直方体と花瓶型、どちらがいい?花立


234×60_shinraikan

「信頼棺R」お墓の中に水が入らないお墓をお勧めしております。
和墓、デザイン墓、インターロックプレミアム墓石でも施工できます。
既存のお墓のリフォームにも対応。
お問い合わせは、こちらへ。。

 

土、日曜日とお墓の打ち合わせで比較的遠方に行っておりました。

で、見かけたこと。気づいたこと。

DSC_0082

比較的新しいお墓です。
で、花立は、いわゆる花瓶型。

DSC_0082

これですね。
デザイン重視でたまに見かけます。
加工が多少複雑で、手間が掛かります。
でも、私はあまり使いません。
むしろ、お客様がこれがいい、とおっしゃらない限り使わないことにしています。

理由は不安定だから。

DSC_0087-2

DSC_0092-2

こちらの花立など、背は低めですが、脚が小さくて
極めて不安定(に、見えます)

簡単に倒れそう(に、見えます)

仮に固定するにしても、底面しか接着できないので、十分とは言えません。

DSC_0090

このような、直方系の方がより安定して見えます。
また、
仮に固定するにしても、接着面積が大きく、側面も固定できるので
より完璧です。

そして、意外と気付かないのですが、

掃除が大変、なのです。
一見、花瓶型がかっこよくて、高級に見えますが、
不安定で、掃除も大変。
しかも、形状が不安定なので、加工が大変。
なので、費用が掛かります。
新設時はお墓トータルの値段で表記されるので、価格は同じとなるかもしれませんが、
仮に、石が割れたり、欠けたりして、後から加工仕直し、などの場合
間違いなく直方体より高価となります。

曲面が多いので、その石自体も掃除しにくい上に、
すき間ができるので、そこにゴミなどが溜まりやすく
更に掃除が面倒になりがちです。

しかも、曲面は基本、手磨きなので、
一流の石工さんの作ったものは問題ないのですが、
場合によっては、光沢が鈍かったり、
加工が十分ではなかったり。。。

さて、
あなたは、見かけ重視の「花瓶型花立」でお墓を作りますか?
それとも、
使い勝手が良くて、地震にも強い「直方体型の花立」でお墓を作りますか?

 

 

 

おおきた石材店では、こ

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。