お墓じまいの現場から②


 

 

おはようございます。

但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店です。
今週は「お墓じまい」の工事が連続しております。
その2カ所め。
IMG_20181121_080714

立派なお墓ですね。
副碑(戒名碑)まで、舞台型の台が付いております。
このお墓の下についている舞台型の台と呼んでおりますが、
これは、
豊岡の寺院墓地にある台付き墓地が多く見かけますが、
あれは、昔、水害が多く発生した豊岡市で、遺骨が水没しないようにと、いわゆる岡カロート型にした
お墓なんですが、それが豊岡の寺院墓地以外にも、

ojisan2_idea

「あの、背の高いお墓いいよね。
うちのお墓もああいう豪華な背の高いお墓にしてよ」というご要望で
ああいう背の高い(舞台付丘カロート型の)お墓が人気になったと
思われます。
(想像ですが、おそらく。。。)

私自身もこの仕事を始めてすぐぐらいに
数基建てた記憶があります。

このお墓はおおきた石材店で施工したお墓ではないのですが、
メンテナンスを依頼されていた関係で、お墓じまい工事も依頼されました。

 

IMG_20181121_100335

お墓じまいもスムーズに済む工事と、
時間が掛かる工事があります。
このお墓は比較的スムーズだったんですが、
やはり古いご先祖のお墓もあり、
一日ではすみませんでした。

IMG_20181121_161300

ご先祖様のお墓のうち、地元の但馬から採掘された自然石ぽいお墓のみ
残りました。
明後日、このお墓をしまって、工事完了となります。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。