Daily Archives: 2018年7月21日

DSC_0015

骨壺の処分の仕方

8月10日、「終活」と「お墓」のセミナー、開催します。
特に、海洋散骨、樹木葬、納骨堂、永代供養墓などに興味ある方、
ネットでは出てこない情報をこの場でご紹介します。

お申込みはこちらへ。


但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店です。

DSC_0943

昨日は38度越え、本日も37度の予想最高気温の
兵庫県豊岡市です。
あっ暑いですね。。。(^_^;)

まだ午前7時前ですが、既に汗が。。。

DSC_0946

今日も、何とか仕事を終えて、晩御飯までたどり着きたいと
考えております。。。

 

骨壺、遺骨をゴミ捨て場へ投棄、というニュースが流れました。

DSC_0012

遺骨を捨てるというのは、全く問題外ですが、
(法に触れますので、絶対に止めましょう)
骨壺をそのまま捨てる、というのもどうかと思いますね。

一般ごみに骨壺を捨てるのは、辞めましょう。
苦情が来る可能性が高いです。

おおきた石材店では、納骨時、不要になった骨壺を無料引き取りサービスを
させて頂いております。
以前にも記事にしました。→→→「納骨後の余った骨壺どうしますか?」

もちろん、おおきた石材店にて施工させていただいたお墓のみ、です。

その場合、言葉は悪いですが、どうやって後を処理するかと言いますと、
通常の場合、細かく細かく割って、骨壺とわからないくらいにです。
そして、産業廃棄物処理業者に処理をお願いしています。
骨壺の箱もですね。
できるだけ細かくして、同様に処理業者さんにお願いしております。

さて、こういう処理の仕方でいいのか、悪いのか、は分かりませんが、
それでいいので処理してください、という場合は、お引き取りさせて頂きます。
多くの場合、「お願いします」の一言でお引き受けしますが。。。

もっと手厚く供養をしてほしい、という場合どうするのか?

まず、お墓の中に副葬品として、一緒に埋葬する、という方法。
そのままの状態で、まさしく納めるのか、
あるいは細かく割って、納めるのか、は状況に寄りますよね。

それが難しいのなら、お寺さんに供養していただく。

それも難しいのなら、
別の場所で供養していただく、ということも可能性としてはありますね。
もちろん、有料となりますが。

多くの場合は後の方法は任せるので、引き取ってほしい、
というご要望がほとんどではないかと思います。

 

 

 

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」