低いところに集まった水は。。。


水は高いところから低いところへと流れていくというのは、
必然ですね。
 
おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店です。
 
週末はいい天気だったんですが、昨日から雨。。。
あと少しで、完成だったんですが。。。
IMG_20181112_145519

雨が降ってきて、途中で断念。。。

お墓工事と雨は相いれない関係ですね。

 

お墓の一番大事な納骨スペースですが、
そこに雨が集まりやすいというのが、昨日の話。

私はかつて、若葉マークの石屋だった頃、
ギリギリの納骨時間にやってきて、
納骨口の蓋を開けてみると、中が水でいっぱいだった、
という経験をしています。

そこは、比較的山の高い位置にあるお墓だったので、
甘く見ていた、ということもあります。
その時は、冷や汗ダラダラで、後ろにいる施主様とご住職に何と言ったらいいのか、
それが悪夢のように、蘇ります。

それ以来、納骨の待ち合わせ時間の最低30分前、
通常なら、1時間前にやってきて、納骨口を開けて、換気して、
準備万端で待機する、ということを心がけております。

 

このように、お墓の中には、水が入ってくるのです。
構造上、これは仕方ないことなのです。

お墓本体の正面に納骨口があります。
大きく穴が開いております。
「え、そんなの見たことないな」

apron_man3-1question

という人もいるかもしれません。

その大きい穴は普段、というか、通常、
「水鉢」というお水をお供えする石で蓋されているのです。
その穴の前にその「水鉢」を設置して、
穴を隠しているんです。

でも
穴の前に置いてあるだけですから、
水が進入することは、当然ありますね。

「なら、接着すればいいじゃない」

apron_woman3-1question

はい?
では、お骨を納骨するとき、どうしますか?

接着してしまうと、今度納骨するとき、かなり大変です。
その接着を外さないといけないから。

外しやすい接着なんて、ないですからね。

また、接着も完璧にできていたら、防水効果は高いですが、
施工不良とまではいかなくても、
施工不十分という程度なら、あるかも知れません。

長い間に、不良になる、こともあるかも知れません。

 

やっぱり、
お墓の構造が納骨スペースに水が流れこみやすい構造である以上、
完全に防ぐことは、難しいんですよね。

それで、いいですか?
あなたは。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。