います。
今なら、
台石との接地面積を広くしたり、
上の石と下の石の間に固定させる金具等を設置などを施しますが、
昔のお墓はただ置いてあるだけ。
触れば倒れることは誰が見ても明らかです。

 

 

 

安定したお墓

逆に、こういう形なら安定して、いいお墓(倒れないお墓)となるわけです。
同じ自然石を使ったお墓でも、その形状で、
非常に危険なお墓となったり、
むしろ安定したいいお墓(倒れないお墓)となったりします。

今回の事故の場合、新しいお墓ではなく、
このような古い、もしかしたら自然石を使ったお墓だったのではないかと
考えます。

こういうお墓は田舎ではよく散見いたしますし、
この古いお墓に「倒れにくい対策」をと言っても
かなりの費用を負担しなくてはいけなくなります。
むしろ、お墓などを「遊び場」にしない

というのが現実的な対応なのかもしれません。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0038

お墓の解体費用が予想外になる原因

234×60_shinraikan

「信頼棺R」お墓の中に水が入らないお墓をお勧めしております。
和墓、デザイン墓、インターロックプレミアム墓石でも施工できます。
既存のお墓のリフォームにも対応。
お問い合わせは、こちらへ。。

 

お墓じまいだけではなく、お墓の引っ越しの場合も
一旦お墓を解体、撤去しなくてはなりません。
その場合の費用って、実は、意外とかかったり、掛からなかったり。。。
自社施工のお墓なら、おおよそ分かるのですが、
他の石材店の建てられたお墓を撤去しなくてはいけない場合、
予想外に時間と手間が掛かる場合があるんです。

なので、
他の石材店が施工したお墓の撤去工事の場合、
おそらく最大限かかるであろう費用の見積もりを作成し、
最終的に掛かった費用と相殺し、安く上がれば、その分請求金額を安くさせてもらう、
という方法を最近は取らせていただいております。

以前は基礎コンクリートもほとんどしないのが但馬地方のお墓の建て方でした。
私の父がお墓を建てていた頃は基礎コンクリートはほぼしませんでした。
当然、お墓の引っ越しの際の「お墓の解体費用」は安くで済み、
あまり見積額に影響しなかった訳です。

ですが、今は基礎工事は当たり前にします。
基礎コンクリートも呼び強度24のコンクリートを100㍉の厚みで施工します。
また鉄筋も当然入っておりますので、解体にはとても手間が掛かります。

 

本日、他の石材店の施工されたお墓を撤去させていただきました。

DSC_0038

厚みは100ミリあるかないか程度の厚みです。
場所によって厚かったり薄かったり。
どれくらいの呼び強度だったかはわかりませんが、比較的ハツリ作業は簡単に割れたので、
呼び強度は18くらいですか。
(あくまで私見です。。。)

最初、電動ハンマーでハツリ作業をしていたんですが、
とても終わりそうになかったので、
途中からエアチッパーに変更。
1時間程度でハツリ作業は完了しました。

でも、このコンクリートがもっと呼び強度の高いコンクリートなら
おそらくこんなスムーズには終わってないでしょう。

今なら、10ミリの異形鉄筋を結束したものを中に施工します。
そうなるともっと手間と時間がかかります。

おそらく、一日では終わらないかもしれません。

このように、基礎コンクリートの状態によって、掛かる手間と時間がずいぶん異なってきます。
特に最近の施工であればある程、しっかりしたコンクリートを施工しますので、
解体には時間がかかります。

場合によっては、ハツリ作業のみで、1日、あるいは数日かかる場合もあるでしょう。

そうなると、見積金額がかなり異なってきます。

最近建てた新しいお墓ほと、解体費用は高額になる、ということはできると思います。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0077-2

大阪のお墓②~副碑4種

234×60_shinraikan

「信頼棺R」お墓の中に水が入らないお墓をお勧めしております。
和墓、デザイン墓、インターロックプレミアム墓石でも施工できます。
既存のお墓のリフォームにも対応。
お問い合わせは、こちらへ。。

