25トンのクレーンでお墓を引っ越し


 

おはようございます。
大型重機は男のロマンが詰まっていますね。
但馬、豊岡市のお墓のプロ、おおきた石材店です。

丹後地域も商圏となっております。
お気軽にご相談くださいませ。

お墓の場所まではいくら巨大クレーンと言えども、限界があり、届きませんので、
ギリギリ届く場所まで前日に移動しておきました。

DSC_0023

このようにお墓の石を吊ってもらう状態に設置。

DSC_0027

小さな部材もこの際、全て吊ってあげて頂きます。

でもって、当日。

久しぶりに、お近くの「近畿工業」様の25トンラフターをチャーターさせていただいて、
お墓の引越し工事です。

 

DSC_0001

いつものように、朝8時に現場に到着したら、当然のごとく、既に準備に入っておられます。
早い仕事はプロの技ですね。

DSC_0004

このように、孫の腕のその孫を出しております。
DSC_0006

前回もそうだったんですが、
このように最大限伸ばしても、
ギリギリ届くか、届かないかの距離なんですよね。
でも、そこはプロ。
無理してでも、届かせてくれました。
ときどき、大丈夫かな~っていう音とともに
何とか巨大な石を吊ってくれました。

DSC_0011

で、お墓にはすべての石がなくなりました。

 

本来なら、ここで終了、ご苦労様なのですが、
男のロマンが詰まった奴の姿を間直で見たいですよね。

DSC_0013

というわけで、伸ばした孫腕を収納するのが、なかなかかっこいい。

DSC_0015

横に仕舞った孫腕(赤い部分)が角度を変えていきます。

DSC_0017

 

やや横の方向に動きました。

DSC_0019

 

完全に横に来て、近畿工業の文字が見えにくくなりました。

 

どうも、フックに収納しているみたいデス。

DSC_0021

腕の横に完全に来ていますね。

DSC_0023

どうやらフックに収納された状態のようです。

動画に取るのを忘れていたのですが、なかなか魅力的な凄い様子でした。

 

DSC_0031

タイヤのサイズ
およそ、1.2mくらいの大きさですが、
「385 95R 25」というサイズです。

DSC_0029

自重が25トン。
よくこんな山の上までやって来れたなって、
感心しますね。
(上がれなかったら、こっちが困るんですがね。。。)

と、ホントにお世話になりました。
ありがとうございました。

今朝は25トンラフタークレーンのリポートでした。(^O^)

 

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。