Monthly Archives: 11月 2018

DSC_0036-21

ご遺骨が水の中に浮かんでいるのだけは嫌だ

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店です。

お墓の中に、雨水などの水が浸入してくるのは当然、
という話でした。
昨日は。

それで、大切なご先祖さまや、亡くなったあなたの家族の遺骨が
水の中に浮かんでいる。
水中に沈んでいる、というお墓で、あなたは満足ですか?

 

私は嫌だと思いました。
そんなお墓は嫌だと思いました。

少なくとも、施主様の中にはそんなお墓に収まっているくらいなら
雨が降っても、気にならない納骨堂の方がいい、という人もきっといるだろうと
考えました。

どんな方法を考えても
どんな施工をしても、
完璧な雨漏り対策はできないと思いました。

とにかく、構造を考えないと
この根本的な解決はできないと思いました。

 

自分なりにいろいろなことを考えてみて、
それでも根本的な解決には程遠いと思っていた時、
出会ったのが、

「信頼棺」でした。

信頼棺というお墓は、私が考えていた、雨水が浸入しない構造のお墓
そのものだったのです。

もともとの発端は、
施主様から、
「絶対に雨水が浸入しないお墓を作ってほしい」という願いに

何とか答えたいと能島さんが考えに考えて、たどりついたお墓の構造です。

そのお墓への思いは、私と通じるものでした。

 

その水が入らない構造のお墓、というのは施主様をはじめ、一般の人にとっては
「え、お墓って水が入ってくるの?」

ojisan2_shock
という感覚の人が多いのかもしれません。

しかし、私たちお墓を建てる仕事をしている人にとっては、
まさに
「夢の構造のお墓」なのです。

そして、

この信頼棺のお墓は、「夢の構造の」お墓、だけではなく
それ以外にも特徴のあるお墓となっています。

それは。。。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
IMG_20181112_145519

低いところに集まった水は。。。

水は高いところから低いところへと流れていくというのは、
必然ですね。
 
おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店です。
 
週末はいい天気だったんですが、昨日から雨。。。
あと少しで、完成だったんですが。。。
IMG_20181112_145519

雨が降ってきて、途中で断念。。。

お墓工事と雨は相いれない関係ですね。

 

お墓の一番大事な納骨スペースですが、
そこに雨が集まりやすいというのが、昨日の話。

私はかつて、若葉マークの石屋だった頃、
ギリギリの納骨時間にやってきて、
納骨口の蓋を開けてみると、中が水でいっぱいだった、
という経験をしています。

そこは、比較的山の高い位置にあるお墓だったので、
甘く見ていた、ということもあります。
その時は、冷や汗ダラダラで、後ろにいる施主様とご住職に何と言ったらいいのか、
それが悪夢のように、蘇ります。

それ以来、納骨の待ち合わせ時間の最低30分前、
通常なら、1時間前にやってきて、納骨口を開けて、換気して、
準備万端で待機する、ということを心がけております。

 

このように、お墓の中には、水が入ってくるのです。
構造上、これは仕方ないことなのです。

お墓本体の正面に納骨口があります。
大きく穴が開いております。
「え、そんなの見たことないな」

apron_man3-1question

という人もいるかもしれません。

その大きい穴は普段、というか、通常、
「水鉢」というお水をお供えする石で蓋されているのです。
その穴の前にその「水鉢」を設置して、
穴を隠しているんです。

でも
穴の前に置いてあるだけですから、
水が進入することは、当然ありますね。

「なら、接着すればいいじゃない」

apron_woman3-1question

はい?
では、お骨を納骨するとき、どうしますか?

