北木島再び④~北木島は観光アイランド


おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のアドバイザー@お墓ディレクター1級の
おおきた石材店です。

北木島に久しぶりに行ってきて、いろいろ案内していただいたんですが、
北木島には見るべきところがたくさんあります。

 

画像で追っていきます。

 

まずは、到着した豊浦港で迎えてくれるのが石彫刻家牛尾敬三さんのモニュメント。

IMG_20181125_124918

北木石のあらゆることを網羅したストーンミュージアム「Ksラボ」
入り口付近で鳴本石材㈱のイケメン鳴本社長のごあいさつ。

IMG_20181125_114745

石のいろいろなものが展示、即売もできます。

IMG_20181125_115036

大阪城の桜門。本丸の真正面であり、門の奥には大阪城最大の巨石、蛸石が見える。
この桜門の両脇の巨石は北木石で出来ている。

IMG_20181125_115212

Ksラボには昔の北木島の様子を撮影した写真が多く展示されています。
これは、春日灯ろう??巨大です。

IMG_20181125_115344

発破で岩盤が崩れた瞬間の様子。

IMG_20181125_121030

そして、このKsラボの名物。「島カレー 」
左右でカレーのルーが違います。(要予約)

IMG_20181125_121230

石が大量に敷き詰めてある場所に海水が出入りできるようになっている場所があります。
とっても水が美しい。
石が海水を浄化してくれるらしいです。

IMG_20181125_125701

写真では美しさが分かりずらいですが、これを見に、遠方からわざわざ観光にやってくるという噂。

IMG_20181125_125721

北木石の錆石を使った、まさに「石塀」

 

 

IMG_20181125_130215

元々たくさんの丁場(採石場)があった北木石。
その丁場跡。日本とは思えない情景。

IMG_20181125_130414

まさしく絶景ポイントです。水深はかなりの深さだと思います。

IMG_20181125_130417

そして、その同じ丁場跡を右から眺めると更にすごい光景が。。。

工場跡と工場跡のすき間を通っていくと。。。

IMG_20181125_130921

凄い光景を見ることができます。
ホントに絶景。

IMG_20181125_130937

この水溜りというか、池というかに船を浮かばせて観光出来たら、凄い観光スポットになるはず。。。
でも、無理なようです。落石が怖いから。

IMG_20181125_130953

上の方から落石があると、なんと10メートルもの津波が。。。(^_^;)
瀬戸内海なので、南海トラフ大地震よりも落石の方が怖い、のです。。。

IMG_20181125_131218

絶景ポイントを前に、記念写真。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。