 

大阪の寺院墓地って、あまり見学する機会がなかったのですが、
今回、じっくり見学しました。

で、4区画、同じ形式の「副碑」が建っておりましたので、ご紹介。

この御寺院の区画は大阪市内では比較的広い区画のようですが、
それでも、副碑を設置するスペースがあまりありません。
ので、かなり無理な設置の仕方をされております。

1区画目。

DSC_0077-2

一番端の区画。
個の外柵は区画の隣同士が共有する形で、予め設置してあるもので、
この区画は一番端なので、端まで利用して、その上に副碑が設置。
台はなし。外柵の上にそのまま足を設置してあります。
他の区画も同様ですが、もう少しコンパクトな形にすればいいのではないかなと。
個人的には思います。
彫刻作業は現場ではできませんね。
基本、持ち帰って彫刻でしょうか。

 

2区画目。

DSC_0078-2

こちらは、1区画目の隣の区画。
区画の外柵の石の上には乗らないように設置されています。
台石は一応ありますが、かなりコンパクト。
どこかから移転されてきたのでしょうか。
おそらく台石のみ、加工仕直したのでしょうね。

かなり細くて、不安定感を感じます。
追加彫刻も現場ではできないでしょうね。
脚もかなりコンパクトなので、これが一番怖い。。。(^_^;)
倒れそうで。。。

 

 

3区画目

DSC_0081-2

これも危ない気がしますが、おそらくこの副碑は上の本体と台にホゾ穴が開いていて
倒れないようになっているはずです。
(※ ボンド固定の可能性もありますが、そうだと彫刻の時、とても困るはずなので。。。)

大入れと言って、台石に上の本体と同じ大きさの穴を開けて、そのままはめ込む方式もありますが、
これは違うようです。(よく見ればわかります。)

 

 

4区画目

DSC_0084-2

この副碑も同じ方式で固定してあるはずです。
取り外しができないと、追加彫刻の時すごく困るはずなので。。。

こちらが正面から見た図。

DSC_0086

全ての面に銀杏面が施してあり、すごく手の込んだ細工が施してあります。

ただ、私ならもう少し全体のバランスを考えるかな。
すごく窮屈に感じるし。。。

小さめの墓地であればある程、全体のバランスをデザインすることが大事になってきます。
それがすごくわかる副碑でした。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0138

上物のネタがやってきた~瀬戸内のピンク系4石種

234×60_shinraikan

「信頼棺R」お墓の中に水が入らないお墓をお勧めしております。
和墓、デザイン墓、インターロックプレミアム墓石でも施工できます。
既存のお墓のリフォームにも対応。
お問い合わせは、こちらへ。。

 

(有)ミヤジマ・グラニットの宮島さんからお願いしていた石のサンプルが届きました。
大阪城の蛸石で有名な「犬島石」のサンプルです。

DSC_0125

なかなかに上物ですね。
そう思いませんか?

で、ふと思ったんですが、瀬戸内地方ではピンク系のみかげ石が
いくつか産出されているんです。
まあ、「お墓」に使える石という限定です。
その限定がなければ、もっとたくさんあるんでしょうが。。。
「瀬戸内海」「ピンク系」の条件でなら、うちには4石種のサンプルがあります。

その4石種を比較してみますと、

DSC_0126

左下と真ん中下は今回届いた「犬島石」
大阪城蛸石、鎌倉の鶴岡八幡宮の一の鳥居にも使われています。(こちらで詳しく
右下は広島県の「議院石」
国会議事堂の外壁などに使われている石です。
なので、この名が付いた、という由緒正しい石ですね。

左上は岡山県の「万成石」
イサムノグチの愛した石として有名です。お墓にもつかわれています。これは一番有名な石ではないかな。
最近はもう少し色が薄くなっているかも。かなり古いサンプルですから。

