納骨と追加彫彫刻はセットです。


おはようございます。
降りそうで降らない雨。
有難い天候です。

但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店です。

昨日のつづき。

おおきた石材店で実施している
追加彫彫刻の際にやっているサービス。

ズバリ、

納骨口の清掃です。

 

IMG_20181104_075137

追加彫が済んだ後、

「あ、やっと終わった」と安心していてはいけません。

apron_man3-1question

「え、何かありましたっけ?」

そうです。

お墓のことを知らない、いや、あまりご存知ではない人は
大切なことを忘れている、
いや、知らないんです。

納骨口、実はすごく汚れやすい、ということを。

上の写真、お墓の水鉢花立が写っておりますが、
一目で、
「かなり汚れているな。。。」と
感じます。

IMG_20181104_075343

片方の花立を外してみました。
なんとなく汚れていますね。

IMG_20181104_075346

 

花立の石だけではなく、
その後ろ、横、下の石同士が接する部分もずいぶん汚れています。

IMG_20181104_075538

右の花立は掃除、水洗いしました。
左の花立はまだ清掃しておりません。

ずいぶん汚れていますね。

IMG_20181104_075700

そして、真ん中の水鉢石を移動して、中をのぞいてみると。。。

 

IMG_20181104_075713

ご遺骨が入っている、納骨口。
酷いですね。
ずいぶん汚れております。

IMG_20181104_075717

逆に、水鉢の裏側の写真。
真っ黒ですね。

IMG_20181104_080450

一通り納骨口周りを洗って、ずいぶんきれいになりましたね。
最初の写真と比較してみてくださいね。

このこともしっかりと説明しております。

「追加彫彫刻の費用とサービス範囲」

http://ohkita-sekizai.com/?p=11623

さあ、お墓の追加彫彫刻をしなければ、とお考えの人、
ぜひ一度、ご相談ください。

 

 

◆「おおきた石材店」お問合せ先◆

◇ お問合せ先はこちらです→→→ 問い合わせリンク
◇ お電話でも受け付け中 →→→ 📞0120-497-143

※ 直接、スマホに繋がります。
運転中、作業中で電話に出られない時がございます。
その際には、時間をおいて、再度お電話いただければ幸いです。

 

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。