接着してしまうと、今度納骨するとき、かなり大変です。
その接着を外さないといけないから。

外しやすい接着なんて、ないですからね。

また、接着も完璧にできていたら、防水効果は高いですが、
施工不良とまではいかなくても、
施工不十分という程度なら、あるかも知れません。

長い間に、不良になる、こともあるかも知れません。

 

やっぱり、
お墓の構造が納骨スペースに水が流れこみやすい構造である以上、
完全に防ぐことは、難しいんですよね。

それで、いいですか?
あなたは。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
IMG_20181112_062335

雨が降ればその水は低いところに流れます。

おはようございます。

但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店です。
今日から天気は徐々に下り坂のようです。
お墓の遠征施工シリーズもそろそろ終わりに近づきました。
後は、防草工事のみ。
さて、今日中に施工できますでしょうか。。。

 

IMG_20181112_062335

何とか、天気がもってくれないかな。。。

 

雨が降るのは、自然現象なので、どうすることもできません。
で、降った雨が雨水となって、
地面におちて、
高いところから、低いところへ流れていくのは、
これも、自然の流れです。

お墓にも同じように雨が降ります。

そして、その雨水はお墓の石に落ちて、
その石を伝って、徐々に下に流れていきます。

お墓は構造上、一番下の石の下にお骨を納めた納骨スペース(納骨室)があります。
なので、
実は、その納骨スペースに雨水が集まりやすいのです。

納骨スペースを開けたら、
水がいっぱい入っていて、お骨が浮かんでた、というのは
実は、よくある話です。

1.カロート内に溜まった水

お墓の持ち主である施主様はお墓の中を見ることって、
納骨するときしか、しないと思いますが、
石材店である私たちは非常に頻繁にお墓の中を開けることがあります。

ですから、
その中に水がいっぱい溜まっている、ということは
けっこう、体験するわけです。

納骨時は、早めにお墓にやってきて、一度開けて確認、
ということは、プロの石材店としては、当然すべきことです。
納骨時、遅れてやってくる、ということは
実はプロとしてはやってはいけないことなのです。

開けてみて、びっくり。
お墓の中に水が非常にたくさんたまっていた。
さて、あなたはどうしますか?。

 

 

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
IMG_20181104_075343

納骨と追加彫彫刻はセットです。

おはようございます。
降りそうで降らない雨。
有難い天候です。

但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店です。

昨日のつづき。

おおきた石材店で実施している
追加彫彫刻の際にやっているサービス。

ズバリ、

納骨口の清掃です。

 

IMG_20181104_075137

追加彫が済んだ後、

「あ、やっと終わった」と安心していてはいけません。

apron_man3-1question

「え、何かありましたっけ?」

そうです。

お墓のことを知らない、いや、あまりご存知ではない人は
大切なことを忘れている、
いや、知らないんです。

納骨口、実はすごく汚れやすい、ということを。

上の写真、お墓の水鉢花立が写っておりますが、
一目で、
「かなり汚れているな。。。」と
感じます。

IMG_20181104_075343

片方の花立を外してみました。
なんとなく汚れていますね。

IMG_20181104_075346

 

花立の石だけではなく、
その後ろ、横、下の石同士が接する部分もずいぶん汚れています。

IMG_20181104_075538

右の花立は掃除、水洗いしました。
左の花立はまだ清掃しておりません。

ずいぶん汚れていますね。

IMG_20181104_075700

そして、真ん中の水鉢石を移動して、中をのぞいてみると。。。

 

IMG_20181104_075713

ご遺骨が入っている、納骨口。
酷いですね。
ずいぶん汚れております。

IMG_20181104_075717

逆に、水鉢の裏側の写真。
真っ黒ですね。

IMG_20181104_080450

一通り納骨口周りを洗って、ずいぶんきれいになりましたね。
最初の写真と比較してみてくださいね。

このこともしっかりと説明しております。

「追加彫彫刻の費用とサービス範囲」

http://ohkita-sekizai.com/?p=11623

さあ、お墓の追加彫彫刻をしなければ、とお考えの人、
ぜひ一度、ご相談ください。

 

 

◆「おおきた石材店」お問合せ先◆

◇ お問合せ先はこちらです→→→ 問い合わせリンク
◇ お電話でも受け付け中 →→→ 📞0120-497-143

※ 直接、スマホに繋がります。
運転中、作業中で電話に出られない時がございます。
その際には、時間をおいて、再度お電話いただければ幸いです。

 