右上は「北木石」の赤の中目。
関東でもかなり使われている石です。靖国神社の大鳥居、大阪城の石垣、京都五条大橋の欄干などにも使われています。
でもやはりこの石はお墓に多く使われていて、墓相墓、吉相墓の代名詞となっています。

文字だけではよくわからないですね。
なので、もっと違いを。

DSC_0131

同じピンク系でもずいぶん違いますね。

DSC_0138

一番ピンクに近いのは「万成石」ですかね。(今はもっと色が薄いかもしれません)
「議院石」はブラウン(茶系)が強いイメージかな。色は一番濃いです。
そして、犬島石は薄いピンク、「薄ピンク系」と言えるかも。
北木の中目は一番白手に近い色かもしれませんね。

同じ瀬戸内産のみかげ石でも、いろいろと個性があります。
価格もいろいろです。

国産のピンク系の石でお墓を建てる時はぜひご参考ください。

 

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0047

きになる大阪のお墓。

234×60_shinraikan

「信頼棺R」お墓の中に水が入らないお墓をお勧めしております。
和墓、デザイン墓、インターロックプレミアム墓石でも施工できます。
既存のお墓のリフォームにも対応。
お問い合わせは、こちらへ。。

 

先日、お墓の引っ越しの立ち合いのため大阪へ行ってきました。

DSC_0033

施工は地元の石材店さんにお任せしたんですが、そっちは後ほどご報告するとして、
大阪のお墓で興味深いものを発見したのでご報告。

(っていうか、この墓地固有のものかもしれないですが。。。)

まず目に入ったのは、このお墓。

DSC_0047

丘カロートタイプのお墓。
丘カロートタイプのお墓は時々見かけますが、
えっと、お骨の入り口はっと。。。
うん?

2カ所ありますね。

上が観音開き、つまり仏壇のように両方の扉が手前に開く扉。
上の段がそうなっております。
金具が付いていて、それを外すと両方が開くタイプですが、

下の段も石でふたをするタイプですね。

あれ?

扉が二つ??

question_head_boy

2階式??

後で、お寺の奥さんに聞くと、上はお掃除道具などの収納庫になっているとのこと。
実際に入っているかどうかは分からない、とのことでしたが。。。

面白いアイディアですね。

でも、ちょっと疑問。

お墓の中に収納庫を作っていいの??

まあ、でも、有りってことで。

それより疑問なのは。。。

DSC_0049

よくわからないですか??

 

DSC_0049-2

これです。
この取手の様なもの。
お墓の正面なんですが、何なんでしょうか?

DSC_0050

引っ張ると、

。。。

。。。
伸びてきました!!!(驚!!!)

 

 

 

DSC_0051

これくらい伸びます(^O^)

 

DSC_0052

上から見たら、こう!!!

 

地元の石屋さんに聞いても、

「なんなんでしょうね。初めて見ました」とのこと。
お寺の奥さんにも、分からないと言われました。

気になるな~~
気になるな~~

何だと思いますか?

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0033

Q335~お墓の引っ越しはどの地域まで対応?

おおきた石材店は現在のところ、兵庫県北部、京都府京丹後市を商圏とさせていただいております。
(商圏エリアを近いうちに近畿地方全域にする予定です)

これは、「新規建墓工事」に関してです。

「お墓の引っ越し」に関しては、
①「兵庫県北部」「京都府京丹後市」にあるお墓をその他の地域へ引越しする
②その他の地域に建っているお墓を「兵庫県北部」「京都府京丹後市」に引越しする

この2つの条件のいずれかに適応する場合、お仕事をお受けいたします。

その場合、
③その他の地域のお墓工事は「おおきた石材店」が出張して工事するのか、
④その他の地域のお墓工事は地元の石材店にご依頼して施工してもらうのか、を
選ぶことができます。
(※~「兵庫県北部」「京都府京丹後市」のお墓工事に関しては原則、おおきた石材店で施工いたします)

それの違いは出張費用が上乗せとなること。

遠方であればある程、出張費用が掛かりますので、
③と④では見積金額に違いが出てきます。
③が高額で、④の方が安いですね。

施工方法はある程度、指定できますし、
工事の様子はお知らせいたします。

ご理解お願いします。

ちなみに、本日、「豊岡市内」のお墓を「大阪市平野区」へお引越し作業の立会に行ってきました。

DSC_0033

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0024

Q334~お墓工事の時、お骨はどこへ?

