お墓の中にハチの巣をされやすいお墓は?


234×60_shinraikan

「信頼棺R」お墓の中に水が入らないお墓をお勧めしております。
和墓、デザイン墓、インターロックプレミアム墓石でも施工できます。
既存のお墓のリフォームにも対応。
お問い合わせは、こちらへ。。。

 

お墓の中にハチの巣が、という記事を昨日書かせてもらいました。
お墓の中にハチの巣が

で、ハチの巣ができやすいお墓ってあるんですよね。
どういう形のお墓がハチの巣ができやすいかというと、

和型二重台のお墓です。

 

DSC_0001

このような二重台のお墓はハチの侵入がしやすいお墓です。

 

DSC_0065

上のお墓の竿石、上台、水鉢、花立石二個を取り除いた状態。
お墓の納骨スペースのふたとなる中台石とその前に水板石という
水鉢を置く台となる石がありますが、

本来、この水板石が水平なら問題ないのですが、

DSC_0065-2

 

この赤矢印の角度が直角(90度)以上になったり、90度以下になったりすると
この納骨口の入り口をふさいでいる水鉢と中台石との間にすき間ができて
そこからハチや虫が侵入してきます。

ただ、この水板石、非常に傾いているお墓をよく見かけます。
下の基礎がしっかりと施工されていない場合や、
逆にこの水板石は水平でも、本体の中台石が傾いてしまうという場合も。。。

おおきた石材店では、現在、標準施工の場合、お墓本体が乗る部分はベタ基礎が
基本となっております。
一体型のベタ基礎だと、この中台石と水板石は別々に傾いてしまうことはあまりないのですが、
昔の施工方法だと、こういった別々の傾きによって、隙間ができるのは、比較的よくあることです。

和型の二重台のお墓は、こういったことが起きる可能性があります。

虫の入りにくいお墓のご相談は、おおきた石材店へ。

お問い合わせはこちらへ。。。こちら

 

234×60_shinraikan

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。