お墓の建て方を見学に神戸へ


234×60_shinraikan

「信頼棺R」お墓の中に水が入らないお墓をお勧めしております。
和墓、デザイン墓、インターロックプレミアム墓石でも施工できます。
既存のお墓のリフォームにも対応。
お問い合わせは、こちらへ。。

 

 

昨日はお墓の建て方(施工)を見学に神戸市まで行ってきました。

なぜ神戸へ、というと、
信頼棺®の施工を見学させていただいたわけです。
建て方に少しコツがあり、見学した方がいいということで、見学させていただきました。

確認しておりませんが、
おそらく、この「信頼棺®」を最も多く施工された職人さんの施工現場を見学。
DSC_0022-2

神戸の大きな霊苑です。

初めてお邪魔しました。
広いですね。すごい広いです。
その広い墓地の片隅で施工されていました。

DSC_0025-2

(※ 画像にボカシを入れております。ご了承ください)

2人のコンビの職人さんと施工責任者の三人。
抜群のコンビネーションで施工されています。

信頼棺の施工を見るのが目的だったんですが、
とても素晴らしい施工だったので、すっかり見入ってしまいました。
施工の仕方は、私とは異なりますが、非常にプロの技です。

途中から、「信頼棺®」はどうでもよくなってきて、
その職人さんの手さばきばかり見入ってしまってました。
ホントはお昼で帰る予定が、続きを見たくて、午後も見学させていただきました。

一枚石の拝石を施工するときのコツ、
スリングの使い方、
石を据えることの最も基本的なことが体に染みついている、という感じ。

DSC_0036-21

(※ 画像にボカシを入れております。ご了承ください)

特に、この写真(わかりづらくてすみません)、隣のお墓と境界になる部分に据える
横の石。
これって、据えるのに非常に難しいんですよね。
この難しい場所に、的確に石を固定する技術。
長い方向への水平、
石の前後左右の傾き、
隣のお墓との間隔、
正確な高さ、
全てを完璧に決めるのはホントに難しいんです。
これを、
プラハンマーとバールだけで決めるのはなかなかな技量がいります。

これをさも当然のように、笑顔で会話しながら、
施主さまがすぐ傍らで無言で凝視し続けられる中、
見学者にも愛想を振りまきながら、
素早い動きで施工される姿にすっかり魅了されました。

施主さまが見学されるのは凄いプレッシャーなんですが、
おそらく、こういう施主さまが多いので、慣れているのかもしれませんが、
自分の技量に絶対的な自信がないとこうはいきません。

ホントにいい現場を見せて頂きました。
また、施工の新しいコツもたくさん教えて頂きました。
そうか~~
そうなのか~~
え~~そんなことするんだ~~

など、いろいろ気づきと発見だらけの現場でした。
また、見学できる機会があればぜひ拝見したいと思います。
こういう機会を頂き、ホントにありがとうございました。

感謝(^O^)

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。