お預かりします。

お墓の工事の間は、通常、御寺院様がお骨をお預かりされる場合が多いですが、
お墓工事の期間の限り、おおきた石材店でもお預かり出来ます。

通常、お墓工事の際、ご遺骨を取り出し、施主様がお持ち帰りになり、御寺院様に預けられる。
そのまま、工事完了後、納骨式の時、御寺院様から頂いて、そのまま納骨のパターンが多いですが、

工事の間、おおきた石材店がお預かりする場合も多いです。
特別なものは用意しておりませんので、ごくごく簡単な方法でお預かりしております。
お墓か持って帰ってきたご遺骨ですが、骨壺は水洗いさせていただきます。
骨壺内に水が入っている場合もありますので、その場合も水を出させていただきます。
骨壺内に稀に「泥」が入っている場合もありますが、
その場合は可能な範囲で「泥」を排出します。

DSC_0024

 

きれいになった骨壺ですが、中身が外に出ないように
まずしっかりと梱包します。

DSC_0027

そのあと、市販のビニール袋に入れます。
これは、名前を書くためです。

DSC_0004

よくあるのですが、別のお墓のお骨を預かったりする場合があります。
識別のため、袋に名前や戒名等を記入します。
同じお墓の遺骨でも「おばあちゃんの遺骨」「おじいちゃんの遺骨」など
識別しやすいようにします。

そして、複数の骨壺がある場合、お互いが当たって割れないように
緩衝材を間に挟んで、買い物かごに安置させていただきます。

DSC_0031

今回はお墓の引っ越しなので、お墓にあったお掃除道具を一緒に入れております。
これをそのまま、新しいお墓へ持っていきます。

このように、
特に専用の道具、袋を使用しておりませんが、
基本的に無料にて工事期間中のみ、ご遺骨をお預かりしております。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0013

Q333~戒名の文字は誰が書いてもいいの?

場合によっては受け付けてくれない石材店もいらっしゃいますが、
おおきた石材店では、歓迎いたします。

ご本人の描いた文字、
ご家族の書いた文字
お寺のご住職の文字、

いずれも彫刻させていただきます。

基本的には、書家の先生の文字で揮毫(書を書く)していただいていますが、
どなたのどんな文字でも基本的にお受けいたします。

 

通常の流れとしては、
①彫刻する文字を用意していただく
(白木の位牌を写真で撮影、御寺院から頂いた「逮夜表」をコピーなどがおおいですね。)

②書家の先生に原寸大の文字原稿を作成していただく。

③その原稿を施主様に見て頂いて、文字等の間違いがないか、確認。

④文字の間違いがなければ、彫刻作業する。

⑤完成、引き渡し。

という流れが多いのですが、

今回は、ご住職の書かれた文字を原稿に変換します。
下の写真がご住職の書かれた文字。

DSC_0010-2

それをサイズを変更、レイアウトを替えて、

原稿を作成。

DSC_0013

ちなみに、右の2名分の戒名はお墓に実際に彫られている拓本(写してきた文字)です。
全て、ご住職が書かれた文字で彫らせていただいています。

大きさの変更、レイアウトの変更等、実はこのご住職の文字の方が
原稿作成は大変なんです。
書家の先生は慣れているので、実際の大きさに合わせて書いていただけるので、
そのまま使えるんですが、
ご住職の文字(上の写真のような文字)はいろいろ手を加えないといけないので、
大変なんです。

