Q333~戒名の文字は誰が書いてもいいの?


場合によっては受け付けてくれない石材店もいらっしゃいますが、
おおきた石材店では、歓迎いたします。

ご本人の描いた文字、
ご家族の書いた文字
お寺のご住職の文字、

いずれも彫刻させていただきます。

基本的には、書家の先生の文字で揮毫(書を書く)していただいていますが、
どなたのどんな文字でも基本的にお受けいたします。

 

通常の流れとしては、
①彫刻する文字を用意していただく
(白木の位牌を写真で撮影、御寺院から頂いた「逮夜表」をコピーなどがおおいですね。)

②書家の先生に原寸大の文字原稿を作成していただく。

③その原稿を施主様に見て頂いて、文字等の間違いがないか、確認。

④文字の間違いがなければ、彫刻作業する。

⑤完成、引き渡し。

という流れが多いのですが、

今回は、ご住職の書かれた文字を原稿に変換します。
下の写真がご住職の書かれた文字。

DSC_0010-2

それをサイズを変更、レイアウトを替えて、

原稿を作成。

DSC_0013

ちなみに、右の2名分の戒名はお墓に実際に彫られている拓本(写してきた文字)です。
全て、ご住職が書かれた文字で彫らせていただいています。

大きさの変更、レイアウトの変更等、実はこのご住職の文字の方が
原稿作成は大変なんです。
書家の先生は慣れているので、実際の大きさに合わせて書いていただけるので、
そのまま使えるんですが、
ご住職の文字(上の写真のような文字)はいろいろ手を加えないといけないので、
大変なんです。

更に、
今回は必要なかったですが、施主様が書かれた文字の場合、字が傾いていたり、
文字の大きさがバラバラだったりして、非常に原稿作成が大変な場合があります。

なので、時々聞かれるんですが、

「自分で文字を書いたんだから、少しは安くなりますか?」

と聞かれますが、残念ながら、かかる費用は同じです。
ご了承ください。

(他の石材店様はいろいろだとは思いますが。。。)

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。