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
IMG_20181031_141236

追加彫彫刻につきもの

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店です。
今日は新しいお墓の設置工事します。
事故なく済ましたいものです。

 

お墓に戒名(場合によっては、法名、法号、俗名の場合も。。。)を新しく彫刻してほしい、
というお仕事、お受けしております。
これ、
おおきた石材店では実はかなり少ないです。
近隣の同業者はおそらくですが、もっと多いはずです。

DSC_0002

こんな感じの工事ですが、
おおきた石材店で施工したお墓は、ほぼほぼ彫刻させていただいておりますが、
施工した石材店がなくなった、とか
施工した石材店が分からないの場合、
いろいろな方法でお問合せされますが、
多いのが、電話での価格のみの問合せ。

 

プリント
「もしもし、お墓の戒名の彫刻はいくらで、していただけますか?」
というもの。

かかる費用の説明をしますと、

「わかりました。ありがとうございます。
また相談して掛け直します。」と電話を切って、
まず次には掛かって来ません。

なぜなら、
「高いから」
です。

高いのは確かに高いです。

でも、サービスの内容、同じですか?

同じ内容で同じサービスですか?

 

ojisan2_think

「いや、
サービス内容なんて、さほど気にしない。
安ければそれでいい」

という方もいらっしゃいます。
そういう方はどんどん安い業者さんのところへご依頼なさってください。

おおきた石材店では、あまり気づかないけど、施主様には有難い
サービスを実施しております。

追加彫彫刻に付き物と言えば、

ずばり、

「納骨」ですね。

むしろ、納骨の方がメインです。
戒名等の彫刻は付随的なものです。
御寺院によっては、納骨の後に彫刻してもらってください、と
仰られる御寺院のご住職もいらっしゃいます。

その納骨時、施主様は意外と気づかない場合が多い、
でも、私たちお墓のプロは誰でも知っていることがあります。
それを、追加彫サービスとして、セットしております。

実は、先日の追加彫工事の際、
そのサービスのためのセット(道具)を
すっかり忘れてしまって、
追加彫工事の後、車で片道30分以上の道のりを往復して、
再度、墓地まで行って、そのサービスを実施してきました。

最近忘れ物が半端ないので、気を付けなければ。。(^_^;)

さて、どんなサービスでしょう?

答えは明日に。

 

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
IMG_20181031_141247

黒色の下に隠れていたもの

 

 

こんばんわ。
但馬。豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店です。

涼しくなってきて、また、お問合せが増えてきました。
追加彫彫刻とか、灯ろうの枠の修理とか、
かなり細かい修繕工事も喜んでさせて頂いております。

で、今回はこのお墓。

IMG_20181017_090728

戒名碑(副碑)の追加彫刻のため、持って帰って清掃。

IMG_20181031_141236

持って帰って、まずは清掃。洗浄機で洗ってみると。。。
ん?

 

IMG_20181031_141247

 

赤い文字が。。。
もともと赤い色が入っていた文字にそのまま黒を上塗りして、
すましてしまったんですね。

他社施工の戒名碑ですが、やはりこういうところで手抜きしてしまうと、
後でばれてしまう、ということですね。
しっかりと赤色を抜いてから、黒を塗りなおします。

IMG_20181102_093224

石が乾いたら、塗料剥離剤を使用してみます。
ホームセンターで売っているやつですね。
塗ってしばらくすると、塗料が柔らかくなって、剥がれやすくなる、というもの。

 

IMG_20181102_095232

だいぶ落ちましたが、まだわずかに残っております。
現場で作業する場合は、この工程を何度か繰り返し、色を落としていくんですが、
工場に持ち帰ったので、別の方法も試してみます。

 