更に、
今回は必要なかったですが、施主様が書かれた文字の場合、字が傾いていたり、
文字の大きさがバラバラだったりして、非常に原稿作成が大変な場合があります。

なので、時々聞かれるんですが、

「自分で文字を書いたんだから、少しは安くなりますか?」

と聞かれますが、残念ながら、かかる費用は同じです。
ご了承ください。

(他の石材店様はいろいろだとは思いますが。。。)

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0027

古いお墓のリフォーム、移転は意外な費用が(その2)

234×60_shinraikan

「信頼棺®」お墓の中に水が入らないお墓をお勧めしております。
和墓、デザイン墓、インターロックプレミアム墓石でも施工できます。
既存のお墓のリフォームにも対応。
お問い合わせは、こちらへ。。

 

昨日の竿石。
ひっくり返して水平に立てます。

DSC_0022

頭が陣笠頭なので、建てるのも一苦労。。。(^_^;)
しかも側面が手磨きなので、水平をどこで取ったらいいのか??

長年の勘で、やりますです。

研磨盤の一番目の粗い番手で平らかにしていきます。
まだ、凸凹がありますが、この程度なら問題ありません。

DSC_0027

 

隅っこはやっぱり接着してありました。
簡単に取れてしまいました。

DSC_0024-2

さて、この隅をどうするか。。。

 

竿石はできましたが、
その下の台石も。。。

この写真の面が下の面(下の石と接する面)
ずいぶん凸凹です。
上の竿石と同じ加工が施されております。

DSC_0017

 

でも、こちらは、彫刻がないので、
ある程度カットしても大丈夫そう。。。

DSC_0020

 

 

そこで、この面をカット。

DSC_0028

 

カットした段差を研磨作業で平らかにして、
完成。

DSC_0033

かなり古い石なので、石自体にサビ?なのかどうかわかりませんが、
大きく変色しておりますね。
石の年月を物語っております。

さあ、やっと施工の準備完了。

どうですか。
古いお墓の石の場合、簡単に建てる、というわけにはいかない、ということ
お判りいただけたでしょうか。
古いお墓の移転、リフォームで一旦解体して、立て直すというとき、
解体したら、そのお墓の全てがわかります。
そして、その古い施工のいろいろなものが現代に合わない部分が出てきて、
それを今の手法でやり直すのに、いろいろな手順が必要なのです。

時として、
「全部新しく建てる方が安くできる」場合はよくあります。
ですが、それは、誰でもできますし、いつでもできます。

逆に
ご先祖様が大切にされてきたお墓の石をすべて無くすことになってしまいます
果たして、それでいいのですか。

ご先祖様が、大切にしてきたお墓の石を何とか残す、その方法を模索するリフォーム、移転を
お勧めしたいと考えます。

 

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0009

古いお墓のリフォーム、移転って意外な費用がかかります。

234×60_shinraikan

「信頼棺R」お墓の中に水が入らないお墓をお勧めしております。
和墓、デザイン墓、インターロックプレミアム墓石でも施工できます。
既存のお墓のリフォームにも対応。
お問い合わせは、こちらへ。。

 

今、古いお墓の移転をしていますが、
以前のお墓は石の上に石を乗せるだけの施工でした。
なので、石同士が接する面は独特の加工をしている場合があります。

DSC_0009

こちらのお墓。
手磨きの加工で、おそらく50年以上昔のお墓だと思います。
(建立年が彫ってないのですが、予想だと昭和20年代かと)
この下の面。

DSC_0010-2

この赤枠がしてある面ですね。
なんだかガタガタですが、施工しやすいように中心部をえぐってあるんです。
今の機械加工ではなく、手で加工しているので、まっすぐな面を作るのが難しいのです。

なので、

DSC_0010-3

(汚い写真ですいません(^_^;))

赤線の枠部分はえぐって、下の石とは当たらないように加工します。
そして、
青線の部分だけ下の石と当たるように加工するのです。
そうすることで、しっかりとお墓の石が安定するわけです。
こういう加工を
「二番を落とす」と言いますが、
こういう加工してあるお墓が当時はほとんどでした。
まあ、丁寧な加工のお墓といえるでしょう。

