Daily Archives: 2018年10月2日

IMG_20181001_103320

T家のお墓リフォーム⑦~台風一過の晴れ間に

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、大北和彦です。

台風24号の被害、大丈夫でしたか?
おおきた石材店では、ギリギリセーフ、ってところでした。
すぐ裏に堤防があり、その向こうは一級河川円山川。
かつて決壊したこともあるけっこう大きな川が流れているので、
水害とは常に隣り合わせです。

今回は、工場の入り口近辺まで水が来たようですが、
なんとか被害はゼロで済みました。
でも、前の道路は完全に水没していたようです。
泥の匂いがすごいです。

その台風が過ぎた翌朝。

IMG_20181001_103320

正に台風一過の青空の朝。

続きのブロック積みをしました。

既にスケジュールオーバー気味。
今日はとにかく、積んで積んで、積みまくります。

IMG_20181001_111929

この状態からスタート。
2段目が3月分の2積み終わって、コンクリートは2段目の半分近くからスタート。

コンクリートを挿入しながら、積んでいって、

IMG_20181001_173843

何とか全段積み終わりました。
明日はその中にコンクリートを流し込みます。

積んでみて思ったんですが、型枠ブロックというのは、
やっぱり普通のブロックよりも数段強度が高いですね。
何しろ、ブロック内にコンクリートが全て充てんできるように設計されています。
その分、ブロック状態では、強度が低く、欠けやすいです。
内部にかなり穴が開いているので。

普通のブロック(ホームセンターで売っている物)はコンクリートは基本的に
充てんできない構造になっています。

一番厚みのある15㎝タイプは充てんできますが、完全に内部にコンクリートを
充てんすることはできません。
空洞が必ずできる、のですね。
それに対して、
この型枠ブロックはコンクリートが完全に充てんできるような構造です。
もちろん、バイブレーターを使用しなければすき間ができる可能性はありますが。。。

それだけ、内部に空洞がなく、コンクリートが完全に充てんされているので、
明らかに強度は高い気がします。
もちろん、基礎コンクリートや鉄筋の太さ、結束の状態でも変わってきますが。。。

これからは、土留めを兼ねたブロック積みは、この型枠ブロックを利用させて頂こうと
思います。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」