北木島再び⑤~最終目的地は。。。


おはようございます。
だんだん寒くなって来ました。
冬がもうすでにやってきたようです。
但馬、豊岡のお墓と墓石のアドバイザー@お墓ディレクター1級の
おおきた石材店です。

北木島シリーズも最後となります。。。おそらく。
そして、北木島に来る、来たいと思った最大の目的。
それは、
展望台。
そう、
それがありました。

そして、展望台でやってみたいことがあったんです。

まずは、こちら。

IMG_20181125_132501

北木島のベニスと呼ばれる(誰が呼んでいるのかは不明。。。)
非常に美しい海辺の様子。

IMG_20181125_132510

IMG_20181125_132513

 

そのあとは、港のすぐそばに安置?してある、
靖国神社の大鳥居の残念石、左と

IMG_20181125_134237

こちらが右ですね。
もし大鳥居の石が折れてしまった場合に使う予定のいわゆる「サブ」「控え」ですね。
それを俗に「残念石」などと呼ぶそうです。
鳥居の柱は細長いので、石が途中で折れてしまったら大変ですから。

IMG_20181125_134634

ただ、北木石は鉄分を多く含みます。
その多く含む鉄分が石に粘りを生む?のか、どうか
とにかく北木石は粘り強いらしいです。
非常に建築材向きの石なんですね。

IMG_20181125_135013

北木島のモアイ像を通り過ぎて、

IMG_20181125_135210

名物社長の生家を過ぎると、北木石中目の丁場はもうすぐです。
ちなみに、上の写真。
名物社長の生家の庭に鎮座する北木石の巨石。
生家に鎮座するのではなく、
あまりに見事な巨石があったので、
その周りを囲うように塀をめぐらし、家を建てた、とのこと。
生活の全てが「北木石」と「北木島」に関連しております。

そして、

IMG_20181125_140601

採石場と。。。名物社長の足(は、もういいね。。。(^_^;)

IMG_20181125_141744

さて、最終目的地点の北木島の展望台に到着。

IMG_20181125_141801

石切りの渓谷展望台、とあります。
ゲートのカギを開けてもらって。。。

IMG_20181125_141814

階段を一番乗りで、向かいます。

ちなみに、この展望台、高速のサービスエリアで出会った
「最高級大型観光バス」と互角の費用、だったそうです。
恐ろしや。。。(^_^;)

IMG_20181125_141817

階段の向こうの景色をご注目ください。
すさまじい光景が展開されている予感が。。。

IMG_20181125_141821

うわ~~、気のせいか、微妙に揺れる。。。気がする。。。

IMG_20181125_141825

階段を下りてみる。。。
やっぱり揺れている気がする。。。
じ、地震か!!

IMG_20181125_142215

とりあえず、自撮りしてみる。
背景は先ほど、名物社長が転落事故5秒前になった場所。。。(^_^;)

IMG_20181125_141850-2

ちなみにその場所は赤線で囲った部分。遥か下ですね。

IMG_20181125_141842

正に真上です。落ちたら死ぬ、かもね。。。

で、この
落ちたら死ぬ、という場所に来て、
したかったこと。

IMG_20181125_141949

IMG_20181125_141956

IMG_20181125_142057

もう少しはみ出ればよかった。
名物社長には、足元にも及ばなかったです。

高いところは、あまり得意でない
北木島探検隊のおおきたのレポートで
お伝えしました。

また来たいと思わせる
北木島でした。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。