ですが、これを現代の施工で建てようとすると、
このままでは、難しいのです。

このガタガタの下の面をまっすぐな面にしないと
「耐震施工のお墓」
おおきた石材店では
「地震に強い施工」と呼んでおりますが、その方法の施工をしようと思うと、
この面を加工仕直さないといけません。

と、ここまで来て、ある問題が(^_^;)

下の部分、蓮華彫彫刻が施してあるので、
あまりたくさんカットできません。

DSC_0016

なので、研磨作業で、平らに直すことにしました。
あともう一つ懸念材料。。。

DSC_0016-2

この部分(赤枠の部分)、どうやら接着してありそうなんですよね。
さて、どうする。。。(^_^;)

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0024

インド加工+「M1」+デザイン墓 いかがでしょうか。

234×60_shinraikan

「信頼棺R」お墓の中に水が入らないお墓をお勧めしております。
和墓、デザイン墓、インターロックプレミアム墓石でも施工できます。
既存のお墓のリフォームにも対応。
お問い合わせは、こちらへ。。

 

 

久しく忘れていました。
この感じ。。。

インドの石、しかもたった一つの石種のみのおすすめサイト

その名も

「ザ・M1」

DSC_0024

(※ 写真の写りが悪くてすいません。。)

「M1」というインドを代表するような石の紹介の為だけのサイト。
いかにこの石に愛があるのか、分かりますね。

実は私、まだ扱ったことがないのですが、
この石でお墓を作ってみたくなります。

〇 M1という石を採掘するようになったきっかけ。

〇 石の品質、美しさ、安定生産、など「M1」の魅力を余すことなく書かれており、
写真と説明文だけでこの石の良さを余すことなく表現されています。

〇 インド加工の特徴と中国人との気質の違いと加工の違い。

〇 そして最後にこっそりとこの石は「南印度洋行」しか扱っておりません、の一言も。

ここまで、一つの石を細かく、繊細に表現したサイトはなかったですね。

ぜひとも私もこの石で、お墓を建てたくなりました。

関西、特に但馬地方では和型のお墓は白かグレーがほとんどなので、
この緑系の中間色はちょっと使いずらいですが、
デザイン墓にはもってこいですよね。

そして、インド加工の丁寧さ。

DSC_0031

先ほどのサンプルの石ですが、
側面も丁寧に磨いてありますね。
そして、裏面。

 

DSC_0028

裏面も水磨きまでしてありますね。

DSC_0033

中国で加工したサンプル石は裏面は切削が普通なんですね。

(もちろん、裏面まで本磨きされているサンプル石もあります。)

 

加工に関しても、
言われたことはきっちりやるけど、言われてないことはしない中国人と
仕事はそれほど早くないけど、こだわリが強く加工にプライドをもってするインド人とでは、
私は後者の方が日本人気質に近いのかもしれないと思います。

 

さて、
「M1」でお墓を作ってみたくなりませんか?
私はとっても作ってみたくなりました。
ぜひ、インド加工の「M1」の石で、お墓を作ってみませんか?

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0033

冬のお墓工事は、「追いかけっこだ」(by平井堅)

234×60_shinraikan

「信頼棺R」お墓の中に水が入らないお墓をお勧めしております。
和墓、デザイン墓、インターロックプレミアム墓石でも施工できます。
既存のお墓のリフォームにも対応。
お問い合わせは、こちらへ。。

 

 

1月20日頃、基礎コンクリートを施工。

DSC_0018

雪も降らず、有難いなと思いつつ、順調にこなしていた基礎工事ですが。。。

DSC_0023

出来ました。
翌日から雪予報だったので、雪養生。。。(^_^;)

DSC_0023-2

他の現場を済ませて、2週間ほと放置して、久しぶりにやってきた現場。
雪がずいぶん消えたんですが、この状態。

DSC_0025-2

型枠もそのままだったので、杭のみ見えております。

 

