Daily Archives: 2018年9月24日

DSC_2203

関西でお勧めのグレー系みかげ石5種

おはようございます。

但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店です。

お彼岸以降、新規のお墓のご依頼が少し増えつつあるようです。
で、年末から来年に向けてのお墓の見積中ですが、
「少し色が付いている石がいい」というご要望で、
いくつか、選んでみました。

 

DSC_2203

たくさんありますね。
上が多少色が濃い目。
下段が最近多い、グレー系のみかげ石。
関西、但馬では最近増えてきています。

上の段、両端の2種類だけが「中国産みかげ石」
それ以外は全て、「インド産みかげ石」です。

上の段、真ん中2種類は色が濃い過ぎるということで、除外。

下の5種類から選ぶことになりそうです。
本命は下の段、真ん中3種類です。

特に真ん中「ABN」のラベルが付いている石。
シルバーグレーとか銀灰石とか呼ばれている「アーバングレー」と双子の糠目石です。
これが一番興味ある、というか、お墓を建ててみたい石ですね。

実は私この石だけはまだお墓を建てたことないです。
それだけに興味あるんですよね。

アーバングレーの性質を有していて、なおかつ、糠目。

最強ではないですかね。

 

ちなみに、下段5種は私が見積に提示する可能性が高い石。
おおきた石材店のおすすめの「インドみかげ石5種」です。

ご紹介します。

 

左から、

①RB(ロイヤルブラウン)

DSC_2206

あずき色に近い赤みを帯びたグレー系みかげ石。
アーバングレーよりも目が細かくてすっきりとした見た目です。
2年前のお盆にインターロックのプレミアム墓石で使わせてもらいましたが、
素晴らしい出来栄えでしたね。

 

②BAN(バングレー)

DSC_2207

言わずと知れたインドの銘石「バングレー」アーバングレーより目の細かい
小目にヨモギ色の美しい見栄えは、高級感漂います。
昨年のお盆前に五輪塔で使わせてもらいました。
「南印度洋行」さんのお墓でしたね。

 

③ABN

DSC_2209

シルバーグレイとか銀灰石とか呼ばれている石です。南印度洋行の服部さんの言によれば、
「アーバングレーの石鉱脈の中にある『大トロ』の部位ですね」とのこと。
その分、価格もアーバングレーよりも高価です。大トロですからね。。。

 

④ZM

DSC_2211

以前、リリーという名で使われていた石、らしいです。
私も数基建てています。小目の石で、吸水率も低く、とてもいい石ですが、
現在採掘されていないそうで、在庫のみで対応、とのことです。

 
⑤MD5(アーバングレー)

DSC_2213
今、但馬でも一番多く使われている石、アーバングレーです。
水もほとんど吸わず、艶持ちもかなりいい、とても性質のいい石です。
この石も南印度洋行さんが最初に採掘された石とのことで、
服部さん情報では、「ムドゥガルで5番目に採掘した石」で『MuDgal」の頭文字をとって
「MD5」という名前だということです。

ちなみに、「MD8」という石もありますが、こちらはアーバンと非常に似ている石なんですが、
鉱脈も違うし、性質もやや落ちる石だということです。

 

石も専門家に聞いてみるといろいろ情報がありますね。
インドの石でわからないことは南印度洋行さんに聞いてみるべきですね。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」