IMG_20181106_085537

文字にブラスト加工して、色を落とすという方法です。

透明のピコム製のウレタンシートを貼ります。
半透明なので、こういう場合非常に具合がいいですね。
しかも薄い、しかも硬いので、ゴムよりもカットはきれいにできます。
が、
やはり、ゴムシート同様、カットの刃の消耗が激しいです。

IMG_20181106_091509

きれいにとはいきませんが、文字の中の赤色を落とすだけなので、
これで十分です。
サンドを吹き付けます。

IMG_20181106_161434

見ずらいですが、ほぼ完全に赤色は落ちております。
この後、黒のスプレーを再度塗り直します。

 

時と場合によって、やり方が微妙に違いますが、
朱色が入っている文字は、いつかはその朱色を抜かなくてはなりません。
その方法はいくつかあります。
塗料剥離剤を使う方法。
サンドブラストを吹き付ける方法。
時と場合によって使い分けて、できるだけ完全に朱色を落とすよう心がけております。
あとで、
「残念な仕事」をのちの人に見られないように、しっかりと。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
a0027_001060_m

【豊岡西霊苑】でお墓を建てる時、知っておくべき3つのこと

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店です。

このブログ既に1200記事も書いておりまして、
それだけ書いていると、もうすでに忘れている記事も実はかなりあります。
で、
見直してみると、すごくいい記事を見つけまして。。。
それを改めて、上げてみます。

 

① 【豊岡西霊苑】で墓地区画を選ぶ時、気を付けること。

http://ohkita-sekizai.com/?p=19310

② 【豊岡西霊苑】でお墓で一番大事な構造とは

http://ohkita-sekizai.com/?p=19290

③ 【豊岡西霊苑】でよく見かける不具合

http://ohkita-sekizai.com/?p=19302

 

今読み返してみても、いいこと書いてるな~~って
自画自賛ですが、ホントにそう思います。
しかも、読みやすい。。。

豊岡市営西霊苑でお墓を建てようと考える人はぜひ参考にして下さい。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
IMG_20181028_095032

「赤石」の地名の由来、ご存知でしたか。

但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店です。
ずいぶん急に寒くなって来ました。
もう雪が降るんじゃないかってくらい、寒いです。。。

先日、「歩こう会」で地元を歩いてみて、分かったんですが、
「赤石」地区。兵庫県豊岡市赤石、です。
地名の由来は「赤い石」が採れたから。
です。
やっぱり地名って、名は体を表す、ですが、
意味があるんですね。

ちなみに、赤石地区は兵庫県の石、豊岡市の石でもある
「玄武岩」の採掘場があった、玄武洞公園がある地区です。

IMG_20181028_095047

赤石地区を歩いていると、
「その軽トラックの奥に赤石あるよ」と
地元のガイドさん。

ホントにありましたよ。

IMG_20181028_095052

周りには、玄武岩の石垣なんですが、ここだけ、赤い石。赤石です。

 

IMG_20181028_095032

邪魔な草を引っこ抜こうとするコミュニティー事務局長の村田さん。(^_^;)

 

実は、玄武岩より古い160万年前に出来た石らしいです。
赤石地区の式内神社である「式内兵主神社」のあるあたりは、赤石がたくさん転がっております。

IMG_20181028_095826

岩に見えるものは、ほとんど赤石です。
(灯ろうはかすかに違いますが。。。(^_^;)

その後の玄武洞でのガイドさんの説明で見せて頂いた石にもありました。

IMG_20181028_103732

左上の赤い石がそうなのかな、って思ったんですが、
これは火山から噴火した噴石だそうです。(神鍋の噴石だそうです)

右の6つに区分けされた入れ物の左上。
板石がはみ出ているものが、流紋岩。
マグマが噴火して地表に出て固まったもの、あるいは地表近くで急速に固まったものを
火山岩と言いますが、その3つの種類、玄武岩、安山岩ともう一つが流紋岩。

赤石から採れる赤い石は流紋岩だとのことでした。

 

 

IMG_20181028_103734

あんまり赤くないですが。

地名って、実は侮れないものですね。
名は体を表す、でした。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」