DSC_0028

ブルーシートと杭の頭のみ、見えております。

 

DSC_0031

そこを除雪して、型枠を外して、この状態。

DSC_0002

冬のわずかな寒さが緩んだ日を狙って、延石据付。
翌日、朝は氷点下となったんですが、昼間は暖かくなって。。。

 

1517552152549

コンクリート施工しました。
夜間に気温が下がるので、昼間、一番暖かい時間に
早強コンクリート(早く固まるコンクリート)で施工。
その上に十分な養生して、2日経過後、
養生等を取り外した時の写真です。

この翌日、大雪の予報が出ており、

DSC_0033

今朝の写真はこれです。。。
まだ雪の量が15㎝程度なので、まあまだましかなって言うのが
せめてもの救いですが、

しかし、
たった今、兵庫県北部に「大雪警報発令」のダメ押し。。。(^_^;)

今のうち、少しでも除雪しておくのが賢明なのかな。。。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
a0960_006551_m

Q332~お墓は石でないといけない理由② 永続性

石にある永続性。

a0960_006551_m

耐久性のあるものなら、他にもあります。
ステンレス製品。
強化プラスティック製品。
鉄も錆びなければ、かなり耐久性は高い。

昔は石しかなかったのかもしれません。
今は他にもたくさんあります。

石ではなくてはならない理由のうち「永続性」を求める理由は二つ。

 
① 一つは文字を彫刻しないといけないこと

永続性のある素材、だけではなく、文字を彫刻する必要があること。
しかも、それ自体も永続性を求めるなら、しっかりとした彫刻が必要です。
鉄やステンレスにエッチングでいいのでは?と思うのですが、
それでは、簡単に文字は読めなくなります。
素材自体と同じくらいその文字が読める状態も永続性がなくてはなりません。

鉄やステンレスに文字を彫刻することは、簡単な技術ではなく、
時間と高いコストが必要だと思われます。

ステンレス製の永代供養墓は最近よく見ますが、文字を刻む部分は
石製であることがほとんど、だということが証明しております。

② 出来るだけ構造がなく、一体的な素材であること

お墓の石というのは、地中から掘り出したものをカットして
お墓の形にして磨いて作成します。
いうなれば、根野菜をイメージすれば、分かりやすいかもしれません。

巨大な岩盤から切出す石の場合でも、巨大な根野菜から一部を切出す、とイメージできます。

つまり、素材そのもので、「中まで石」なのです。
構造部分と言えるのは、石と石の間、下の石と上の石のつなぎ目部分だけです。
その部分が一番弱く、劣化が始まりやすいのです。

その構造部分はでも、石が一番少なく、
鉄、ステンレス、プラスティック製品は、構造部分だらけです。
たくさんの構造部分があって、その部分が弱く、そこから劣化しやすいのです。

トータルで永続性を比べるなら、石で出来たお墓は一番有利であることが言えます。

この2点において、石がもっとも永続性に関して石が一番である理由です。

 

 

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
a0960_006432_m

Q331~お墓は石でなくてはならない理由① 亡くなった人の喪失感を癒す

この記事は「お墓は石でないといけないの?」の続きです。

a0960_006432_m

人が亡くなる、死ぬって大変なことです。

今まで存在していた人がいなくなる。
今まで当てにしていた人があてに出来なくなる
今まで大嫌いだった人がいなくなる。
今まで苦手で苦手で避けていた人がいなくなる。

 

いろいろな関係性がありますが、
とにかく、全てがなくなって、リセットされる。
どんな関係だったかは関係なく、人の死は大きな出来事です。

いろいろな感情がありますが、一番大変なのは、
亡くなった人の喪失感です。
意識する、意識しないはあれど、必ずこの喪失感は存在します。

人が亡くなった後、仏教により行われる行事。
主に逮夜、満中陰法要、百箇日法要、一周忌法要などですが、
その主な意味はこの「亡くなった人への喪失感」を癒すために行われているはずです。

喪に服す、ということも
「亡くなった人に想いを馳せ、失われたことをしっかりと確認する」
ことだと思う。

 

それでも、癒されない喪失感というものがある。
お墓を石で作ることもその「喪失感を癒す」一助となるとかつての日本人は考えていたと思う。
石の持つ大きさ、存在感、重さ、耐久性、霊性、
そういったものを信じて、古くから日本人は石でいろいろなものを作ってきた。
仏像は木像が多いのですが、それは屋内に安置が前提。
屋外なら必ず石像です。

 

仏像に使う素材は石なのです。

石が仏像に使うにふさわしい存在なら、お墓も、となるのは必然です。
大切な人が亡くなった後の喪失感を癒してくれるだろうモノも石だろうと
考えたのも必然かもしれません。
大切な人が亡くなった。
その喪失感で自分を失いそうに感じる。
何とか会いたい。
でも会えない。
顔を見ることはかなわないけれども、せめて存在感が欲しい。
確かにここにわずかではあるが、感じることができるものがある。
それが欲しい。
お墓、そしてその中に眠っている遺骨にそれを求めるのは当然でしょう。
そして、それにふさわしいのは、石しかない、
とかつての日本人は当然そう考えたんでしょう。

今なら、石以外の鉄でもいい。
ステンレスでもいい。
陶器でもいい。
磁器でもいい。
プラスティックでもいいはずです。
でも、
それで代替できますか。

 

やはり石しかないのではないでしょうか。
別の素材で、その気持ちに応えることはできない気がします。
それはおそらく、
人間の感情に応えるだけの歴史がないから、かもしれませんが。

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
haka1

Q330~お墓は石でないといけないの?

石でなくてもかまわない、と思います。

 

haka1

「お墓」とは旧来は、ご遺骨の地中に埋葬されている場所の目印でした。

(両墓制の墓地に関してはその意味が異なりました)

現在は、「お墓」とは、ご遺骨が埋蔵するための装置(構造物)が第一義です。

埋葬(埋める)から埋蔵(安置)へと「お墓の役割」は変化して、今現在に至ります。

 

その意味合いだけなら、お墓は石でなくてもいいと思います。

むしろ、石ではない方が安価だし、重たくもないし、手軽だし、

いいことずくめです。

コインロッカー的な今の「納骨堂」で十分です。

プラスティックの収納箱的なものに、エッチングで名前を掘って、古くなれば、新しくするというだけで
十分その役割はこなせると思います。

 

では、なぜ石なのか。

 

二つの付加価値を求めると、石が一番ふさわしいとなるからです。

 

その二つの付加価値とは?

 

〇 亡くなった人の喪失感を癒す

〇 永続性

です。

 

逆に言うと、この二つの付加価値のない「お墓」は石である必要性がない、とも言えます。

 

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0031

見積書にない作業が。。。

234×60_shinraikan

「信頼棺R」お墓の中に水が入らないお墓をお勧めしております。
和墓、デザイン墓、インターロックプレミアム墓石でも施工できます。
既存のお墓のリフォームにも対応。
お問い合わせは、こちらへ。。

 

冬、雪が降る但馬、豊岡市は見積書に記載されてない作業が発生します。

雪かきという作業です。

DSC_0023-2

さて、
2週間前に基礎コンクリート工事したお墓ですが、
場所が確定できないほど、積雪が。。。(^_^;)

 

DSC_0025-2

おそらく、この当たりだ。。。
(どのあたりだ。。。(^_^;)

DSC_0028

ここね。
養生用のブルーシートが目印。。。(^_^;)

DSC_0031

雪をかいて、
コンクリートの型枠を外しました。
何しろ、
コンクリート施工した翌日からの大寒波。。。

このあと、外柵施工して、
墓地内のコンクリート施工を週末までに。。。
来週はまた大雪予報。。。(^_^;)(^_^;)(^_^;)

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」